FC2ブログ

40代からの愛、性、自分

40代女性である自分の心情について考えるブログです

うじうじうじうじ

昔若かりし頃私は、あまり年をとるのが怖くなく、
20代後半でおばちゃんと言われようと気にしないし、
失われていく若さについて別にどうも思わなかったことを、
白髪染めをしているときにふと思い出した。

今後彼とお別れをして、もう恋愛はいいやってなったら、
私は白髪も染めず化粧もせず、
特に自分の外見を気にすることもなく、
平和に暮らしていくのかもしれないと思ったりする。

今まで自分の外見をわりと放置してきて、
そのままでも、まあ楽だしよかったのに、
なんでこの歳になってこんなことになってるんだろう。
せめて30代だったらどうにかなる部分も多いし、
やりがいもあったかもしれないのに。

どうしても彼と会うとなると白髪を染めたくなるし、
少しでも顔をマシにしようとあれこれしたり、
黄ばんできた歯をごしごし磨いたりするんだけど、
やりたくてやってるのかと言われると、
自分でもわからない。
なんとなくだけどみっともないような気もする。

今のところは、50歳を過ぎたりして、
ほんとうにもうどうしようもなくなったら、
マシに見えるように、みたいなのをやめて、
自分がやりたいようにやろうとは思っている。

白髪の部分を赤っぽい色で染めたり、
流行を無視して全身黒とかクラシックな服を着たりとか、
帽子やかつらをかぶってみたりとか。
ユニセックスなトラッドとかの服もいいなあ。

もう自分を男性の性的対象の女として、
捉えるつもりもないんだけど、
自意識過剰なのかなあ?
くどい女、色気ババアオーラが出ちゃってるのか、
そんな気は全然ないのに男の人から避けられたりして、
なんていうか、いたたまれないときもある。
女として見て!って言ってるように見えるのかなあ。

反動?で普通に出勤してるときなんかは、
地味な格好でほぼすっぴんにしている。
それはそれで「ババくさい」とか言われるんだけど。
自分の外見のことを忘れられているときは、
変に卑屈にもならなくてすんで精神的にもいい感じ。

ちょうどいいとこでバランスとりたいんだけどなあ~
どうしたもんか。とりあえず頑張って筋トレするか!

スポンサーサイト

テーマ:年の差恋愛・年の差カップル - ジャンル:恋愛

  1. 2018/11/02(金) 15:48:18|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

更年期の心配とかあれこれ

最近私のまわりにも更年期の人が増えて、
イライラするとか寝られないとか言っている。
私もそういうお年頃なので気になるが、
まだこれといって自覚症状はない。

終わると楽よ~って聞くから、
さっさと終わって欲しいなあと思う反面、
その前後のやる気が出ない症状は怖い。
元気だけが取り柄のような人間なのに、
やる気が全くでなくなったらどうしよう。

彼とのことも更年期障害が来たら、
そこで終わるんじゃないかとも思っている。
恋愛事みたいのに興味がなくなると聞くし、
一気に老けるとかも聞くし…。
おばあさん感が出てきちゃうんだろうなあ。

自分ももう恋愛に興味がなくなって、
穏やかに暮らせるなら問題ないんだけど、
まだまだ好きなのに老けたせいで振られたら、
しかもこんな年齢で振られたら、
私はその後どうやって立ち直っていくんだろう。

考えてみれば昔のヨン様ファンも、
今のゆづファンも更年期すぎたおば様多いし、
ときめきを求める気持ちに変わりはないみたいだ。
私もアイドルとかに気持ちを移せばいいのか?

終わってしまえば旅行の計画も立てやすいし、
女を卒業するのはいろいろ楽に違いない。
でももう彼の美しい横顔を愛でたり、
一緒に笑ったりご飯食べたりできなくなるのは、
ものすごく寂しい。

今から何を考えようと心配しようと仕方ないので、
今を精一杯楽しむくらいしかできないけど、
余計なダメージを食らわないように、
ちゃんと心構えはしておこうと思う。

年取るって、やっぱり寂しいなあ。
ダイエットしてきれいになろう!とかも、
もうできないというか無駄だし、
少なくとも容姿に関しては今より良くなることはないし、
恋愛以外の楽しみ見つけないとなあ。

ということで元気の有り余る今のうちに、
LCCで海外旅行に行くことにした。
夜便で帰ってきてそのまま出社できる、
体力のある今のうちに楽しもう。

解決にはなってないような気もするが、
まあいいさ。やり過ごせるなら。

テーマ:年の差恋愛・年の差カップル - ジャンル:恋愛

  1. 2018/10/11(木) 11:23:51|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

甘美なとき

いいかげん50年近く生きていると、
思い出の数も結構なものになっているばずだが、
いっぱいあるようで思い出せないというか、
すっかり忘れていることの方が多い。

そのくせ、何でこんなこと覚えてるんだろ?
みたいなことは結構覚えていたりする。
小学校5年の時に言われた、
「すっげーブスがいる!」って言葉もそうだ。
言った方は絶対忘れてるに違いないけど!

どの場面が印象に残るかは、自分では選べない。
あとで思い出してニヤニヤしようと、
あえて何回も思い出して記憶に留めようとしても、
その思い出してる自分のニヤニヤ顔のほうが、
インパクトをもって記憶されてしまったりして、
なんだかどうもうまくいかない。

でも最近もまたしみじみと素敵な時間があった。
昼下がり、彼と抱き合って、ことが終わった後に、
とりとめもなくおしゃべりをして、
段々日が落ちて部屋が暗くなるままにして、
寄り添っているうちに、また抱き合った。

なんだかまるで自分がまだ若いような錯覚というか、
若返ったというか不思議な感覚に陥った。
「いやあ、相手が若いと若返った気がするなあ」
なんて言ってるおじさんみたいと思いながら、
その瞬間の信じられないような幸せを、
そのときは精一杯かみしめた。

いつまで続くのだろうということを、
考えずにはいられないし、すぐ人と比べてしまって、
永遠に愛される妻という身分の人にはかなわないとか、
余計なことについ頭が行ってしまうけれど、
この夕暮れは私にとってはまさに至福の時で、
これはこれだけで切り取って記憶したいと切に思った。

思い出は誰にも見せるものではない。
子どもや親に話すわけでもないんだから、
うんとロマンチックに、あれこれ美化して、
私の最後まで機能し続ける脳の部分に、
刻み込まれるといいな。

テーマ:年の差恋愛・年の差カップル - ジャンル:恋愛

  1. 2018/09/18(火) 10:05:38|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

sparkle

夏の終わりはいつだって物悲しい。
若くなくなってからは、なおさらだ。
ちょっと前まで暑すぎて死にそうだったのに、
喉もと過ぎるとなんとやらですな。

別にマゾってわけでもないんだけど、
わざわざ切ない曲とか聴いちゃったりして、
もうかけらどころか粉くらいしか残ってないだろう、
人生の夏を未練がましく味わう。

今年も素敵な瞬間はいっぱいあった。
映画やyoutubeみて感動して泣いたり、
すごく素敵なラウンジで素敵な先輩と飲んだり、
彼から優しい一言を言ってもらったり。

隣の芝生は青いじゃないけど、
傍から見てる夏はもうキラッキラしてるけど、
自分のだって小粒だけどいい感じじゃないか。
年寄りっぷりを嘆くのはもはや癖になってるけど、
きっと来年の夏だって、夏らしく輝くだろう。

青春時代の歌詞じゃないけど、
今より昔のほうが充実していてよかったかというと、
そうでもないんじゃないか?
この歳になってこそ経験できることだってあるし、
男にチヤホヤされないとか若向けの服が着れないだけで、
そう楽しみの幅が縮まったわけでもない。

若いころは自分のブスさ加減にいたたまれなくて、
街中に出るのが恥ずかしかったけれど、
今写真をみたらそれなりに若くて可愛い(?)し、
なんでそんな卑屈だったんだろうと思う。

いま自分のオバっぷりを嘆いているわけなので、
あんまりその辺変わってないんだけど、
だからこそ、自分の肉体のことはさておいておいて、
日々を楽しむっていう知恵がついたことは、
年取ってよかったなって思えることのひとつだ。

SATCの映画で中年キャリーが、もっとキラキラしたいみたいな、
sparkleって言ってたのがなんか頭に残ってるんだけど、
そういうこと言っていいのって若い子だけの特権というか、
大人になれよって絶対言われるわけなんだけど、
でもそう言われても、そういう気持ちって本当に消えるの?って、
私はどこかで思う。

キラキラ恋愛ミュージカルの主人公はできなくなっても、
しみじみ物悲しくてユーモラスなストーリーなら、
私になってまだ主人公になれるのではないか?みたいな。
自分の人生の主役を降りる気なんてないというか。

ちょっと高級そうで入りにくい小料理居酒屋みたいなとこに、
女一人で入って、お金に余裕のある人のふりをして、
今日のおすすめの逸品を注文して、ちょっと珍しい日本酒を頼んで、
足りなかったらまた注文して、気分よくなって、
一回の食事に一人で7,000円も払う。
そんなことは、私にとっては今だからこそできることだ。

そういうとこに月1回とか夫婦で行ってるブログとか読んで、
羨ましいなと思ってたけど、自分ひとりだって来れる。
一般職の地味な事務員だって、たまになら自分で来れるのだ。
別に痛くても全然かまわない。面の皮も厚くなったから。

やろうと思えば独身アラフィフも輝けるのだ。
みみっちい夢ほど、叶えやすくていいものだ。
もうキラキラは降ってこないかもしれないけど、
よーく探せば落ちてたりするような気もする。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2018/08/23(木) 21:34:00|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

苦しむために生きてるんじゃない

このブログをはじめてから、なんだかんだ5年たつけれど、
その間何も変わってないような、でも、
変なことをうじうじ考える時間は減ったので、
いよいよ解脱に近づいてきたのか。どうなんでしょう?

でも結局私はこのまま死ぬまで、これでよかったのか、
もう少し何とかできたんじゃないかとか思いながら、
人生を終わらせるときがくるんじゃないかと、
何となくそう思っている。反省しないというか…

こういう適当な私が言っても説得力がないけれど、
人生ってどういう選択をしたってもやもやする気持ちは、
残ってしまうんじゃないかと思う。完璧じゃないし。
もうだったらやりたいことやるのが一番かと。

私は40代になってから、セックスや一人旅、
変な買い物やら贅沢な食事、一人カラオケなどなど、
やってみたいことをいろいろやってきたけど、
なんか長年いつかやってみたいって思ってたことも、
やってみたら大したことなかったって感じで、
もう普通のこととして自分の生活に定着している。

たまにセックスレスの奥さんからのコメントで、
夫を裏切るというのは罪悪感があるが、
このままセックスしないで死にたくないみたいな、
そういうコメントをもらうんだけど、
私は、細心の注意を払って浮気をするのもやむなしという、
無責任なことをコメントで返してしまっている。

多分、どっちにしたって多少後悔するとは思うんだけど、
セックス自体は殺人とか盗みと違って犯罪ではないし
(苦しい言い訳?)
夫が相手にしてくれないんだから仕方ないし、
隠し通す覚悟さえあれば、いいんじゃないかって。
だってもうしたくて仕方ないなら、やったほうがいいと思うから。

それにね、多分旦那さんも風俗行ったり浮気してると思う。
長年にわたるセックスレスに耐えられないのは、
むしろ男性のほうだと思うからね。

妻って立場にいると、私は20代の若いころしか経験ないから、
間違ってるかもしれないけど、
生活の中心がなんとなく子供とか夫になってしまって、
自分のことを、ついつい後回しにしてしまう。

これは女の人の美徳だとは思うけど、でも、
自分の人生の主人公は自分なんだって、
もうこの先老いが来るのにうすうす気がついていて、
自分のしたいことをしたい!って思ったことが、
セックスだったとしても、ぜんぜん恥ずかしくもないし、
私もそうだったけど、考えない振りしてごまかすより、
やってよかったと思うもん。

必要なのは衰えた身体を、ほかの男に晒す勇気、
夫にばれないように細心の注意を払うこと、
(病気とか我を忘れないこととかも含めて)
そして自分の選択を信じること、それさえできれば、
最悪後悔したって、なんだセックスってこんなもんだった?
とかいう苦笑いで済むと思うんだ。

浮気を推奨してるわけではないけれど、
夫起因のセックスレスに苦しんでるのに、
ずっと貞淑でいろなんて、そんなアホな話があるのか?って思う。
家事も育児も夫の世話も、愛されてるって思いがなかったら、
やってるだけ虚しいし悲しいものだから、
もし外注することで、日々頑張れるんだったら、
いいんじゃないかなって思う。

勝手なこと書いて、責任も取れないわけなんだけど、
もっと気楽に考えて肩の力抜いたっていいんじゃないかという、
不真面目な人間からのエール。
人生は、楽しんだってそうそうばちなんて当たらないよ。

テーマ:セックスレス - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2018/08/19(日) 19:08:23|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

komako

Author:komako
40代後半独身女性。
15歳年下君とお付き合い中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

恋愛、セックス (193)
美容・アンチエイジング (79)
自分のこと (67)
婚活・出会い・結婚 (43)
中年以降 (235)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR