FC2ブログ

40代からの愛、性、自分

40代女性である自分の心情について考えるブログです

甘美なとき

いいかげん50年近く生きていると、
思い出の数も結構なものになっているばずだが、
いっぱいあるようで思い出せないというか、
すっかり忘れていることの方が多い。

そのくせ、何でこんなこと覚えてるんだろ?
みたいなことは結構覚えていたりする。
小学校5年の時に言われた、
「すっげーブスがいる!」って言葉もそうだ。
言った方は絶対忘れてるに違いないけど!

どの場面が印象に残るかは、自分では選べない。
あとで思い出してニヤニヤしようと、
あえて何回も思い出して記憶に留めようとしても、
その思い出してる自分のニヤニヤ顔のほうが、
インパクトをもって記憶されてしまったりして、
なんだかどうもうまくいかない。

でも最近もまたしみじみと素敵な時間があった。
昼下がり、彼と抱き合って、ことが終わった後に、
とりとめもなくおしゃべりをして、
段々日が落ちて部屋が暗くなるままにして、
寄り添っているうちに、また抱き合った。

なんだかまるで自分がまだ若いような錯覚というか、
若返ったというか不思議な感覚に陥った。
「いやあ、相手が若いと若返った気がするなあ」
なんて言ってるおじさんみたいと思いながら、
その瞬間の信じられないような幸せを、
そのときは精一杯かみしめた。

いつまで続くのだろうということを、
考えずにはいられないし、すぐ人と比べてしまって、
永遠に愛される妻という身分の人にはかなわないとか、
余計なことについ頭が行ってしまうけれど、
この夕暮れは私にとってはまさに至福の時で、
これはこれだけで切り取って記憶したいと切に思った。

思い出は誰にも見せるものではない。
子どもや親に話すわけでもないんだから、
うんとロマンチックに、あれこれ美化して、
私の最後まで機能し続ける脳の部分に、
刻み込まれるといいな。

スポンサーサイト



テーマ:年の差恋愛・年の差カップル - ジャンル:恋愛

  1. 2018/09/18(火) 10:05:38|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

苦しむために生きてるんじゃない

このブログをはじめてから、なんだかんだ5年たつけれど、
その間何も変わってないような、でも、
変なことをうじうじ考える時間は減ったので、
いよいよ解脱に近づいてきたのか。どうなんでしょう?

でも結局私はこのまま死ぬまで、これでよかったのか、
もう少し何とかできたんじゃないかとか思いながら、
人生を終わらせるときがくるんじゃないかと、
何となくそう思っている。反省しないというか…

こういう適当な私が言っても説得力がないけれど、
人生ってどういう選択をしたってもやもやする気持ちは、
残ってしまうんじゃないかと思う。完璧じゃないし。
もうだったらやりたいことやるのが一番かと。

私は40代になってから、セックスや一人旅、
変な買い物やら贅沢な食事、一人カラオケなどなど、
やってみたいことをいろいろやってきたけど、
なんか長年いつかやってみたいって思ってたことも、
やってみたら大したことなかったって感じで、
もう普通のこととして自分の生活に定着している。

たまにセックスレスの奥さんからのコメントで、
夫を裏切るというのは罪悪感があるが、
このままセックスしないで死にたくないみたいな、
そういうコメントをもらうんだけど、
私は、細心の注意を払って浮気をするのもやむなしという、
無責任なことをコメントで返してしまっている。

多分、どっちにしたって多少後悔するとは思うんだけど、
セックス自体は殺人とか盗みと違って犯罪ではないし
(苦しい言い訳?)
夫が相手にしてくれないんだから仕方ないし、
隠し通す覚悟さえあれば、いいんじゃないかって。
だってもうしたくて仕方ないなら、やったほうがいいと思うから。

それにね、多分旦那さんも風俗行ったり浮気してると思う。
長年にわたるセックスレスに耐えられないのは、
むしろ男性のほうだと思うからね。

妻って立場にいると、私は20代の若いころしか経験ないから、
間違ってるかもしれないけど、
生活の中心がなんとなく子供とか夫になってしまって、
自分のことを、ついつい後回しにしてしまう。

これは女の人の美徳だとは思うけど、でも、
自分の人生の主人公は自分なんだって、
もうこの先老いが来るのにうすうす気がついていて、
自分のしたいことをしたい!って思ったことが、
セックスだったとしても、ぜんぜん恥ずかしくもないし、
私もそうだったけど、考えない振りしてごまかすより、
やってよかったと思うもん。

必要なのは衰えた身体を、ほかの男に晒す勇気、
夫にばれないように細心の注意を払うこと、
(病気とか我を忘れないこととかも含めて)
そして自分の選択を信じること、それさえできれば、
最悪後悔したって、なんだセックスってこんなもんだった?
とかいう苦笑いで済むと思うんだ。

浮気を推奨してるわけではないけれど、
夫起因のセックスレスに苦しんでるのに、
ずっと貞淑でいろなんて、そんなアホな話があるのか?って思う。
家事も育児も夫の世話も、愛されてるって思いがなかったら、
やってるだけ虚しいし悲しいものだから、
もし外注することで、日々頑張れるんだったら、
いいんじゃないかなって思う。

勝手なこと書いて、責任も取れないわけなんだけど、
もっと気楽に考えて肩の力抜いたっていいんじゃないかという、
不真面目な人間からのエール。
人生は、楽しんだってそうそうばちなんて当たらないよ。

テーマ:セックスレス - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2018/08/19(日) 19:08:23|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋が来て考えた

今更問題にすることでもないんだが、
彼は私と会うときは必ずエッチをする。
逆の言い方をすると、エッチしないときは会わない。
たまに冷静に考えると、これをセフレの関係と言わずして、
何がセフレの関係だというのか、なんて思ったりする。

ものは考えようだろうと思うから、
お互い良ければそれでいいわけだし、
これを今更取り上げてあれこれ思い悩むつもりはないんだけど、
そう遠くない先、私の外見はおばあちゃんぽくなるし、
身体の方も辛くなってきたりするかもしれない。

そんな時が来たら、私はどうするんだろう。
からだの関係のない、清らかな茶飲み友達とか、
この先作れたりするんだろうか。

若いつもりでいても、ちゃんと老眼は進行してるし、
もともと持っていた筋腫も育ってて、出血量も増え、
医者に行ったら子宮取っちゃってもいいんじゃないかとか言われ、
染めても染めても白髪が出てきてイタチごっこだし、
髪洗ってるときあり得ないほど毛は抜けるし、
毎日のように見たことないしみが増えてるし、
否応なく、更年期を意識させられるこの頃。

こんなことしている歳じゃないんだよ、
そう言われている気がして、その通りだとか思ったりして、
でも、じゃあいますぐやめるのかというと、
もう少し…なんて思ったりする。
それでずるずると、もう何年経つのだろうか。

まあ、この歳で若い男と遊べたことを感謝して、
たんたんと人生を歩んでいけばいいんだけど、
この先別れたら、年寄りの私が相手を探すのが大変なのに比べて、
相手はまだ若いし学歴あるし、可愛い女の子と付き合ったりして、
「初めて大切にしたいと思った人に出会えたよ」
なんて言ってるのとかを想像すると、すごく面白くない。

おまえだってじじいじゃないか!
そんな風に言い合えない、年の差カップルの悲しさ。
物事には、メリットもあればでもデメリットもあるもんだ。
そんなまた今更感満載のことを考えたりして、
意味もなく「秋だな~」とか言ったり…。

ま、そんなこと考えると食欲も若干落ちるので、
これにはこれで、メリットもあるもんだ。
なんだかくやしいので、絶対ただでは起きないぞ。
私は欲深いのだ!

テーマ:年の差恋愛・年の差カップル - ジャンル:恋愛

  1. 2017/10/03(火) 10:42:01|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

彼がすねた

いろいろ問題は山積みだけれど、
まあとりあえず子育てもひと段落したし、
仕事の方も、暮らせるだけの給料はもらってるし、
なんか急に自由時間と少しのお金が増えて、
料理本なんか買ってきて今更料理したりしてる日々。

今のうちに自由な時を満喫だ!とばかり、
彼くんとは別口で旅行を計画したり、
家族のイベントを入れたりなんていろいろしてたら、
今月彼と会う時間とお金がないことに気が付いた。

どうせ8月彼は実家に帰省するし、
その時に会えればいいだろうと思って、
今月会えなくても来月でいいよーなんて言っていたら、
大変!彼くんがものすごく?すねてしまった。

もともと自分が休みで遊びたい時に、
私が家族の予定なんかを入れたりすると、
だったら夜会える?とか、短い時間でもいいんだけど、とか、
自分の意見を押し通そうとするようなところはあったけど、
3連休に自分の予定をびっしり入れたら、
なんか想定外にすねていた。

彼は感情が表情に出ない。いつも涼しげな顔をしている。
傍から見ると典型的な草食君で、
性欲なんて持っているようにすら思えないほど。

それに、あんまり私の過去のことも聞いてこないし、
今が良ければいいタイプなのかな?とか思いつつ、
自分は独占欲が強いって言ってるのも聞いたことがあるし、
やっぱり自分が最優先になってないと面白くないのかな?と、
ちょっとやれやれと思いながら、
無理矢理彼のところに行く予定をねじ込んだ。

そういえば、前に遠距離になる前に、
彼から誘われて、私の都合でその日はダメとかいうと、
「しばらく会えなくなるかもね」なんていう、
メールをよこしてきたような気がする。
私は普通に「そっか、残念だね」とか返してたけど。

なんかオレ様で自己中で、ちょっとめんどくさ!!と思いつつ、
なんだか恋愛してる実感みたいな感じもあり、
明るく機嫌を取りつつ、わがままきいてあげる私。
ま、大人だし、すっごく年上だから、どってことないけどね!

テーマ:年の差恋愛・年の差カップル - ジャンル:恋愛

  1. 2017/07/07(金) 11:50:36|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

連休も終わっちゃったね

連休中にまた彼くんと会うことになっていたんだけど、
なんとなく気持ちが落ち込んで、なんでだろうと思っていたら、
そういえば前回別れを切り出されたその日と、
同じ日に待ち合わせだったと気が付いた。

彼はわかってるのかわかってないのかわからないけど、
そのときと同じジャケットを着ていた。
私はそのときの服装とは違うものを着ていった。

いつものことだけど、彼は会ったときテンションが低い。
もともとあんまり表情豊かではないし、人ごみが嫌いなのに、
GWの大混雑の中で待ち合わせしたせいもあるけど、
なんか心なしか顔色も悪かったので、
風邪でも引いたかと聞いてみると、
なんだかちゃんとあんまり寝られてないとのことだった。

友達に会ったときに「なんとかちゃーん」なんて言って、
「ひさしぶり!」とか言って両手を振ったりするのは、
おばちゃんがやることなのかしら。
考えてみれば、無駄にテンション高いときあるな、自分。

そんなことを思いながら、私はもう、多分、怖いものもないし、
いろいろ気になることがあっても無視できるので、
いつものように、せっかくの休日デートを満喫することにした。

で、結局、会ってみて話したりしてたけど、
ごくごく普通な感じで、特段なにもなく、
ごはん食べたりして、じゃあまたねでバイバイした。

なんとなく気分が落ち込んでいたけれど、
特に何もなく終わった。
特に何もないのに、何故気分が落ち込むのだろうと思ったら、
もちろん去年の別れ話のあるけれど、
そういえば結婚生活が終わったのもこのころだったなと思い出した。

結構単純な反応するんだな私も、とか思って、
悲しい音楽を聴いてひとしきりめそめそしたら、
なんだかすっきりした。
取り越し苦労はやめて、これからの季節、楽しもう。

テーマ:年の差恋愛・年の差カップル - ジャンル:恋愛

  1. 2017/05/16(火) 10:12:40|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

komako

Author:komako
40代後半独身女性。
15歳年下君とお付き合い中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

恋愛、セックス (193)
美容・アンチエイジング (79)
自分のこと (67)
婚活・出会い・結婚 (43)
中年以降 (238)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR