40代からの愛、性、自分

40代女性である自分の心情について考えるブログです

そりゃ若い方がいいだろうけどさ

婚活や恋愛関係の記事を見ていると、
最近特に女の価値は若さだと、
そう書いてあるものが多いと思う。

確かに婚活は条件がものを言うので、
婚歴がなくて若くて健康な女性がそりゃ有利だろうけど、
それにしても「女は若さが何よりも大事!」って、
ちょっと言い過ぎじゃないの?と思ったりもする。
変なサイトばかり見てるせいかしら。

婚活業者にとっては、こういう記事を見た若い女性が、
早目に婚活しなきゃ!とか言って、
入会してくれれば万々歳なんだろうけど、
そんなふうに単純に動く女性よりも、
将来に不安を覚える人の方が多そうだし、
結局、年寄りに価値なしといった考え方につながるだけで、
なんか得があるのかなあと思ってしまう。

それに今時は、若いときに結婚できたからといって、
将来離婚なんてあり得るし、全然安心にはつながらない。

これから超高齢化社会を迎えるにあたって、
人々は色々心配したり不安になったりしていて、
それが若さ礼賛になるのだと思うけど、
年取らない人なんかいないんだから、
ますます日本の未来を悲観する人が増えるよね。

このままでは年寄りを生きながらえさせるために、
全てのお金が使われてしまう。
年寄りに何の価値があるのか?
安楽死させればいいんじゃないか?
そんな極端な意見さえ、よく見かけるこの頃。
みんな不安なんだな。

私はベビーブーム前後に生まれているので、
年寄りが多すぎと言われている時代に、
まさに年寄りとして生きていくことになる。

今からできることはせいぜい体力づくりと貯金。
そして若い人の迷惑にならないように、
ひっそりと社会の隅っこで生きていく?

そもそも人は何のために生きるのか。
稼いだり子供を産んだりして社会に貢献するため?
じゃニートや障害のある方は存在してる意味がないの?
そんな疑問がネットにはうずまいていて、
お坊さんへの相談が殺到していてさばききれないとか。

多分、社会のみんなで考える時期なんだと思う。
今まではがむしゃらにやってきた。ではこの先は?
答えなんかすぐには出ないだろうけど、
年寄りだから年金もらって悠々自適が当たり前とか思わず、
「老後」じゃなくてこの先の「人生」を考えなきゃな、と、
若くない女は思った。

スポンサーサイト

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2017/08/07(月) 13:41:06|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

彼がすねた

いろいろ問題は山積みだけれど、
まあとりあえず子育てもひと段落したし、
仕事の方も、暮らせるだけの給料はもらってるし、
なんか急に自由時間と少しのお金が増えて、
料理本なんか買ってきて今更料理したりしてる日々。

今のうちに自由な時を満喫だ!とばかり、
彼くんとは別口で旅行を計画したり、
家族のイベントを入れたりなんていろいろしてたら、
今月彼と会う時間とお金がないことに気が付いた。

どうせ8月彼は実家に帰省するし、
その時に会えればいいだろうと思って、
今月会えなくても来月でいいよーなんて言っていたら、
大変!彼くんがものすごく?すねてしまった。

もともと自分が休みで遊びたい時に、
私が家族の予定なんかを入れたりすると、
だったら夜会える?とか、短い時間でもいいんだけど、とか、
自分の意見を押し通そうとするようなところはあったけど、
3連休に自分の予定をびっしり入れたら、
なんか想定外にすねていた。

彼は感情が表情に出ない。いつも涼しげな顔をしている。
傍から見ると典型的な草食君で、
性欲なんて持っているようにすら思えないほど。

それに、あんまり私の過去のことも聞いてこないし、
今が良ければいいタイプなのかな?とか思いつつ、
自分は独占欲が強いって言ってるのも聞いたことがあるし、
やっぱり自分が最優先になってないと面白くないのかな?と、
ちょっとやれやれと思いながら、
無理矢理彼のところに行く予定をねじ込んだ。

そういえば、前に遠距離になる前に、
彼から誘われて、私の都合でその日はダメとかいうと、
「しばらく会えなくなるかもね」なんていう、
メールをよこしてきたような気がする。
私は普通に「そっか、残念だね」とか返してたけど。

なんかオレ様で自己中で、ちょっとめんどくさ!!と思いつつ、
なんだか恋愛してる実感みたいな感じもあり、
明るく機嫌を取りつつ、わがままきいてあげる私。
ま、大人だし、すっごく年上だから、どってことないけどね!

テーマ:年の差恋愛・年の差カップル - ジャンル:恋愛

  1. 2017/07/07(金) 11:50:36|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

多幸感はつづく

突然の別れ話&彼の転勤から、
早くも1年がたったわけだけど、
なんだか月1ペースで会うのが普通になっていて、
そこそこ仲良くしている私たち。

結婚相手にもならないような年寄りでごめんねという、
罪悪感?みたいな気持ちも最近はあまり意識せず、
まあ本気になれば彼はいつだって結婚できるし、と、
あまりそのへんのことは考えずにいる。

私自身、結婚していないことに、
昔は大いにコンプレックスを持っていて、
なんかダメ女というか、自分が価値の低い女の気がして、
卑屈になっていたような気がするけど、
最近はそういうことを考える時間がほぼなくなった。

同じくらいの年齢の女同士で飲んだりしていても、
もう今更男と同居したいとは思わない、
週末婚くらいがいい、なんて言ってる人が多い。

ちょっと前までは好きな男性と暮らして、
料理作って甲斐甲斐しく世話してみたいなんて、
アホな幻想を抱いていたところもあったけれど、
今はひとりの楽さが快適すぎて、
おいそれとこれを手放す気にはなれない。

なんかの記事で読んだけど、
夫婦が一番仲が悪いのが40代で、
60近くになると、また仲良く暮らすようになるんだって。

これって夫婦の話だから関係ないやとか思ってたけど、
もしかしたら夫婦だからとかではなくて、
年齢とかそういうものによるものだとしたら、
独身にも同じことが言えるんじゃないか!?

独身生活寂しいななんて思ってたのに、
段々快適になってきて、60近くになると、
もうこれが一番みたいな気持ちになってくるのかも?

私は大変失礼なことに、老後一人暮らしの方は、
孤独なのかなあとか思っていた。
もちろんそういうお年寄りもいるだろうけど、
実際は一人が好きで、暮らしている人が多いらしいということが、
最近読んだなんかのアンケートでわかった。

そっか、環境よりも自分の気持ちなんだ、と思った。
夫婦でいることも、ひとりでいることも、
それぞれメリットデメリットあるけれど、
そのメリットの方に目を向ければいいだけなんだ、みたいな。
この発見?が私を幸せな気分にしてくれているのかもしれない。

ああ、幸せだ。今季のボーナスは、自分のために多く使おう。
これからはいい道具とかを買って、これから先一生使おう。
一人暮らしを快適にするために。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2017/06/22(木) 09:50:54|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハッピーの正体は?

ここ最近のハッピー気分の正体を知りたくて、
思い当ることをいろいろ考えてみた。
別にこの状態が不満ってわけでもないけど、
単なる「老化」で片づけるのも、なんかもったいないし。

近頃は、お腹いっぱい食べたいけど、
これ以上太るといい加減まずいと思い、
比較的野菜中心の自炊生活を続けている。
そのおかげで栄養バランスが整って、
情緒が安定するようになったのか?

それとも、いつの間にか来てた更年期が、
いつの間にか終わったとか?…これは違うな。

自分一人でいることが多いのをいいことに、
単にテレビを付けてるとかではなく、
録画した好きなドラマを見てるから、
変な情報に惑わされることが減ったとか?
これはあるかも。私はCMに影響されやすいし。

あと…、無理な理想を追うのをやめたってのもあるな。
もうどうにも老化は止まらず(だってもうすぐ50だよ!)、
少しでもきれいになりたい、彼と仲良くしていたい、
もちろんそうなんだけど、限度はある。
そんな風に思い始めたからなのかなあ。
向上心を失ったとかいう言い方をすることもできるけど。

このさき性別不明な容姿になって、
男性に性の対象として見られなくなっても、
それがなんぼのもんじゃい?って気分になってきた。

いや、もちろん女性として扱われるのは嬉しいんだけど、
女に見られなくても生きてる価値がないとか、
そんな風には全く思わないし、最近の若い人なんかは、
おばさんや年寄りも、ちゃんと一人の人間として扱ってくれて、
年齢や対場を越えて、色々な話とかもできそうだし。

人生に突然嫌気がさし、本当の幸せや、
自分の可能性を探してあちこちさすらったけど、
案外自分の環境や持ってるものが恵まれているのに気が付いて、
感謝をしながら生きるようになりましたとさ、みたいな、
おとぎ話の結果みたいな感じのなのかしら。なんかつまらんけど。

まあこれから本格的な更年期でも来れば、
いろいろ何かが変わるでしょう。
それまでこの「自分って結構幸せ」みたいな気分に浸るのは悪くない。
今日は週末だ!\(^o^)/何して夜を過ごそうかな!

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2017/06/02(金) 17:13:09|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

なんとなく楽しい日々

なんとなく最近は情緒が安定しているというか、
年をとることへの不安とかもそう感じず、
わりと毎日を楽しく暮らしている。
これは嵐の前の静けさなんだろうか?
それとも、いろんなことがどうでもよくなったのか?

もしかして思考停止なのかもしれないけど、
日々を穏やかに過ごせるのはまあ、いいことだ。
それに、彼と会うときはほぼ旅行になってしまうので、
お金を節約するという意味でも、
めっきりインドア派になった私。

無理してハイヒールを履くのをやめ、
普段は楽な格好をするようになり、
高いお金をかけていた美容室も行かなくなり、
かわりに家で毛染めをしたりしている。

アクセサリーや洋服のショップでうろうろするよりも、
スーパーや変わった食材売り場にいることも多くなったし、
鏡を見る時間もずいぶん減った気がする。
これでいいのか?とも思うけど、これでいいんだ、とも思う。

もう若くない自分になって、急に物分かりの良い大人に
ならなければいけないような気がして、
焦ったりしていたけれど、ほっといても、
自然にちゃんと歳食っていくもんだななんて、
最近は思うようになってきた。

どっかのアンケート結果で、
一人暮らしのお年寄りは、家族と同居のお年寄りより、
若干だけど幸福度が高いという意外な結果が出ていた。
でも、考えると、なんかわかるかもなあ。

年取ると自分が世帯主じゃなくなることが多そうだから、
遠慮して生活してることも多そうだけど、
一人暮らしは自分の自由だもんな。

私もひとりで過ごす週末、なんにも予定をいれず、
ビールとつまみを買って帰って、
録画したドラマをまとめてみるのなんかもう、
最高に幸せだなと思うもん。

案外自分で気ままにやってくのが幸せを感じる人間には、
一人暮らしも、孤独な老後もかえって幸せなのかも。
健康と少しのお金があれば、きっとこの先も楽しい。
そんな風に考えて、とりあえずは毎日を、
なるべくハッピーに暮らそうと思った。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2017/06/01(木) 13:46:52|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

komako

Author:komako
40代後半独身女性。
15歳年下君とお付き合い中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

恋愛、セックス (190)
美容・アンチエイジング (78)
自分のこと (67)
婚活・出会い・結婚 (43)
中年以降 (223)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR