FC2ブログ

40代からの愛、性、自分

40代女性である自分の心情について考えるブログです

若作り進行中

私は若い彼のことは好きだけど、好きで好きで仕方ないというわけでもなく、
それはお互いそういう感じなので、なんともテンションが低いというか、
お互いの気持ちを確かめあったりもしないし、恋人らしい会話もしないし、
遊び友達みたいな、その場だけ楽しめる会話をしているような関係ではあるが、
それでもお付き合いの効果(?)は、あったようだ。

私は今までの人生、どっちかというと歳より上に見られてきたが、
ここ最近はそうでもないような感じになってきたのだ。

年齢なんてどうにもならないことなんだが、それでも何とかしようというか、
相手があまりにも若いものだから、それにつられて最近は、
前だったら絶対着ないカジュアルも、そういえば着てるかもしれないし、
つられて気持ちも若返ってるところだって、あると思う。
もしかしたら別に若い彼なんていなくても、
若い人たちと友達付き合いをするだけで、自分も多少若返るのかもしれないけど。

勿論私のような年の女は、当然のように「お若く見えますね」なんていう、
お世辞を言われてしまう(言わせてるのかも)ものなのはわかってるけど、
それでもあえて書いてしまうんだが、
ここのところ、なんかキレイになったとか若くなったとかのコメントを、
ちょびちょびいただくようになったので(書いてて恥ずかしいが)、
単なる思い込みってわけでもないはず!
ともかく、老けてみられるよりは、少しでも若々しく見えるのはいいことに違いない。

前置きはさておき、こっからが興味深いところなんであるが、
実は、これらの褒めコメントは男性からしかいただいていない。

色々理由を考えてみると、おそらく男性は女を全体の雰囲気でとらえているからで、
私の服装などをぼやっと見て、そんな風に思ってくれたからかもしれない。
女性は顔のシミとかしわとか細部をみるから、
そんな付け焼刃の変化じゃ、なかなか彼女たちからは褒め言葉はもらえないしね。

或いは、洋服の色のチョイスが、モノトーンから明るめの色に変わったからかも。
基本モノトーンしかも黒が好きな私だが、地味すぎるという彼の意見を取り入れ、
控え目ではあるがパステルカラーなども着るようにしているからな。
女性陣からは「太って見える」と言われるし(私もそう思う)、
黒のほうがやっぱり好きなのだが、男の人は色もイメージでとらえるのだろうか。

とにかく、以前からの、彼女たち女性陣からの辛口の意見も参考にしつつ、
あまり深くこだわらずに、彼を含む男性の意見を取り入れるようにしていたら、
なんだか、男性からの反応がよくなったりしてきたとういうことなのである。

女たちの間で「おしゃれさん」になるのは大変だし、才能がないと無理かもしれない。
でも男性陣から「なんか女らしい、ちょっと若々しい人」って思われるのは、
案外簡単というか、そう難しいものでもないのかもしれない。
もちろん、今よりはっていう比較の話ですけどね。

昔はJJなどの「モテ服特集」など釣り広告を、(けっ)と思って眺めていたものだが、
今さらこんな年になって、ああ、モテ女子たちはあんな昔からわかっていたのかと、
なんかエラい損したような気分にもなったりしたりもしながら、
年齢と共に失われつつある女らしさを、少しでも留めようと悪戦苦闘してるわけだけど、
要は男性から見てよく思われたいなら、男性の意見を聞くのが早いかもってことだ。
彼氏ができるとモテるって話も聞くけど、案外こういう単純なことが理由なのかもしれない。

スポンサーサイト



テーマ:美容と健康 - ジャンル:心と身体

  1. 2013/11/21(木) 11:41:29|
  2. 美容・アンチエイジング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

私、女らしいんです!!

ここ1年身の程知らずのお付き合いをしていて、
楽しかったと同時に、しばらく忘れていた、
自分の容姿や年齢への劣等感などに悩まされていた私だが、
どうやら、「女を捨ててない」っていうのはこういうことらしいと思えてきた。

というのも、ある掲示板を眺めていて、そこに、
「既婚者なのにモテたいと思ってしまいます。
 私よりかわいい子がいるとイライラします」という相談(?)があって、
それに対してのレスのいくつかに、女なら当然の気持ちですよとか、
それは女を捨ててないからです、って返答があって、
なんか「なるほど!!!」と腑に落ちる思いがしたわけなのだ。

私はおそらく10年ばかり女を捨てて生きてきたのだが、
今より若かったにもかかわらずさっぱりモテず、
かといって自分に劣等感もさほど待たずに、
それなりに幸せに暮らしていたように思う。子育て中心で。

でも今になって、やっぱり男の人と仲良くしたいだのなんだの思い始めて、
お付き合いをするようになってからは、
自分の容姿にうんざりするし、年をとることが悲しい。
でもそのかわり、男性に女性として見られる機会も増えたような気もする。
若干だけど。

おそらく、そういうのも「女心」の一種なんだなあなんて思う。
「彼にとって少なくとも平均的くらいには魅力的な女性」に見られたいと思い、
若くて可愛くて細い子たちを相手に呆然とするのも、
ふとテレビを見ているときに思い立って運動したり、クリームを塗りこむのも、
努力の方向として合っているのかどうかはさておいて、
これも私の女心や女らしさのなせる技に違いないと思う。

あー、私にもちゃんと女らしいとこあるんだな~、ってちょっと思って、
しかも結婚してて可愛くても、誰よりも可愛くいたいって思ってしまう気持ちに対しても、
「当然」のように言っているコメントなどを読んでみて、
なんだか安心したし、自分が頑張ってるような気にもなってきた。

自分のことを、年甲斐もなく勘違いしてるおばちゃんのように感じて、
残念に思うことも多かった日々だけど、
これは女を捨ててないからで、こういう気持ちは普通だよってことになれば、
そうそう罪悪感も持たずに済むってものだ。

そんな風に、中年女性として生きていると、日々凹まされることは多い。
そんなとき、「私って女らしいから」って、これからは思うことにしようっと。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2013/11/19(火) 14:20:37|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中年心

この間本屋で立ち読みをしていたら、
女性の老化が顕著になるのは43歳だと書いてあって、
この話は前にもどこかで何度か聞いたことのある話だけに、
もう自分には残された時間があまりないような気がして、
ちょっとだけ目の前が暗くなった。

上記の話はおそらく女性ホルモンの分泌と関連しているのだろう。
女性ホルモンの分泌が急降下を始める時期なのかも。
女性の初潮の時期と閉経の時期は、個人差はあるとは言え、
大体同じような時期に起こるものだから、
これは生物としての人間の宿命ってことか。

まあ落ち込んでも仕方ないので、できることを細々とやったり、
今のうちに若い彼と楽しんでおいたりしようと思う。
恋愛ができる間は、しておくに限るような気もするし。

中年の恋愛なんて、今時は珍しくもないとは思うのだが、
若い人たちのそれとは違って、
子供を産み育てるという目的ではないことも多いこともあって、
自分の中での位置付けに、ちょっと迷うことがある。

不埒だと思われてしまうかもしれないが、
これから家族を築くわけでもない私にとって、
恋愛ってやっぱり楽しみとか、一種の遊びのような気もしてしまう。
だから、お互いが良しとしていれば複数の人と付き合ったっていいし、
体の関係だけあったっていいし、
ある程度のモラルの範囲なら、なんでもありじゃないかとさえ思う。
それでこそ、自由な大人の関係が楽しめるというものじゃないかと。

今のところお互い特定の関係でまあ満足しているので、
次を探そうというつもりはないのだが、
そういうことができるのも今の年代の特権のような気もして、
たまに余計なこと考えてしまう自分がいる。

なんか急にキャバクラへ通いだしちゃう中年男性の気持ちが、
ほんのちょっとだけだけどわかってしまう私はまずいんだろうか。

テーマ:人生を豊かに生きる - ジャンル:心と身体

  1. 2013/11/12(火) 15:26:58|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

なんとなく思う

クラスにはたくさんの人がいるのに、
何故この人と友達になってよく遊ぶんだろうなんて、
そんなことは昔は考えもしなかったけれと、
今、若いお相手と会っていて、また今度も会うことになっていて、
何故私たちは別れないんだろうなんて、ふと考える。

もう二人で会って食事するのにも慣れていて、
当然のようにお店に入って注文し、
たわいない話をしつつ、ごはんを食べる。
ぶらぶらと街を歩いて、買い物をする。
彼は、私がふと目に留めて、買おうと手に取った小さなものを、
やさしく手から取り上げて、レジに持っていってくれる。

二人で会っているときの私とは違って、
楽しく彼との時間を過ごしてきた後、
二人で会っていたときのことを思い出すとき私は、
とても懐疑的でネガティブな考え方をすることもある。

私たちは親子ほども年が離れていて、
周りに違和感を与えているはずなのに、
都会の人たちは、不自然なほど私たちに無関心だった。
何故好奇の目に晒されなかったのだろうと不思議に思う。
あの事象はなんだったんだのだろうと思ってしまう。
どっきりが出なかったどっきりテレビ?

予期せぬ別れ、大事な人を失う、
私だって半世紀近く生きてきたわけだから、
それなりに色々経験しているつもりだ。
だから、そういう考え方をするのかもしれない。

彼の姿をあまりはっきりとした実体として思い出せない。
まるで遠い日の夢のような感じがする。

たぶん、私は今幸せなんだろうと思う。
でもどうしても、その幸せは壊れやすいものだと思ってしまうけど。


テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

  1. 2013/11/06(水) 23:52:01|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

老後についてまた考える

なんかの本で読んだのだが、
人間が生物としての役割を終えるのは、40歳ということらしい。
まあ今は子育てに時間がかかるので、
50くらいまでは母役割は続くのが一般的だろうが、
そういうことを取り払って動物として考えると、なるほどそういうものかもと思う。

そう考えると、いわゆるミッドライフクライシスが40代に訪れるというのも、
納得のいく気がする、というか腑に落ちる。
本能に突き動かされて人を好きになり、子供をもうけ、
日々の生活に追われているうちに、いつのまにか自分の役目を終え、
今後残されたある意味「自由な時間」をどう過ごしていくかということを、
考え、路線変更していく時期にあたるわけだ、40代というのは。

子供をもたない人たちにとっても、同じだと思う。
人間集団には、必ず何割か子どもを持たない個体がいるらしく、
彼らもそういう意味で、生物としての役割を果たしているわけだから。

今世の中が高齢化していて、医療費などの社会福祉にかかるお金が、
年々すごい勢いで増え続けているということもあって、
ついつい老後というものを考え、貯蓄に励まなければという気がしてくるのだが、
そもそも老後なんておまけの人生だというように考えれば、
そのおまけのために税負担を強いられている、40以下の生物としての現役世代が、
とても不憫に思えてくる。なんか間違ってる気がする。

これから自分もどっちかっていうと老人側にカテゴライズされていくわけだが、
やはりおまけ組としては、現役世代のサポートに回ることはあっても、
負担になるような存在にはなりたくないなあと、今から思ってしまう。
  
  そう考えると、若者の漁場を荒らしてるわけですね、私。ごめんなさい。
  彼はなかなか素敵だし、スマートな恋人ってタイプではないけど、
  婚活してる女子にとってはわりといい物件だと思う。
  でも、彼本人が、まだ結婚なんて考えたくないって言ってるので、
  もうしばらくの間は、許してください。

もう生き物としては役目は終えている。
言うなれば、あくまで生き物として考えると、用のない存在なわけだ、私は。
そう定義すると逆になんかすっきりしてくる。
私は何をすべきか、何ができるのか、何がしたいのか、
生物としてつがい、子孫を育てるよりずっと、この先の人生のほうが、
選択肢も多く、バラエティに富んでいるような気がしてくる。
第2の人生なんだって思える。

できればもらう年金以上になんかの貢献をして、
社会の役に立って暮らしていきたいな~。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2013/11/01(金) 20:05:05|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

komako

Author:komako
40代後半独身女性。
15歳年下君とお付き合い中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

恋愛、セックス (193)
美容・アンチエイジング (79)
自分のこと (67)
婚活・出会い・結婚 (43)
中年以降 (238)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR