40代からの愛、性、自分

40代女性である自分の心情について考えるブログです

連休も終わっちゃったね

連休中にまた彼くんと会うことになっていたんだけど、
なんとなく気持ちが落ち込んで、なんでだろうと思っていたら、
そういえば前回別れを切り出されたその日と、
同じ日に待ち合わせだったと気が付いた。

彼はわかってるのかわかってないのかわからないけど、
そのときと同じジャケットを着ていた。
私はそのときの服装とは違うものを着ていった。

いつものことだけど、彼は会ったときテンションが低い。
もともとあんまり表情豊かではないし、人ごみが嫌いなのに、
GWの大混雑の中で待ち合わせしたせいもあるけど、
なんか心なしか顔色も悪かったので、
風邪でも引いたかと聞いてみると、
なんだかちゃんとあんまり寝られてないとのことだった。

友達に会ったときに「なんとかちゃーん」なんて言って、
「ひさしぶり!」とか言って両手を振ったりするのは、
おばちゃんがやることなのかしら。
考えてみれば、無駄にテンション高いときあるな、自分。

そんなことを思いながら、私はもう、多分、怖いものもないし、
いろいろ気になることがあっても無視できるので、
いつものように、せっかくの休日デートを満喫することにした。

で、結局、会ってみて話したりしてたけど、
ごくごく普通な感じで、特段なにもなく、
ごはん食べたりして、じゃあまたねでバイバイした。

なんとなく気分が落ち込んでいたけれど、
特に何もなく終わった。
特に何もないのに、何故気分が落ち込むのだろうと思ったら、
もちろん去年の別れ話のあるけれど、
そういえば結婚生活が終わったのもこのころだったなと思い出した。

結構単純な反応するんだな私も、とか思って、
悲しい音楽を聴いてひとしきりめそめそしたら、
なんだかすっきりした。
取り越し苦労はやめて、これからの季節、楽しもう。

スポンサーサイト

テーマ:年の差恋愛・年の差カップル - ジャンル:恋愛

  1. 2017/05/16(火) 10:12:40|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まだ片付いてはいないけど

連休は特にこれといった用事もないので、
部屋の片づけをすることにした。

いろいろ更年期なのかなあみたいな症状も出てきて、
ぱっとしない連休だけど、家がきれいになったら、
さぞかしいい気分になるに違いない!

もう多分着ないだろう丈のスカートや、
ノースリーブのブラウスなんかを処分したけど、
まあよくもこんなに持ってるなってくらい、
いろんなところから服がわんさか出てきた。

いつまでも取ってあるものって、
あんまり着てないから傷んでないだけで、
逆にいらないものなんじゃないかと思いつつも、
なかなかもったいなくて捨てられない。
痩せたら着られるかもしれないし…

ときめかない服を取っといても仕方ないのは、
ちゃんと頭では分かっているんですけどね。
でもクローゼットに入る分だけは、
もうちょっと取っておこうかな…。

最近はハイヒールも履かなくなってしまったし、
ワンピースもずっと着てないなあ。
油断して体重を増やしちゃったのもあるけど、
よっぽどハレの日以外は、
もうきっちりした格好は、なんか疲れちゃって。
まあでもせっかく持ってるんだから、
またダイエットでもして、着てみようかな。

なんてことをいろいろ考えつつ、
ゴミ袋2つ分くらいの洋服は捨てた。
靴箱に入らない靴も、いくつか捨てた。
やっぱり、すっきりした。

今年の夏は、物を買わないで過ごしてみようかな!

テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

  1. 2017/05/02(火) 10:33:34|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幸せすぎて怖いのかな?

人との関係は、時と共に変わっていく。

ずっと変わらず友達だと思っていても、
成長し、自分を取り巻く環境が変わり、
知らず知らずのうちに、疎遠になったりもする。

私は誰かと長年夫婦をやったことがないので想像だけど、
夫婦関係も、時には恋人だったり、親友だったり、
時と共に関係を微妙に変えて、支えあっていくんだろう。

私と彼との関係も例外ではなく、
やはり何かをきっかけに、変わっていく。
私はそれに気付かないふりをしていたいけど、
どうもそういうわけにはいかないみたいだ。

彼とはいわゆる遠距離になって、
付き合いにも距離が開くのかなと思いきや、
(1回別れ話も出たことだし)
割とそうでもなく、むしろ逆で、
一緒に泊まったりなんてことを初めてするようになって、
距離が近くなったような気もしなくもないけれど、
それは嬉しいようで、そうでもないというか、なんか複雑だ。

彼はだんだん大人になって、
女との付き合い方も慣れてきたように思う。
そしてついに、もう私との付き合いも最終章に近づいて、
結婚願望なんかなかったはずの彼も変わって、
私から卒業していってしまいそうにも思う。

お互い自分のテリトリーやペースを大事にして、
距離を置いた付き合いをしてきたけれど、
これは女の勘なのだろうか、
彼の望んでいるものが少し変わってきているような、
そんな気がして、寂しい気がする。

このまま関係が変化したら、行きつく先は、
同棲や結婚か、別れしかない。
私は同棲や結婚はできないので、
行きつく先は、別れしかない。

彼はそんな私のぼんやりした不安には気付かず、
心のどこかでは、こんな風に自分のそばに、
女性がいる生活っていうのもいいなと、
呑気にそんな風に思ってるかも知れない。
それを彼がはっきりと自覚した時、
きっと彼は、彼にふさわしい女性を探しに行くのだろう。

まあいずれその時は来るものさ。
そう思って、気にしないようにはしているけれど。
ほんとうになんだか、子離れみたいな感じがして、
実際自分の子も親離れを迎えつつある身としては、
いろいろ、寂しいなと、なんかそんな風に思った。

テーマ:年の差恋愛・年の差カップル - ジャンル:恋愛

  1. 2017/04/19(水) 17:21:58|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不真面目でもいいと思う

ネットサーフィンは楽しいけれど、
いろんな人のいろんな批判を無駄に読んでしまって、
凹んだりすることはあるあるだろう。

中年の恋愛は気持ち悪いというコメントもよく見る。
シングルマザーに彼氏がいるのも、
「母親より女優先」ということで批判されてるような。

書き込んでるのが若い人だったら、
色々わかんないだろうし仕方ないかなんて思うんだけど、
そもそも母親になれたのだって男を好きになって、
肉体関係を持ったからだと思うし、
なんか変なの、って思うけど、なんかそういうもんらしい。

マタニティーマークを付けていると、
かえってひどい目にあうって話も聞く。
妊婦が気持ち悪いだとかビッチだとかいう、
お前はどうやって生まれたんだ?みたいな意見もある。

人ってそんなにきれいなものじゃない、出したり子供作ったり、
おなかを開ければいろいろ内臓詰まってるし、
動物の生肉焼いて食べてるし、何を今更?と思うけど、
やっぱりそういう舞台裏、みたいなのは、
人前にさらさない方がいい、ということなんだろう。
私も、家族には彼の存在を秘密にしているし。

年取ってしかも結婚とか考えてないとなると、
男性との付き合い方というのはかなり自由で、
こんなこといったらあれだけど、二股三股したって、
別に騙してるわけじゃなく、リスク承知ならいいと思うし、
他人にどうこう言われることじゃないと思うんだけど、
世の中の人は案外すごく真面目なのかなあ。

私だってこの状態がずっと続くなんて思ってない。
でも、それでいいと思う。
美味しいもの食べたって、喉元過ぎるのはあっという間だし、
旅行だってすぐ帰る日が来る。
でも、その時は楽しいし記憶にも残る。

だから中年だって、おおっぴらにしなければ、
どんどん恋愛・色恋を楽しんだっていいと思う。
寿命は長いぞ、恋せよ中年ですよ。

テーマ:年の差恋愛・年の差カップル - ジャンル:恋愛

  1. 2017/04/13(木) 16:12:59|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あー癒されるわあ

旅行の日にちが近くなると、
あれこれ打ち合わせを兼ねてのメールが多くなる。
私は完全にメール無精なほうで、
家では携帯を放置しているような人間だが、
(きっと彼もその部類に入ると思う)
彼を身近に感じられるし、こんなのもいいなと思ったりする。

そんなやりとりのなか、この間飲んでいたせいもあって、
最後のメッセージに、「大好き」と入れてみた。
まあ例によって、送った後に後悔したわけだけど。

いい歳したおばちゃんから「大好き」とかって、
迷惑以外の何物でもないよな、とか、
深刻に受け止められたらどうしようとか思って、
面倒になってまた携帯を放置して寝てしまい、
翌朝確認したら、彼からのメッセージが入っていて、
そこには「俺も愛してる」と書かれてあった。

愛してる、そんな言葉をくれるんだ!と思って、
私は意外なほどうきうきした気分になった。
女は甘い言葉が大好物って言うしね!

私は人生で2人の男に「愛してる」の言葉をもらった。
ひとりは結婚した男、そしてもうひとりは今の若い彼。
私にしては上出来すぎる、なんて幸せ者なんだろうと、
なんだかひとりでモテ気分を味わって、
その日は一日ごきげんで過ごせた。

たとえ嘘でも、好きな男からもらう甘い言葉は嬉しいものだ。
その言葉はふいに私を夢の世界へ連れてってくれる。
キレイな夜景や、観覧車からの眺めや、
雄大な景色を目に焼き付けるのと同じように、
私は、その一瞬をすかさず、心や脳裏に焼き付ける。
あとあとずっと、そっと取り出しては楽しめるように。

肉体は衰えて記憶力が悪くなっても、
思い出は色褪せない。
私はのちのち彼にも素敵な思い出となるように、
加工しまくった自分の写真を送って保存してもらおうかと、
姑息なことを考え出した。

将来私たちのことが思い出に変わってしまっても、
その写真のおかげできれいな思い出になるかも?
やりすぎて「誰だっけ?」ってことになったりして…

テーマ:年の差恋愛・年の差カップル - ジャンル:恋愛

  1. 2017/03/07(火) 14:08:59|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

komako

Author:komako
40代後半独身女性。
15歳年下君とお付き合い中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

恋愛、セックス (189)
美容・アンチエイジング (78)
自分のこと (67)
婚活・出会い・結婚 (43)
中年以降 (219)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR