FC2ブログ

40代からの愛、性、自分

40代女性である自分の心情について考えるブログです

呪縛から逃れたい!!

ここ数日、言いようのない落ち込みというか、自分に対する嫌悪感に苛まれていた。
全く自分に自信が持てず、何をしても元気が出なくてうじうじしていた。

若い女性を見ては美しさにため息をつき、羨ましがり、若いカップルを見かけては、
嫉妬心に似たようなもやもや感に襲われていて、いつになく凹んでいたのだが、
それはもしかすると、自分自身に「20代後半男子にふさわしい彼女」という役割を、
無理やり押し付けようとしていたことによるものかもしれないと思い当たった。

「年齢にそぐわない役割を求められているような違和感」とでも言おうか。

誰かとお付き合いを始めると、自然に彼にふさわしい女性になりたいと思うものだ。
私の場合、今回それがどうしようもなく無理なミッションとなって現われ、
意味のない自己嫌悪に陥り、私を苦しめていたように思う。
ちょっと考えれば納得できる。どだい「ふさわしい彼女」なんてなれるわけないのだ。

それは彼に「40代前半のバツイチの女にふさわしい男性」になれといっているのと同じで、
そもそもつりあいも取れていないし、不可能なことだったのだ。

そこで私は、私は一般的には彼にふさわしくないが、
彼が今のところ私を気に入っているようなので、このまま素で振舞おうと考えた。
もし、自分に釣り合うといったような観点で彼が相手を選ぶとしたら、
私でなくてほかの若い女性を選べばいいだけのことだ。

うん、なんかちょっとすっきりした。

スポンサーサイト



  1. 2013/02/28(木) 00:31:57|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

人生のステージ

私のような40代女性の多くは、既婚者である。

Google検索をしたところ、2010年の国勢調査の結果、
40~44歳の女性の有配偶者率は74.3%(あれ?意外と低い?)。
未婚は16.6%、離別は8.4%であった。

統計の結果を知らずとも、自分がマイノリティに属することは重々承知しているのだが、
ここにさらに15歳年下の相手がいるとなると、さらにレア度は増す。
もう、突然変異レベルですね。

もういい加減大人なので、今更「みんなと一緒」を求める気持ちはあまりないが、
それでも自分が所謂「人生のステージ」において、
「ほかのみんな」が「普通に」こ立つ位置にいないことは、私に一抹の不安感を与える。

大抵は気にしないでやり過ごすことができるのだが、
なにかうまくいかないことが重なって、自分の気持ちが凹んでいたりすると、

結婚に向けて順調に付き合いを続けている20代の男女
第2子が生まれて、毎日の生活が忙しく充実している30代の夫婦
老後の準備や子供の進学などにお金がかかり、やりくりが大変だという40代の両親

などの人生を順調に進んでいるように見える人々に対して、
全く意味のない劣等感を抱いてしまうことがある。

こういう気分になるときは、心が弱っているときに違いない。
ちょっとだけ自分を甘やかしてゆっくりしようかな。

  1. 2013/02/27(水) 11:06:38|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

恋愛について考えた

私は今若いお相手と、恋愛(もどき)を楽しんでいるのだが、
友人などと話をしているとき、恋愛≒結婚と考えている女性の考えだと、
この実りの少なそうな関係について疑問を持つようだ。

でも結婚生活だってうまくいくとは限らないし、
仮に結婚相手として釣り合いがとれている男性と付き合ったとしても、
それが結婚に至るとも限らない。

恋愛って今を楽しむものだと思う。

私は今恋愛をしているのかどうか正直わからなくなるときがある。
彼に抱いている気持ちは、かなり友情に近いものがあるからだ。
彼に女友達(若くて可愛い子)がいっぱいいたら、きっと違っていただろうけど。

嫉妬というのは恋愛において、かなりのスパイスになる。あとは不安感。
この2つがあると、恋愛感情が強くなるように思う。相手を独占したくなって。
お互いを信頼している恋愛関係だと、幸せでいいんだけど、ちょっと情熱が足りない気もする。

そういえば元夫と恋愛していた時も、彼をすっかり信じてしまって、
ほかの女がいるとか疑わなかったな~。
今から考えると、なんであんな言い訳信じたんだろうって、おかしくなるほどだ。
まあそれは遊びの浮気だったようなので、わかったとしてもほっておいたかもしれない。

切なくて、彼のことばかり考えて、なんとなく涙が出てきたりっていうのは、
かなわない片思いの恋であって、相手と恋愛関係が築けたあとには味わえない。
片思いが一番楽しいって人がたまにいるけど、こういうドキドキが好きなんだろうなって思う。
私も、そんなドキドキした気分を味わうのは、大好きなんだけど、
そればっかりもストレスたまりそうでいやかも。

なんだか贅沢ばっかり言ってるな。

  1. 2013/02/25(月) 17:15:02|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

視線

2週間ぶりくらいに彼と会った。

まあまあ間が開いたので、お互いちょっとぎこちない感じで挨拶して、
そんな初々しい?感じに、私の胸はときめいた。

そうでなくても、彼は待ち合わせで会ったときは、いつもちょっと恥ずかしそうにしている。
話しかけても、ご飯を食べたりしても、ちょっと目が合うとそらされてしまう。
私もマジマジとしわとか見られても困るんで、いいんですけどね。

そんな彼なのに、セックスの時は私の顔をじっと見ている。
私のぼんやり開けた目を、ほぼ真顔でじっと見つめ続けるので、
私のほうがいたたまれなくなって、また目を閉じてしまう。

そのあとはリラックスするのか、恥ずかしそうな態度はなくなる。
彼は一人暮らしのせいか、割とおしゃべりするのが好きなので、
私は彼が話すのを聞いていることが多い。
彼は時々確認のために私を見るが、話しているときは違う所を見ている。
そして私は相槌を打ちながら、彼の話す顔を見つめている。

普段とそのときのあまりの違いに、私はちょっと戸惑うのだが、
次の時には、私を見つめる彼の顔を、私も見つめてみようかなと思った。

  1. 2013/02/24(日) 19:33:39|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トレード

私は今若い彼氏(やっぱセフレ?)を捕まえて、もんもんとしたり
やっぱりセックスっていいわ~などという生活をしているのだが、
ほんの半年ぐらい前までは、全く女を忘れた生活をしていた。
まさに、女を捨てたおばちゃんそのもの。

下着はいつも上下バラバラのベージュばっかりで、
スカートは着ないので、基本的に脛毛はぼーぼー。
白髪も、もうやばいって思ってはじめて染め直し、
地味でそれなりにちゃんと見えてればいいという観点で服を選択。
もう誰にも裸なんか見せないしと思い、運動ゼロ、たるみっぱなしの身体に加えて、
好きなときにおやつを食べ、好きなものをおなかいっぱい食べる。

そんな私が「もうセックスを二度としないかもしれない」と、
何年後かに急に思い立ってもその頃は自分はもう老人じみていて、
もうチャンスが来ないかもしれない、今動かないともう先はないと思い
急に「エッチのできる身体」を目標にちょっとわが身を鍛えなおした。

この切羽詰った欲求のエネルギーはなかなかに強力で、
私は服や下着や化粧品を買い、美容院へ行き、筋トレをし、無駄毛を剃り、食事を控え、
付け焼刃で外見を何とか整えることを、たった3ヶ月ほどでやってのけた。

そしてなんの因果か、15歳も年下の人をお相手として選んでしまったのだ。
同じ年くらいだったら、むこうも中年だからお互い様って感じでいけると思うが、
彼に対してはそういう甘えは許されない。
だって彼は、私じゃなくて、それこそ盛りの25歳女子とか捕まえられる年齢なんだし。

そういうわけで、現在ももっと努力を強いられる状況になっているのだが、
ふと、あの怠惰な、あきらめのぬるま湯の生活が恋しくなる。楽だったなって。
ないものねだりなんですけどね。

  1. 2013/02/23(土) 19:21:58|
  2. 美容・アンチエイジング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

どんな関係?って聞かれたら何て答える?

ネットでセフレと恋愛関係の違い、というものについて調べていたら、

・恋愛感情がない
・貞操を守る必要がない(1対1の特定の関係ではない)
・関係に責任を持たない
・お互いを束縛しない

などが定義として書かれていた。

男性は、性欲と恋愛感情を切り離して考えるものなので、自分の気持ちがわかりやすいが、
女はどうだろう。恋愛感情の大きさの違い、という程度のもので、
はっきりと「この人はセフレです。」と言い切れない人も多いのではないか。
言い切るときは、その女性は二股をかけているときのような気がする。

私はあちこちつまみ食いをしてみたいといったような欲求はないので、
今のところほかにお付き合いしている人はいないのだが、
ふと、我々は貞操観念を持つべきなのか!?と疑問に思うことがある。
病気とかありますしね。

しかし、私は、こういった関係についての話し合いは極力したくない。
暗黙の了解で済ませたいところだ。
彼は若いので、できればいい相手を探して結婚でもして欲しいと思うが、
そんなことは私が心配しなくても、時期が来れば自分から行動を起こすだろう。
男ってちょっとずるいとこあるしな。

私は私で今のお相手との関係に特に不満を持っていないのだが、
年齢差が気になるし、未来には別れ以外見えないような気もするので、
お誘いがあれば、ほかの男性と食事くらい行っても何の問題もないと思っている。

が、その先の関係となると、それを望むようになったら今の彼とお別れするだろうなと思う。
今の彼を好きという気持ちはある。ただ、独占欲はあんまりない。
この微妙な関係はどう呼んだらいいんだろう?どうでもいいと言えばいいんだけど。

  1. 2013/02/22(金) 17:14:50|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年の差を補うもの

都市伝説かと思っていた、かなり年の差のある付き合いをしている私だが、
年齢差がある関係って、どのような会話をしているのかと疑問に思う方もいるかもしれない。

確かに仕事のこと、時事問題などについての話題の際には、
私のほうがずいぶん長く生きている分、物を見るときの立ち位置が違うかもしれない。
しかし、たわいない話をしていることも多く、その際にはあまり年齢差は感じない。

Hを始める前に、ふざけて笑いあったりするときもそうだ。
母親と面白い話をして笑いあったり、子供と冗談を言い合ったり、
そういうとき特段親子というものを意識しないのと一緒なのかもしれない。

年齢のつり合いって、長い間人生を共にしていくことを考えたり、
子供を何人か設けて、成人するまで育てたり、
長いスパンでお互いを性的対象として見たりするためには必要かもしれないが、
その時を楽しんだり、仲良くなったりするのにはあまり関係がないのかもと初めて思った。

よく、あんまり若い子は疲れるから、年齢が近い人がいいですと言って下さる男性がいるが、
(主に婚活などの時に言われたりします)
年齢的に釣り合いが取れている人だからといって話が必ずしも合うとは限らない。

相性に関しては、案外年齢は関係ないものだ。

  1. 2013/02/21(木) 17:11:59|
  2. 婚活・出会い・結婚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

テストステロン

私は今まで性欲が強いという自覚をしたことはない。
しかし若い時から、相手から身体を求められても決していやではなかったし、
始まればそれはそれで楽しいので、セックス自体は好きなほうかとも思う。

子育て真っ最中のときは、私はすでに独り身であったので禁欲生活を送っていたが、
そんなに不満はなかった。ひとりHはしてましたけどね。

今は相手がいて、月に3回くらいのペースで会うので、欲求不満とかはないのだが、
今から数ヶ月前は、下品な言い回しだが、正直やりたくて仕方なかった。
そして今不安なのは、この関係が解消されたとき、私の数ヶ月前にはっきりと自覚された肉欲は、
相手を失ったとき、どうなってしまうのだろうということだ。

違う相手を求めてさまよってしまうのか。東電のOLのように?

40代になると女性ホルモンの分泌が急激に減少するので、
相対的にテストステロンが以前より優位になってくることで、
性欲が喚起されると、そういう話をきくが、
だったら、このテストステロンを抑えるか、女性ホルモン分泌を活性化させれば、
もう別にセックスとかいいやって気持ちになれるかもと考え、
今から、ホルモン充填でもしようかという気になってしまう。

このブログを書いていてつくづく思うのだが、私の悩みは恋愛のことではなく、
自分自身の老いや、それに反応する心を、自分自身で制御できていないことなのだ。
これってもしかして、更年期障害の一種なのか?

こんなどうでもいいことを、ふと考えてしまうこの頃。

  1. 2013/02/20(水) 22:07:09|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

怠惰な私

よく聞く話なのだが、老化ってじわじわも来るけど、
ある日いっぺんにどかーーんときたりもするものらしい。

この間会社の若い男子と話していて、彼が、
「女の人って43歳くらいで一気に変わりますよね」などと、
とてつもなく恐ろしいことを言っていて死にそうになったのだが、
確かにこの頃って、女性ホルモンの分泌が一気に衰えてくる頃かも。

機能的に子供ができなくなるとか、生理が不順になるとかいうことよりも
やはり見かけから女性らしさが失われていくことが恐ろしい。
恋愛によってホルモン分泌が活発になると言われるが、
正直言って、あまり期待できそうにもない。

こうやって見た目の劣化をうじうじ気にしている私だが、
基本的に夜更かし&運動不足&お酒好きで、
サプリメントを飲む以外は全くと言っていいほど、健康と美容に気を使っていない。
朝からグリーンスムージーなんて寒くて絶対飲めないし。

いよいよいろいろやばいよなあ、ってわかってるので、
明日から何かやろう!と思っても、結局ずるずるやってない。
寒いし、など言い訳をして。

これじゃいかんな。よし!明日からこそ、何かしよう!

  1. 2013/02/19(火) 20:32:39|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

恋愛マニュアル

恋愛指南の本や、ブログを見ていると、なるほどなって思うことが多い。
むかーし若かりし頃、元夫と結婚する前はいろいろ喧嘩もしました。。
もちろん、結婚してからもね。で、離婚だしね。

しかし、それらの本を読んでいてもやはり、別れるべくして別れたように思う。

思いやりや尊敬などを表現するとか、そういうのはもちろん大切だとは思うし、
これから彼との関係に役立てていけそうな情報もあるけれど、
どうもにならないことだったんだなって今は思えたり、
出会った頃の二人の関係から、時間とともに変わったこともあったなって思う。
心のどこかに、この選択を正当化したい思いがあるからかもしれないけど。

あと、恋愛を長続きさせたいなら、男を追いかけさせろってある。
これもなるほど、と思うんだけど、これは狙ってできることじゃないなって思う。
もともと普通に振舞ってそうなる人が、モテるってことで、
そうじゃない女性が小悪魔のふりしたって、うまくいかないような気がするなあ。
だってそうするとそもそも恋愛が楽しくなさそうな気がする。

恋愛ってひとりひとり違う人間が出会って、かかわりあって、
その組み合わせによってもぜんぜん違って、応用が効くところもあれば、
前の経験が全く役に立たないときもある。

セックスも、要はやることは一緒なわけだが、相手によって違う。
同じことをしても違う。

できれば一緒にいて楽しくて、Hも気持ちいい恋愛をしたいものだ。

  1. 2013/02/18(月) 21:59:18|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私も世間体を無視できない

年齢差のある付き合いをするとき、必ず必要なもの、
それは自分の中の「一般常識」をある程度スルーするスキルだ。

ネットを見ると、いろんな考え方をする人の声が聞ける。

捨てられて泣きを見るのを心配している人や、
世間一般の常識、良識、身の程といったことを諭す人や、
いびつな関係=セックスのみの関係ととらえて興味や軽蔑をあらわにする人、
年齢にふさわしい振る舞いをするように強要する人、
いろいろいるが、うっかりしていると必要以上にダメージを食らう。

年齢なんてものは、私が一番気にしてるに決まってるつうの。
今更周りに言われなくたって、充分わかってますよ!と切れたくなるが、
このような年齢差の付き合いというものが、人の興味を引いてしまい、
人にあれこれ言いたくなる気持ちをおこさせるということは、
該当者の何か、どこかがイタイからなのかもしれないとも思う。

傍から見て、若い男との恋愛にウキウキしている中年女は確かに痛いに違いない。
これが例えば不倫の関係だったとしたら、そこに痛さはない。
人種の違いの場合にもない。男が20歳上の場合もない。

痛さ、は、言うなれば、女が自分の立場もわきまえず舞い上がっていることへ対する、
気恥ずかしさ、イライラ感を人に感じさせることであろうか。
イケメンに告白されて舞い上がってるブス(本当に失礼ですみません)などにも、
この種の揶揄(単なるイケメンの気まぐれに違いないのに、のような)はつきものだ。

実際自分がその立場になってみると舞い上がるどころか、
自分の年齢に関しては必要以上に意識するし、
イケメン相手だと、自分の容姿が気になって仕方がないものであって、
むしろこの劣等感をどう克服するか、が本人にとっては問題なのであるが。

そしてこの年齢差がもたらす決定的なものは、一時的な関係だということだ。
未来に結婚という選択肢は、一般的に考えて存在しない。
それが人に不埒な印象を与え、不快感を与えてしまうのかもしれない。
あとはあれだね、そんな年になって恋愛とか、恥ずかしくないの??的な
マジョリティから外れてる人に対する、イライラ感。不快感。

私は彼に会うときは、これらの世間の声をとりあえず横においておく。
あとで考えればいいや!ってね!

  1. 2013/02/17(日) 16:33:20|
  2. 自分のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サプリに頼る生活

私は最近いろんなサプリメントを試している。
正直、あれこれ飲みすぎて肝臓に負担をかけるんじゃないかというレベルだ。
ものによっては途中でやめたりしたものもある。
まあでも、せっかく試したので、その効果をご紹介したいと思う。

■ Lシステイン

これは、今も飲んでいるサプリだが、飲むと色が若干白くなり、肌がもちもちする。
デコルテあたりの触り心地が、1ヶ月たたないうちにはっきりと変わった。
顔のしみ(ほくろみたいな小さいのがいくつかあります)に対しては、
残念ながら目に見える効果は現れなかったが、全体的に色が白くなった気がする。
腕の内側などは、かなり白くなった。
かかとのかさかさが消えたのは、この成分のおかげかは定かでないが、
全体的にかなり肌がしっとりしてくる。

■ コラーゲン

おなじみのコラーゲンだが、私はすっぽんエキスの入ったものを飲んでいる。
これと上記のLシステインのおかげで、体中のかさかさが解決された。
定期的に飲んでいるサプリのほかに、粉上のものをコーヒーに入れたり、
ゼリー状のものをおやつに食べたりもしている。
あまり効果がないという説もあるが、意識して摂取するようになってから、
肌の調子はいいと思う。手軽に購入できるのもいい。

■ プラエリア・ミリフィカ

あまりのかわいそうな垂れ乳をなんとかしようと飲んでみたが、
飲み始めの頃は若干胸がちくちくした気もした、(気のせいかも)
男性が飲むと全体的にうっすら脂肪がついたり、皮脂がおさまったりと、
女性ホルモン剤に似ている効果が現われているようなので、
植物性エストロゲンの作用はちゃんとあるらしい。
なんとなくだが、体つきが女性っぽく(女だけど)なった気がする。
減っていく女性ホルモン分泌に対抗して飲んでます。
豆乳もイソフラボン摂取のために、朝などに飲んでますね。


ほかにもビタミンCなどの定番も飲んだりしてますが、
アラフォーな私らに特にお勧めは上記3品ですね~。
Lシステインは特に、効果が大きかったですね。私には。

なにかおすすめあったら、ぜひコメントお願いします。

  1. 2013/02/16(土) 12:42:43|
  2. 美容・アンチエイジング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恋は子供っぽいものですか?

私は久しく恋愛というものから遠ざかっていたので、
自分の気持ちの揺らぎに、戸惑うことが多い。
その未熟さは、ほとんどみっともないほどだ。

毎日のように、自分の老化について悩み、落ち込み、
彼に対して素直に振る舞えない自分にイライラしたり、
かと思えば、今この時を授けてくれた神様に感謝し、
彼と会うときを精一杯楽しもうと、前向きな気持ちになれたりする。

一日のうちにも、感情が揺らいでくるくる変わる。

自分がもっと若くて可愛かったら、素直でいられるのにとうじうじしたり、
年齢差を考えて、どうふるまっていいのかわからなくなったり、
年の差の恋愛の始まり~破局までを綴ったブログを読んで、
まだ来てもいない自分たちの終わりを想像して落ち込んでみたり、
全く救いようがない。

大人の恋ってどんなものだろうか。もっと穏やかなのだろうか。
さすがに私も年の功というか、プライドのおかげか、このカメレオンのような内面を、
彼の前に晒すようなことは、今のところ免れている。
なので、表面上は優しい年上の女をやっていると思っているが、
中身はこんなんで、自分の幼さ加減にうんざりしてしまう。

でも、まったく好きな人もいない状態だった頃も、
そのいないということについて、あれこれ悩んでみたり、
ほかの人を羨んだりしていたかもしれない。

悩みの総量はいつでも変わらない。
だったら喜びが多い分、今のほうがいいかな。なんだかやっかいだな、自分の気持ち。

  1. 2013/02/15(金) 14:15:20|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

切なさはどこから来るのか

猫は基本単独行動だ。まれに親子の野良猫を見かけるけれど。
一人で勝手気ままに生きているように見える。
でも甘えたがりなところもあって、なでてやると頭を摺り寄せてくる。
彼らは日ごろは孤独を楽しみ、時に耐えがたくなると人に甘えたりするのだろうか。

今は特に何の問題もなく、相手とうまくいっていると思う。
それでもふと、切ない気持ちになるのは何故なんだろう。
やはり永続性のなさか、私の容姿があと持って数年という絶望からか。

年齢が近い人とも知り合う機会もあるので、それだったら
そんなに罪悪感や、自分に引け目を感じなくて済むしとは思うのだが、
今のところ心が惹かれるのは、彼しかいない。

こうやって親しくする男性がいなかったとき、私はさみしいと思っていた。
元夫とも憎み合って別れたわけではない。端的に言うと捨てられたのだが、
だからか、自分にいつも自信が持てず、孤独で寂しい思いを抱えていたのかもしれない。

しかしこうやって特定の人がいる今も、やはりどことなく孤独だ。
結婚していたときも、そういえば孤独を感じていたかもしれない。

何をどうしても、人は孤独からは逃れられないのかもしれない。
だからお互いを求め合うんだよね、きっと。
お互いが一緒になった瞬間なんてほんのひとときだし、それだって多分幻想だ。

いくら生殖のための戦略っていったって、片割れを求めて彷徨うのは切ない。
この行き場のない思いが文明を生み出し、芸術を開花させたのかもしれないよね。
満たされて幸せだったら、何もしないかもしれないから。

  1. 2013/02/13(水) 17:23:00|
  2. 自分のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

彼を好きになった理由がわからない

私は、彼の物を食べる姿が好きだ。
別にお上品ってわけでもないし、どちらかというとちょっとがつがつ食べるけれど、
見ていてなんだか気持ちがいい。

彼の体臭も嫌いじゃない。
会社の帰りに会ったりすると、頭を洗ってないので匂うことがあるけれど、
いいにおいとは思わないのだが、何故かいやじゃない。

彼以外の男性に髪や腕を触られると、ものすごくうんざりするが、
もちろん彼のそういったスキンシップはとてもうれしいと思う。

とても不思議だ。こういうのって。

特別に外見が自分の好みにぴったりというわけでもないし、
性格が気に入って、というほど彼のことを知らなかったし、
でも出会って割りと早い段階に、彼のことが気に入った。
これは一目ぼれに近いんだろうか。

考えてみれば私の男女関係は、いつもこのようにして始まる。
しかし、前夫と彼との共通点は、驚くほどない。!
最初はあんまり好きじゃなかったけど、彼の優しさや誠実さに触れているうちに
だんだん好きになって、、みたいな話をよく聞くが、私の場合あまり経験がない。

どうして彼は特別なんだろう?本当に不思議だ。

  1. 2013/02/11(月) 11:10:53|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

恋愛のその先に求めるもの

最近自分の年寄り具合を嘆いてばかりの暗い私なのだが、
若い男子とお付き合いしていなかったとしても、
年々劣化する自分の顔、身体を見て暗澹とした気持ちになることは間違いない。

しかし、長年連れそった旦那がいたら別だったのかもしれないな~。

もうときめきを感じない家族のような男性と一緒に暮らしてるって、
どんな気分なんだろう。安心感、愛しさ、そんな感じ?

私がいいなって思う60代の女性の図ってのを想像してみると、
どっしりした体型になって、お化粧はぜんぜんしてなくて、
旦那に「かあちゃん!」なんて呼ばれながら、いつも豪快に笑ってるような、
同じような境遇の女性たちと楽しく昼におしゃべりしているような、
NHKの番組にでてきそうな、ちょっと地方の女性たちを思い浮かべてしまう。

私は残念ながら、そういう穏やかな生活はまだまだ送れそうにない。

女の性欲は灰になるまで、なんて言われるが、なんて恐ろしいんだろう。
運よくパートナーが見つかればいいが、そうでない場合は、
あるいはもう旦那さんとそういう生活をしていない場合は、
どのようにしてその欲求を解消しているのだろう。

子育てに一生懸命だった20代~30代の頃は、ほとんど性欲なんてなかったのに、
ここにきてむくむくとわき上がってきたのはどういうことだ!?
まあ、この強い思いのおかげで、身体を磨き、
若い彼氏(セフレ?)を捕まえることができたわけだけれども。

これは中年の危機の一過性のものなのだろうか。
やるだけやっておけば(下品ですみません)ある日満足するのだろうか。
これ以上色ボケになるのはいやだ(;´д`)
こんなアホなこと考えてるのって自分だけかも。落ち込みますわ。

  1. 2013/02/10(日) 02:21:14|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

やさしい気持ち

私の生活の中心は、彼との恋愛ではない。
ここのブログはテーマを絞っているので、恋愛話が多いのだが、
生活の中心はもちろん子供と仕事と雑用ということになる。

そうは言っても、彼との逢瀬を重ねるたびに、
これって女の性なんですか?悲しいのかなんなのか、
彼の存在が私の心に占める割合は、少しずつ大きくなっていくんだけどね。

私は私が、どちらかというと感情より理性を重んじる人間だと認識している。
実際夫婦関係も親子関係も、職場の人間関係も、どっちかというと、
私の人間としての温かみに欠ける部分から、諸問題は生じているように思う。

そして、逆に彼との関係が曖昧なままなんとなくうまく行っているのも、
私のこのスタンスになるのではないかとも思っている。

でも。私は離婚してずいぶん経つが、
今更ながら、自分のいたらなさに気がつくことが多くて凹むことが多いのだ、最近。
もう少しかわいい女でいたなら、離婚は回避できたかもしれない。
ここでは記さないが、親子関係ももっとうまくいっているはずだ。

自分で言うのもなんだが、彼と会話をし、彼の反応を見たりしている自分の態度はやさしい。
ああ、こんな優しいレスポンスは元夫にしなかったな、とか、
こんな風に人格を尊重して、子供に話していなかったなとか、様々なことに気がつく。

彼とはまだ付き合って短いので、やはりそこは遠慮があるのだろう。
多少言葉を選び、彼のすることにも寛容になっている自分がいる。
これは、気心知れた間柄にも必要なものなのだなって、痛感する。

彼との関係を楽しんで、時間を割いている分、ずっと前からの私の大事な人たちにも、
彼との関係によって思い起こされた、私の情緒的な気持ち、優しさなどを、
もっともっと差し出すことができればって思っている。
この感情は、彼から思いがけないプレゼントだ。

  1. 2013/02/08(金) 20:54:01|
  2. 自分のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分の容姿が気になる

不倫などの場合は(見つかったらどうしよう)という意味で人目を気にするのだろうが、
私の場合は(なんなのこの人たちの関係って思われたらどうしよう)という意味で、
人の目を気にしてしまいます。思い切り。

私は当事者なので、自分たちことを冷静に見られないし、
自分の見てくれも客観視できないし、彼のことも好きフィルターを通して見てしまうので、
傍から見たらどう見えるのかが気になって仕方ない。

本人同士さえよければ、別に犯罪という年でもないんで、いいんだけど、
やっぱり、なんだかな、余計なことを考えてしまう。
彼が普通に、私と外で食事したりしてくれていることにびっくりするし、嬉しい。

私は普段そんなことは口に出さない。
いずれは彼もこのことに拘らざるを得ないときが来るように思うので、
そのときが来るのをなるべく遅らせたいという、姑息な考えの下に。

今はまだ、舞い上がってるのと自惚れで、自分のことを
「まだいける!」と思い込んでいられるが、
それもばっちり化粧してよそ行きの顔になったときだけであって、
そのうちそれももうヤバいと思い始めたら、
潔く、私は自分の年寄り加減を認めて引っ込もうと思ってます。

こんなとき、恋愛に興味ないわ!って人をうらやましいと思う。
若い子と付き合ってて矛盾しているが、
心から「もういいわ」って満足して、恋愛市場から引退する日が、
近い将来来ることを、願ってやまない自分がどこかにいる。

  1. 2013/02/07(木) 20:24:48|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

色即是空。。の境地へたどり着けるのか

自分は恋愛の初期には、セックスに夢中になってしまって、
ほかはわりとどうでもいいと思う傾向にあるようだ。
もちろん、私のことを少なくとも気に入ってくれてるという感触は必要であるが。
「私の身体が目的なの?」とか「エッチより抱きしめあいたい」とかあまり思わない。

私は自慢じゃないが恋愛経験が少ない。なので恋愛体質ではないと思う。
そしてなんとなくだが、恋愛の先に結婚を考えていない人は、
恋愛体質とか関係なく、皆こんな感じになるのではないかと勝手に思っている。

それはともかく、私にとっていわゆる性交渉はかなり大事なものだと思う。

そして、メールとかは来なくてもあまり寂しくないほうだ。昔で言えば電話。

あと、ときめきやどきどきも好きだけど、どっちかというと擬似恋愛で留めておきたいかな。
恋に恋する状態で、切なさまでも甘く楽しめるレベルのものがいい。

そう色々考えると、私は恋愛相手がいないことよりもHの相手がいないことに、
より不便と不満を感じる人間なのかもしれないと思えてくる。
この考え方では、将来が不安だ。
何しろこれから私の性的魅力は拍車をかけて衰えていく一方なのだから。
しかもやっかいなことに、好きな相手じゃないと、私セックスできないし。

早いうちに別の何かで満足する方法を考えておかなければと、今から焦ってしまうわけだが、
一番の理想は、ドラマなどで擬似恋愛を楽しむのが幸せ、
実際には性欲もないし、男の相手するのも面倒だわ、という心境に至れるようになることだ。

そしてこの理想の境地と現在を比較してみると一目瞭然。
性欲。これさえなければ、将来幸せになれる気がする。
中年になって徐々に意識に現れたこの欲は、今後どうなるのだろうか。

私にとっての恐怖は、彼を失うことよりも、この私の中の欲望の行く末がわからないことだ。

  1. 2013/02/06(水) 20:19:44|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

家族の役割

昔読んだなんかの本に書いてあったが、
近代以前、家族は生きていくための最小の社会の形態であったとか。
子供も含め、構成員それぞれが役割を担い、その集団に貢献することで、
自分が生きていける、逆にそうでないと生きるのが大変であったと。

それが近代になって、いわゆる核家族化し、家族の役割も変わっていった。
その役割とは、子供を教育することと、情緒的な安らぎを得ること、らしい。

もちろん農家などであれば、働き手を兼ねて嫁さんを求めている家族もいるであろうし、
自営業などもそういう面も残っているのであろうが、
サラリーマンの男性、しかも次男などになると、
やはり家族とは、自分の子供とその子供を産んでくれる女性と築くものであり、
そして家庭とは、働く場所ではなくて疲れを癒す場所ってことになるのだろう。

自分について考えてみると、私は何を求めてその昔結婚したかと考えると、
単に好きな人と一緒にいたいからって事だけだったように思う。
子供が欲しいというのは、ほんとうに漠然とした将来の希望であって、
結婚当時は全くと言っていいほど、何も考えていなかった。

それに対し私の昔の結婚相手は、結婚というものを、
女とその子供を守り、不自由なく生活させてやることと、
そしてそれにより自分の自尊心を満たし、癒されるところであると、
今考えると、男らしくも思ってくれていたようなふしがある。

やはり双方の結婚に求めているものが一致しないと、うまくいかないのかもしれない。

私は正直なところ、結婚したいと思ったことがない。
血の繋がった家族みたいな夫婦関係に憧れはするけれど。
もしかすると、若いうちに勢いで結婚しなかったら、
結婚したいなと一瞬は思っていたかもしれないけど、
やはり自分には向いてないなと、諦めていたんじゃないかな。

そう考えると、結局自分の選んだ道なのかもなこの人生って思う。

  1. 2013/02/05(火) 20:12:41|
  2. 婚活・出会い・結婚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出会った意味

仲のいい友人関係についても言えることかもしれないが、
恋愛関係のいいところは、相手に興味を持っているので、
相手の趣味や志向などにも興味を持てるようになり、自分の世界が広がることだ。

その人とじゃなかったら行かない場所に行ったり、食べないものを食べたり、
見ない映画を見たり、読まない本を読んだり。

好きって言ったり、彼の好きなところを考えてみたりってときよりも、
こういうとき、一番気持ちが混ざり合っているような気がする。

私は正直、彼のどこにそんなに惹かれたのかわからないし、
とても惹かれたのに何故、心地よさを感じ、自分の心を開けたのかよくわからない。
多分、それは彼も同じだと思う。
男性の場合、外見に惹かれてってことが普通多いはずなのに、
何でこんな年離れた人?とか、思ったんじゃないかな。それはわたしもだけど。

でも、こうやって何かの縁で接点を持ったということは、
やはり何かお互いから学びあうことがあるからじゃないかなって思う。
私は彼から、もう一度恋愛する楽しみを貰っている。それは充分すぎるほどだ。
彼は、敢えて聞いていないが、女性経験が豊富そうでもないので、
そこいらへんを私から学んでいるのかもしれない。(教えることってないけどね)

たとえ世間一般常識から見て、許されざる関係でも、
そういうモラルとは別の次元で、なにかきっとお互いに必要があって、
出会って結ばれあってるんだと思いたい。そう思う。

その限り私は、一人でいるときはあれこれロクでもないことを考えても。
彼を目の前にしたときは、ちゃんと、彼自身と、
自分の素直な気持ちに向き合っていようと思っている。

  1. 2013/02/04(月) 19:48:09|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恋愛と結婚

しばらくぶりの恋愛らしきものを味わってみて、ふと思ったのだが、
お互い別々の生活を持ちながら、月に2,3回会って楽しむ。
こういう関係が一番いいんじゃないか!?男女関係って。

しばらく会わないでいると会いたくなるし、
会ったときにやさしくなれるし、楽しい。
関係がストレスにならずに、うまい具合に生活のスパイスとなる。

まあ、私の場合は昔けんかの絶えない夫婦生活を送っていて、
結婚生活というものに対して何も言う権利がないような人物なのだが、
それでもやはり、夫婦って男女というより家族、だと思う。

私にとって家族とは、子供のことだ。
そして子供は将来手を離れるから、そのうち一人になると思う。

そのときにおそらく寂しい思いをするであろうが、
だからといって誰か男性と一緒に老後を2人で暮らしたいとは、
今のところは全く思わない。
むしろ、グループホームなどでつかず離れずの複数の人間関係の中で、
一人を楽しみつつ、誰かと交流を持てたらいいなって思う。

これは私の個人的考えだが、
結婚って、男女とその子供のために利用する制度のように思う。

だから、恋愛の行く先が結婚というわけではなくて、
適齢期の恋愛の先に、結婚があるということではないかなと思った。
そう考えると、彼に対してちょっと罪悪感が沸いてしまうのだけど。

  1. 2013/02/03(日) 22:43:23|
  2. 婚活・出会い・結婚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恋は盲目

最近彼がとても優しくしてくれる。
会いたいといって、わざわざちょっと遠いところまで来てくれる。

恋とか性愛って、はじめのうちはまるで熱病だ。
今更この年齢で改めていうことではないだろうが、
正直、自分の気持ちがわからなくて、冷静になれなくて、ぐらぐらする。

彼は、しばらく特定の相手がいなかったからなのだろうか、
私はちょい臆病なんで、そこいらへんは詳しく聞いていないが、
私との付き合いというより、私との交わりを今は求めているようにも思える。
それでも構わないんだけど。というかむしろ嬉しいけど。

私は、といえば、そういう彼に応え、
快楽に溺れながら、愛されているような錯覚に現を抜かしている。

終わってしばらく会話をして、そのまま別れる。バイバイって。
それから数日経つと、何もかもが夢のような気がしてくる。
現実味がないというか、まるで、
10年来セックスをしていなかった当時の感覚に戻ってしまうというか。

そしてまた一週間後に会って、食事をし、抱き合う。
私は彼の顔立ちをちょっと忘れている。会えばわかるけれど。

今こうして文章を書いていても、
何故か実感としてわかない。彼との関係、彼の顔、彼のものが入ってくる感覚。
いつもいつも新しい気がする。一連の流れというものであっても。
これは初期症状で、いずれは冷めたり、慣れるものだったろうか。

でも本当になんて素敵なんだろう。

  1. 2013/02/02(土) 11:31:58|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アンチエイジング効果

若い相手と付き合うと、もれなく?付きまとうのが自分の年齢へのコンプレックスだ。

中には自分に自信を持ってて、全くそんなもの感じないって言う人もおられるでしょうが、
私はやっぱり、引け目を感じてしまう。
私と彼との関係を知っている私の友人の一人は、そういう引け目を感じるのが嫌だし、
自分が優位に立っていたいので、必ず年上を相手に選ぶと言っていた。
なるほどね、と思ったわけだが。

しかしメリットというものもあるもので、
それはやはり、自分の外見を磨くモチベーションが保てるということに尽きる。

私は意志が弱く、美意識もあまり持ち合わせていないような人間なので、
「セックスしよう!」と思い立って行動するまでは、今より太っていたし、
髪型から服装から、かなり適当だった。

付け焼刃でダイエットをし、服を買い、美容室へ行き、サプリメントを飲んで、
ちょっとましな外見になったかな、というところで彼に出会ってしまったので、
この努力をさらに持続させる必要がでてきたことは、私にとってはいいことだ。
もちろん、お金はかかるんですけどね。

そんなこんなでいろいろサプリを試したので、そのうち割と効いたかな?というものについて
紹介していければと思う。

  1. 2013/02/01(金) 22:17:40|
  2. 美容・アンチエイジング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

komako

Author:komako
40代後半独身女性。
15歳年下君とお付き合い中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

恋愛、セックス (193)
美容・アンチエイジング (79)
自分のこと (67)
婚活・出会い・結婚 (43)
中年以降 (238)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR