FC2ブログ

40代からの愛、性、自分

40代女性である自分の心情について考えるブログです

やっぱり彼がいい

私は、自分からは積極的にはいかないんだけど、
男性から食事の誘いがあっても、
特に気負わずに受けることにしている。

まあもう大人だし、独身の身だしって言い訳をしつつ、
若い彼以外の男性をちょっと周りに配置しておくことで、
彼とうまくいかなくなった時のダメージを軽減しようなんていう、
ずるい計算もちょっと働きつつではあるが、
男女関係なく付き合えるってこともあるにはあるので、
そういう友人が増えたらいいなって思いつつ会ったりしている。

実際には1回きりでもう誘われなくなったり、
明らかにカジュアルな体の関係を持つことを提案されたりで、
ごはん友達作りもうまくいかないことが多いんだけど。

そんな風に何人かの男性とさしで飲んだりしていても、
やっぱり今の若い彼が一番いいなって思うことに気付いた。

何か強烈に惹かれるものがあったわけでもなく、
なんとなく始まった関係の私たちだけれど、
彼のほうはともかく、私は自分で思っているより、
彼のことが好きなんだなって、改めて思った。

彼が何を言ってもイラッとしないし、話を聞くのもやじゃないし、
顔の表情やしぐさを見ているのも好きだ。
彼のときおり目をぎゅっとつむるしぐさも、そういえば好きだなあ。
道が悪いとすぐ手を差し伸べてくれるとこもいい。体温もちょうどいい。

老後の心配をしたり、自分の劣化にもんもんとしたりは今後もあるけど、
彼とのことについては、未来のことなんか考えないで、
今をたくさん楽しんで、幸せ気分を思い切り味わっておこうと、
これも、改めて思った。来年も仲良くできますように。

スポンサーサイト



テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

  1. 2013/12/26(木) 10:53:28|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

気分と豆乳

更年期がそろそろ気になるお年頃なので、
ネットなどで情報を仕入れたりしていたら、
女性ホルモンのエストロゲンって、気分を明るくする作用があるらしい。

40代になると多くの女性が、
欝っぽい気分になったりするものらしいが、
コレのせいか~、と思えば、なーんだって気にもなる。
だったら納豆食べてイソフラボンを摂取すれば、
明るく気分上々になるってものなのか?

ここのところ、精神的に子離れしてきたというか、
子供はこれから先の人生を一緒に歩んでくれないという、
あたりまえなことに突然気がついてしまって、
無性にさみしくなったり、夫婦親子連ればかり目に付くのだが、
これもこういった条件とホルモンのせいであって、
今までと何かがガラッと変わったわけではないと思えば、
なんとなくやり過ごせる気もしてくる。

今度気分が落ち込んで仕方ないとき飲めるように、
豆乳を冷蔵庫に常備しておこうかな!

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2013/12/22(日) 21:43:15|
  2. 美容・アンチエイジング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

思いがけない贈り物

なんとなく若い彼との関係は続いていて、
自分でも意外というか、正直こんな予定ではなかったというか、
もともと自分の年齢のこともあり、落ち着かない気分だったのに加えて、
年月を積み重ねることへの恐れも生じてきたりするから、
自分ってなんてネガティブで、面倒くさいんだろうと思ってみたりもする。

一応言っておくと、ここでは私は、むしろハッピーな気持ちよりも、
ネガティブな気持ちや、自分に言い聞かせていることなどを多く記す。
それは、ハッピーな気分の時には、自分の気持ちを整理する必要もなく、
ただそれを味わっていたらいいと思うし、ブログで気持ちを共有するのは、
悩みみたいなもののことが多いんじゃないかなって思うからで、
別にいつもいつも、うじうじしてるってわけでもないんだけどね。

で、慣れとか習慣というか、もう彼が存在していることが当たり前になってくると、
愛着も増してしまうし、その分失った時の痛手が怖いと思ってしまう。
若いころなら、また次の出会いがあるさって思えるんだろうけど、
年齢が年齢だけに、もう次はないのかもしれないって、思ってしまう。
もちろん、恋する気持ちはいくつになっても持てるのかもしれないけどね。

多分ひいき目も入ってるし、彼を客観的に見るなんてことできないんだけど、
見かけだって悪くないし、頭いいし、激務でそれなりの仕事してるっぽいし、
なんでこういう人が婚活市場に出ないんだろうって感じの人だと思う。
もちろんいずれは彼も身を固めようとか思って、誰かと結婚するんだろうけど、
それまでの時間が長いと、キレイに別れられるか自信がない。
傷が浅い方がいいから、そろそろ彼を手放した方がいいと思ってしまう。

忙しい彼のかわりに、一緒に暮らして、掃除洗濯をしてあげたいって思う、
そしてそれができる、若くて子供がいない女性だっていっぱいいるはず。
なんで私で満足してるのかが、よく理解できないとも思う。
単に忙しい彼と、どうしても仕事と子供を優先せざるを得ない私とは、
関係を保つペース(メールとか会う間隔とか)が合ってるだけかもしれないけど。

てなことを、クリスマス前に考える私ってのも相当マイナス思考なわけだけど、
久しぶりの恋人っぽいイベントを楽しめるのは、かなり嬉しい。
贅沢だな~って思う。イルミネーションが今までより明るく見える。
私にとっては、彼と会うひとときが、やっぱり最高のプレゼントだと思う。

テーマ:クリスマス・イブ&クリスマス - ジャンル:恋愛

  1. 2013/12/18(水) 11:12:42|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

常識を覆せ!って言いたいとこなんだけど

彼に会うと、彼の若さというか美しさに目を見張ると同時に、
自分にはもう若さがないんだと自覚させられて、
毎度のことながらなんとも言えない気持ちになってしまうのだが、
きっとすごいイケメンと付き合ったり、
相手の世界が華やかずぎてついていけないときなどにも、
きっと同じように感じるんだろうな、なんて想像してみた。

長年付き合ったり結婚生活を送ったりして、
ああ、この人も年を取ったななんていう、
しんみりした、切ないような感情を味わってみたかったなんて、
のん気に考えてみるけれど、
それはお互い様だからしんみりというか、愛しいみたいな感情になるのであって、
劣化してるのが片一方だと、幻滅とかになるんだろうななんて、
またネガティブなことをちらっと考えてしまう。

年齢というか、恋愛の対象年齢というのは相対的なもので、
自分が年をとるとともに、対象年齢も上がっていくものだから、
例えば5歳年下の奥さんなんかは、旦那さんにとっては、
いつも若くてかわいい、ってことになることが多いんだろう。

私は別に若さにはそんなには執着していないけれど、
この自分の劣化とかを考えてしまう理由が、
彼の若さによるものなのか、それとも私自身の問題なのかは、
知りたいなと思ってしまうときがある。

若さに執着しないで、自分の加齢を受け止めつつ、
いつまでも若々しくキレイに年をとるなんて芸当、できる人がいるんだろうか。
誰だって少しは「サンセット大通り」の落ち目女優に、
共感してしまう心をもっているんじゃないの?

私は正直、若い娘たちをみると、キラキラしてキレイだなと思ってしまうし、
同年代の女性の集まりの中に混じりつつ、
ああ、わたしもこの中に埋もれるおばさんなんだなと、
失礼ながらも思ったりする。
きっとそう思うのが普通で、若い彼なんかいたら自分の年が気になるのが普通で、
だから周りの人は不思議がるし、「私は若い男はやだな」なんて、
言われてしまうし、私は自分に自信満々なやな女に見られてしまうのだろう。

都会にいるからか、世間は思ったより他人のことは気にしないみたいで、
私と彼とのことをほっといてくれるようだが(あまりガン見とかされないですんでる)、
自分の中のそういった常識とか、自分の中の世間の目とか、
私はそういうものを結構持ってしまっているのだな、と今更ながら思ったりする。

テーマ:恋愛の悩み - ジャンル:恋愛

  1. 2013/12/14(土) 22:46:14|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一年を振り返る

この一年、恋愛もどきを楽しんできて、
とても充実していたようにも思うし、楽しかったし、
反対に悩み(劣化問題とかですね)も増えて、
感情という面では、色々あったなーと早くも思い返しているこの頃。

彼は年末で忙しいのでこのところ会っていないが、
なんだかんだ言ってまだ付き合いも続きそう。

それでもなんとなく思うのが、
恋愛から遠ざかっているときも、それなりに充実していたし、
今と比べて不幸せってこともなかったってこと。
逆に言えば、今が超ハッピーかって言われるとそうでもないというか、
勿論、若い相手がいることはうれしいんだけど、
そのことで人生の全てがバラ色になるほどのこともないというか。

多分、結婚しても日常生活が続くだけだよって言い回しも、
こういう、結局は平凡な毎日に収束していくことを表してるんだろう。
どんな状況下でも幸せは感じられるし、楽しみも見つけられるものだと、
なんとなくだけどわかってきたような気もする。

ここしばらくで少し考えが変わってきたのは、
以前は若いときのほうがずっと身軽で時間があって美しさがあって、
今の自分は色々なものを背負い込んで身軽じゃないって思ってたけど、
生活も落ち着いて、それなりの仕事もしてきた今のほうが、
これから家族を築いたり、仕事を始めたりする立場より、
自由な時間もお金もあるんじゃないかと思えるようになってきたこと。

もう生物としての役割はほぼ終わったのだから、
あとは人生の放課後だ!って気持ちになって、ちょっとうきうきする。

あとね、昔は私は石頭というか融通がきかないタイプで、
不倫なんてもってのほか!セフレ?許せん!!みたいな人だったのだが、
年のせいか、人生色々あるんだから、そんなこともあるさって感じで、
特に子育てがひと段落した人、結婚しない主義の人なんかが、
人生を楽しみたいって思うことは、必ずしも悪いことでもないと、
思えるようになってきた。

これからも前向きに、この先の人生を捉えていくようにしていこう。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2013/12/09(月) 22:30:43|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっておきたいことってなんだろう

この頃たまに考えることは、
今、仮にあと数ヶ月の命しかないってわかったら、
何を後悔するだろうってこと。
あのときああしておけばよかったなって。

家族や友人に感謝の言葉を言ったり、自然に触れたり、
そういうのはその数ヶ月にできるだろうけど、
そうじゃないものって一体なんだろう?

普段自分で好きなように暮らしていて、
やりたいことをやってるように自分では思ってるけど、
実はやったほうがいいこと、をやってるだけだったり、
周りに流されてなんとなくこれでいいって思ってるだけだったりする。

何度かここでも書いたと思うが、私が独身に戻ったとき、
自分でもすっかり忘れていた自分の好きなこと、好きなものを思い出して、
そうだった!これが自分だった、って思ったことがある。
それと同じで、今自分が気がつかないまま、
母親であったり会社員であったりする自分の役割の型に、
自分をわざとはめ込んでいる可能性もあるんじゃないかと思う。
お金がないから、時間がないから、若くないからと諦めたりとかね。

でも一回しかない人生なんだから、やれることはやっておきたいと思う。
今のところはおしゃれを楽しんだり(って言ってもそうおしゃれでもないけど)
若い男子と付き合ってみたりとかはしてるけど。

でもやっぱり、これはやはり焦りなんだろうか。
結局それも型にはまったものたちと一緒で、
今だからできることってないかなって、
今やっておかなければいけないことがあるんじゃないかって、
40代という年齢に縛られてるのかもしれない。

そういう年齢なんだってわかってても、じたばたしちゃうんですよね~

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

  1. 2013/12/08(日) 10:57:34|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

年の瀬にいつも思う

このブログを立ち上げたときは、恋愛ごっこに対するときめきというか、
10何年分の性欲が一気に爆発したというか、
謎のエネルギーが充満していて、私に力を与えてくれたものだが、
最近は特になんの変化もなく、毎日をたんたんと送っているような気がする。
かといって今の彼との関係に、なんの不満もないんですけどね?

そんな私の現在のトレンド?というか、やるべきと思ってることは、
もう全然若くもないし、そろそろ本格的に自己メンテというか、
健康に気を使った生活を送りたいなんてことなんだが、
これが例によってなかなか重い腰が上がらない。

こういったことも、何か重大な病気にかかるとか、
せっぱつまった状況にならなければ何もしない気がするが、
ことが重大になってからでは遅いので、なんとかしなくてはと思っている。

まず、体重管理。これが着々と増え続けているのですよね~。
あとは運動不足をなんとかしないと!
家も一通り掃除はするものの、気に入ったインテリアってわけでもないし、
服に関してもそのとき買ったものを適当に着てるし、
料理だってレパートリーをもっと広げたいけど、簡単なものばっか作っちゃうし。

こういう、このままじゃいけない、もっとちゃんとしたい!と思う心は、
考えてみれば中学生くらいの頃からあって、
夏休みにダイエットと勉強をがんばる!って決心してみたり、
学年が上がるごとに、今年こそはちゃんと色々やるぞ!なんて思ってたけど、
結局はなんとなく日々に流されて生きてきたような気がする。

大人になってからは、そろそろ年末って頃になると、毎年同じようなことを考える。
来年こそは、自分で自分のことを褒めてあげたくなるような、
そんな充実した日々を送りたい。
とりあえず決心だけはしておくぞ!がんばろー。

テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

  1. 2013/12/05(木) 15:16:34|
  2. 自分のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しぐさ美人になりたい

この間電車に乗っていたら、
とても可愛い20代女子が彼氏と一緒に乗ってきた。
彼氏は彼女が可愛くて仕方ないといった風情で、
彼女のほうも自分の可愛さをよくわかっているかのように、
かわいらしい仕草、表情、話し方で、
ちょこちょこ動いたり、彼氏を時々まっすぐに見上げたりしていた。

こういった女の子、まあ男子もなんだろうけど、
いつ自分の魅力を自覚して、思う存分発揮するようになったのだろう。
周りからかわいいかわいいと言われ、そうなのかなって思って、
そのかわいい自分をもっと魅力的に見せるような振る舞いを、
いつのまにかするようになったのだろうか?

ま、それはそれで可愛いけど、ちょっとあざといななんて腹黒いことを考えつつも、
じゃあ自然のままが魅力的かって言われるとそうでもないからやっかいだ。
まあ、普通は特段自分の仕草等をどうみせようなどと思わずに、
自然にふるまっている人が大半だとは思うが、
そのおかげでおばちゃん丸出しっていうのもできれば避けたい。

若い時分には何をしたってかわいいわけだが、
この歳になってみると、ではどのように振る舞えばいいのだろうか。
上品に振る舞うのが無難で一番だとは思うが、これがまた難しく、
大体大した品もない人間に上品に振る舞うこともできないわけで、
せいぜい(どっこいしょって言わないようにしよう)とか、
(大声で笑いながら、やあだーーって人の肩を殴らないようにしよう)といった程度で、
あとはお粗末な地がでてるっていうのが実際のとこなんだろう。

大人の女性って感じで、優雅に振る舞えたらいいな。

テーマ:美と健康! - ジャンル:心と身体

  1. 2013/12/04(水) 14:09:55|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

komako

Author:komako
40代後半独身女性。
15歳年下君とお付き合い中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

恋愛、セックス (193)
美容・アンチエイジング (79)
自分のこと (67)
婚活・出会い・結婚 (43)
中年以降 (238)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR