FC2ブログ

40代からの愛、性、自分

40代女性である自分の心情について考えるブログです

近況

私の人生がこんなもんだと始めからわかっていたら、
私は絶望して、すべて投げやりになっていただろう。
我ながら若いころの自分が不憫でしかたない。

そんな風に時たま思うが、それとまた同時に、
この先の人生にもしかしたらまた、
輝かしいときが待ってるかもしれないと思うと、
この人生をまだ続けてしまう、惰性かもしれないけど。

私はもうすぐ50歳になろうとしていて、
もうあと一歩でおばあさんの域に入りそうで、
作家や芸能人の名前もなかなか思い出せないようになっていて、
もうこっからの人生残りかすじゃないかと思って、
ほとほと嫌になることも多いんだけど、
まだまだいいこともあるもんだ。たまに。

音楽は若いときに聞いたものを一生聞き続けるという、
半ば呪いみたいな言葉もあるけど、
この歳になっても、いいなって思う音楽に出会えるし、
化粧だってもちろんノリは良いとは言えないけど、
キレイなラメとか今はいっぱいあって楽しいから、
若い子向けと言われようと買ってつける。

好きだったバンドのボーカルが亡くなってしまったり、
若いころにドキドキして使った化粧品は今もうないけど、
それだって変な話、なんとかなるもんだ。

恋だって、自分のことさえ棚に上げれば、
今だって十分キラキラしてるといえる。
自分の歳のことを忘れて目を瞑ってしまえば、
いくらだって自ら恋の底へ沈むことだってできる。
ババアがキモいとか言われてもスルーしてしまえばいい。

目が自分のことがよく見えないような位置についているのは
きっと深い意味があるのね、そんな風に思いながら、
今日も私は更年期の今を淡々と過ごす。
見てくれは変わったし、やり過ごすすべも学んだけど、
中身や考え方は嫌になるほど変わらないまま、
希望を捨てきれないまま、特に努力もせず、流されるままに。

これじゃ老後が心配かもしれないけど、
今日のところはこれでいいや。
面倒くさいことは、また明日考えよう。

スポンサーサイト

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2019/04/08(月) 01:55:07|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無駄遣いが好き

50になったらもう、どんどん物を減らしていって、
本当に必要で好きな物に囲まれた生活をするために、
無駄な物欲を減らして…なんて思っているけれど、
なんか無駄遣いしたいなあって時がある。

これ、すっごく可愛いけど使わないでしょう、とか、
気に入ったけどほかにもっとずっと安いのがある、とか、
わかってはいるんだけど買いたくて買ってしまう。

旅行先で見かけた小さい置物とか、
すごく好みの色の組み合わせのアイシャドウパレットとか、
いっぱい持ってるのに欲しくなる髪留めとか、もうきりがない。
アイシャドウなんてもう一生で使い切れないくらい持ってるのに、
というか普段はアイシャドウなんて塗らなかったりするのに。

化粧品、アクセサリー、靴、服、バッグ、
お皿、タオル、インテリア小物…
こういう無駄遣いを減らすにはどうしたらいいんだろう。

ものすごく気に入ったものを買うといいってのは
聞いたことがある。もうこれ以外いらないみたいな。
女をとっかえひっかえしてた男の人が、
超大好きな女性と出会って結婚したら、
まったくほかの女に興味を持たなくなったとか、
そんな話、ネットとかで読んだことあるような。そんな感じかしら。

家には使ってないものがたくさんあるけど、
なかなか捨てられない。
年に一度も使わないシャンパングラスとか、
いらないんじゃないかとは思うけど、
形が好きだし、いつかシャンパン買う日が来るかもしれないし…。
カラフルなお皿もどれも好きだし。普段使うのは白だけど。

そんな風に考えていると私の場合、
最低限の物だけ持って生きていくとかムリだなと思う。
お気に入りのものとか並べるの好きだし。
あともうちょっとだけ、たくさんのモノたちと付き合おう。
60くらいになったら、また考えればいいさ~。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2018/12/07(金) 15:51:56|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

若い人と付き合う意味

私が今の若い彼とお付き合いしているそのこと自体に、
多分意味はない。単にウマが合っただけ、と私は思っている。

でも自分の人生を振り返ってみると、ところどころに、
わりかし重要な選択肢があって、
自分では特に選んでいるつもりはなくても、
やっぱり選んでいた、というようなときがあるようにも思う。

そう考えると、何かやっぱり理由があったような気もする。
こんなに彼との年の差を気にする私なのに、
なぜそこであえて彼を選んだのか。
結婚を望んでいないのなら、独身主義の人や既婚者とか、
他にも選択肢があったようにも思うし。
実際昔、既婚者の人からの遊びの誘いもあったし。

なんかこう、あるべき姿みたいなものにとらわれず、
年齢とか立場とか属性とか、そういうものから自由になりたくて、
若い人に目が行ったのかもしれないなあ。
結婚とか彼氏とか釣り合いとかを無視して、
型にはまらないまま生きていたいと思ったのかもしれない。

今後もっと年をとって男の人全員に相手にされなくなったとき、
足腰も弱くなって、体力に自信がなくなってきたとき、
独り身でいる自分のことをどう思うかは正直わからない。
でも今のところ、将来の不安解消のために、
男性を捕まえておこうとかは、全く思わない。

夫婦という形を取らなくても、男女の組み合わせでなくても、
支え合って生きるってことはできるように思うし、
家族じゃなくても、打ち解けた関係だって、
きっと作れるはずだと思う。

いつ彼とお別れの時が来たって大丈夫、
いつ自分が死ぬ時が来たって大丈夫、
愚痴らず、恨まず、今を生きて、
謙虚に、目の前のものに感謝して、
いさぎよく生きていけたらいいなあ~。

それまでにはまだまだやることがありそうだ。
とりあえず体力付けて、あと掃除して物を減らさないと。
自分の老いやなんやらと向き合うのも、
自分の理想の生き方へ向かってるとか思えば、
ちょっとは楽しくなれるかもしれない。

テーマ:年の差恋愛・年の差カップル - ジャンル:恋愛

  1. 2018/12/05(水) 15:59:26|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うじうじうじうじ

昔若かりし頃私は、あまり年をとるのが怖くなく、
20代後半でおばちゃんと言われようと気にしないし、
失われていく若さについて別にどうも思わなかったことを、
白髪染めをしているときにふと思い出した。

今後彼とお別れをして、もう恋愛はいいやってなったら、
私は白髪も染めず化粧もせず、
特に自分の外見を気にすることもなく、
平和に暮らしていくのかもしれないと思ったりする。

今まで自分の外見をわりと放置してきて、
そのままでも、まあ楽だしよかったのに、
なんでこの歳になってこんなことになってるんだろう。
せめて30代だったらどうにかなる部分も多いし、
やりがいもあったかもしれないのに。

どうしても彼と会うとなると白髪を染めたくなるし、
少しでも顔をマシにしようとあれこれしたり、
黄ばんできた歯をごしごし磨いたりするんだけど、
やりたくてやってるのかと言われると、
自分でもわからない。
なんとなくだけどみっともないような気もする。

今のところは、50歳を過ぎたりして、
ほんとうにもうどうしようもなくなったら、
マシに見えるように、みたいなのをやめて、
自分がやりたいようにやろうとは思っている。

白髪の部分を赤っぽい色で染めたり、
流行を無視して全身黒とかクラシックな服を着たりとか、
帽子やかつらをかぶってみたりとか。
ユニセックスなトラッドとかの服もいいなあ。

もう自分を男性の性的対象の女として、
捉えるつもりもないんだけど、
自意識過剰なのかなあ?
くどい女、色気ババアオーラが出ちゃってるのか、
そんな気は全然ないのに男の人から避けられたりして、
なんていうか、いたたまれないときもある。
女として見て!って言ってるように見えるのかなあ。

反動?で普通に出勤してるときなんかは、
地味な格好でほぼすっぴんにしている。
それはそれで「ババくさい」とか言われるんだけど。
自分の外見のことを忘れられているときは、
変に卑屈にもならなくてすんで精神的にもいい感じ。

ちょうどいいとこでバランスとりたいんだけどなあ~
どうしたもんか。とりあえず頑張って筋トレするか!

テーマ:年の差恋愛・年の差カップル - ジャンル:恋愛

  1. 2018/11/02(金) 15:48:18|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

更年期の心配とかあれこれ

最近私のまわりにも更年期の人が増えて、
イライラするとか寝られないとか言っている。
私もそういうお年頃なので気になるが、
まだこれといって自覚症状はない。

終わると楽よ~って聞くから、
さっさと終わって欲しいなあと思う反面、
その前後のやる気が出ない症状は怖い。
元気だけが取り柄のような人間なのに、
やる気が全くでなくなったらどうしよう。

彼とのことも更年期障害が来たら、
そこで終わるんじゃないかとも思っている。
恋愛事みたいのに興味がなくなると聞くし、
一気に老けるとかも聞くし…。
おばあさん感が出てきちゃうんだろうなあ。

自分ももう恋愛に興味がなくなって、
穏やかに暮らせるなら問題ないんだけど、
まだまだ好きなのに老けたせいで振られたら、
しかもこんな年齢で振られたら、
私はその後どうやって立ち直っていくんだろう。

考えてみれば昔のヨン様ファンも、
今のゆづファンも更年期すぎたおば様多いし、
ときめきを求める気持ちに変わりはないみたいだ。
私もアイドルとかに気持ちを移せばいいのか?

終わってしまえば旅行の計画も立てやすいし、
女を卒業するのはいろいろ楽に違いない。
でももう彼の美しい横顔を愛でたり、
一緒に笑ったりご飯食べたりできなくなるのは、
ものすごく寂しい。

今から何を考えようと心配しようと仕方ないので、
今を精一杯楽しむくらいしかできないけど、
余計なダメージを食らわないように、
ちゃんと心構えはしておこうと思う。

年取るって、やっぱり寂しいなあ。
ダイエットしてきれいになろう!とかも、
もうできないというか無駄だし、
少なくとも容姿に関しては今より良くなることはないし、
恋愛以外の楽しみ見つけないとなあ。

ということで元気の有り余る今のうちに、
LCCで海外旅行に行くことにした。
夜便で帰ってきてそのまま出社できる、
体力のある今のうちに楽しもう。

解決にはなってないような気もするが、
まあいいさ。やり過ごせるなら。

テーマ:年の差恋愛・年の差カップル - ジャンル:恋愛

  1. 2018/10/11(木) 11:23:51|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

komako

Author:komako
40代後半独身女性。
15歳年下君とお付き合い中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

恋愛、セックス (193)
美容・アンチエイジング (79)
自分のこと (67)
婚活・出会い・結婚 (43)
中年以降 (238)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR