FC2ブログ

40代からの愛、性、自分

40代女性である自分の心情について考えるブログです

まったりムード

前の記事のような、私のセンチメンタルな気持ちには、
全くお構いなしな感じの彼と週末に会って、
色気のいの字もないような会話を相変わらずしていたわけだが、
私ももう普通のときは彼とは気心が知れた友達みたいに、
全くフツーーに話している自分がいて、
これは馴れ合いなのか?と思いつつ、悪くないななどと思っていた。

考えてみれば最近は、HはHで楽しんでるんだけど、
それ以外にだらだら食べたり飲んだり、
しゃべったりってとこに時間を費やしているような気もする。
それもそれで、長い付き合いっぽくて悪くない。

どう自分が色々考えようが、あがこうが、
関係は変わっていくものだから、なるがままに任せるほかない。
今を楽しめって言い回しも、よくわかるようになったし。

ほんとうに酷い話なんだけど、
このままだらだらいって彼に飽きてきたら、
ほかの人を見つけて楽しめばいいやなんて、半ば本気で思ってる私。
なんでこんないい加減な考えが浮かぶのかしら。

気分がそのときそのときでころころ変わる。
更年期のせいなのか、気まぐれなのかわからない。
恋愛については、特に語ることもない気もする私。

でもこんな関係好きだな。

スポンサーサイト



テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

  1. 2014/06/30(月) 02:08:46|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

フォトグラフ

シャワーを浴びてきれいになった彼は、
私が次にシャワーを使って出てきたとき、
ちょっとしたところに腰掛けて、
足をぶらぶらさせながら携帯をいじっていた。

その様子がなんだか可愛かったので、携帯で撮影した。
1枚撮った後に、こっちを向いて、と言ってもう一枚撮った。

彼は写真を撮られるのが嫌いなのだが、
そのときは疲れてぼーっとしていたらしくて、
眠いよー、と言いながら、ぼんやりこっちを見てくれた。

帰って彼の写真を見てみたら、
そこにいた彼は、
無防備で、本当に少年のようだった。

俯いて携帯をいじくる様子を写したそれは、
まだほんの少しだけ幼さの残るしぐさや、
完璧な大人になりきれていない、すんなりした腕や、
輪郭の華奢さがよく撮れている、いい写真だった。

もう1枚のこちらを向いた写真は、彼の素がよく取れていて、
いつも見ている彼そのもので、
ちょっとだけ心持ち斜に構えているような、
彼のやり方が、よく表れていた。

私はそれらの、自分ではよく撮れたほうな写真を見て、
何故か、涙か止まらなかった。
自分の劣化を憐れみてのことだろうか?
それとも彼の若さと美しさに圧倒されたのだろうか。

彼はもしかすると、私の人生で2番目に、2回目の、
愛した人かも知れない、って思った。

私はひとしきり写真を眺めたあと、
バックアップのハードディスクと、心の隅に、
彼の写真を収めた。

いつだって思う。
彼と私の年齢が近かったら、どんなに良かっただろう、
同じくらいの男性と今からでも知り合えたら、
なんて楽なんだろう。

でも、私のお気に入りの人が私を見つめている。
こんな幸せが、ほかにあるだろうか?

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

  1. 2014/06/24(火) 23:06:01|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

目覚めよ!理性

もし、好きなように生まれ変わった1週間を過ごせるなら、
どのような1週間を送りたいと思うだろう?
家族や子供や仕事や親戚や借金やその他色々忘れて、
自分の願望の、欲望のままに、
好きな風に過ごせるとしたら、どうしよう?

とてもゴージャスなモデルみたいな女になって、
着たい服を片っ端から買って着て、街を歩いて、
まさに好みの男を捕まえて連れ回して楽しんで、
海外に連れてって贅沢なバカンスでも過ごす?

それとも謎のヒーリングパワーを手に入れて、
病んでる人、絶望してる人、どうしようもない人を癒して、
ついでにオゾンホールなおして、放射線量下げて、
少しでも自分が役になってることを味わう?

本当に自分のしたいことを真剣に考えるのって、
時折してるつもりでいるけど、案外わからないものだ。
40何年も生きていると問題は目の前に山積していて、
これをなんとかするのが「わたしのしたいこと」だと、
何の疑いもなく思ったりするのだが、
本当のところは違うような気もする。

いつか問題が解決できないとわかったとき、
もう解決するのもどうでも良くなったとき、
私は私の人生を振り返って、後悔するのだろうか。
ほんとうにやりたかったのはこれじゃない!と、
今際のときに、叫びたくなったりするかもしれない。

私のこの奇妙な恋愛もどきと性生活(!)は、
私の中の何か動物的な、生物としての何かが、
そうさせているだけかもしれないが、
そのことについて、人生について、
ちゃんと考えるくらいの頭は常に持っていたい。

テーマ:よく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2014/06/16(月) 00:48:36|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

衰えるばっかりじゃないのよ!

全然頑張らないダイエットをしていても、
なんとかトータル3kg痩せたのだが、
そこから先は長ーーい停滞期に入っている。

以前痩せたときもそうだったのだが、ある程度痩せると、
肉と皮の間に若干隙間ができるというか、
皮膚がふよふよしてきて、その皮膚が体にフィットするまで痩せない。

これが普通のことなのかはわからないが、
私の場合は3kgくらい痩せると1~2か月くらい体重が減らないで、
またまとめて3kg減って、みたいな感じで、
体重が減っていくようだ。

若いころにダイエットをしたことがなかったので、
(必要なかったというわけでなく、単にしなかっただけ)
体重が減りにくくなったのかとかはよくわからないが、
あと10kgくらいは痩せたい身としては、
このスローペースがなんとももどかしい。

あと、これはダイエットに関係があるかわからないが、
最近とくに皮膚の張りがなくなって、
なんていうか、黄色がかかって透明感がなく、
さわるとぺたぺたするというか、硬さがなく、
でろんとしてて柔らかい感じ。

なるほど、色々変わるなあ。

肉体の老いは、悲しいものだ。死に近づいているということだから。
でも、長く生きてきたうちに得た知恵は、
その終焉への過程もきっと、味わい深いものにしてくれるだろう。
恋愛ってことに関しては、若さを羨んでしまう私。
でもそれ以外はきっと、年取るって悪くないに違いない。

テーマ:ダイエット ダイエット ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2014/06/13(金) 17:22:53|
  2. 美容・アンチエイジング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人の言うことは聞くもんだな

先日の靴繋がりの話だが、
私は高級な靴を買ったことがなかったので、
ブランド物のハイヒールの靴底が皮で、
アスファルトの上などを歩くとぼろぼろになるとか、
ネットで検索して、初めて知った。

やっぱりセレブ向けの靴は、
セレブな生活を前提として作られてるんだな~。

同じように、洋服も高い服になればなるほど、
ドライクリーニングのみとかになっていて、
扱いがちょっと面倒になる。
やっぱりそういうこと色々考えると、
どうしてもおしゃれより実用性を選択してしまう私。

私はファッションのことを時々ここに書くけど、
実際はおしゃれとはかなり程遠い人間で、
誰が何を着てたとか全然覚えてないんだが、
世の中の人は結構覚えてたり、
服装の変化に気が付くものなんだなって思った。

で、そんなわりと無頓着な私は、
友人や同僚や彼から言われるがまま、
服を買ったり着たりしていたら、
服装についてコメントをもらえることも増えた。
一昨年までは毎日黒のパンツと、
モノトーンのトップス以外着なかった人間としては、
かなりの進歩。皆様に感謝。

今年もバーゲンで買い物をするために、
なんとかあともう少し痩せなきゃ!

テーマ:40代からのファッション - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2014/06/11(水) 13:19:09|
  2. 美容・アンチエイジング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

シューズマジック

最近若い彼の好みを意識して、
少々若作り(だいぶか?!)の服ばかり買っていたが、
やっぱり歳相応の大人っぽい服を着たくなって、
安物だけど、ネットでいくつか購入してみた。

彼はそういうことに無頓着そうに見えて、
服装の変化などに結構気がつく人なので、
色々服を買って着るのも楽しい。
彼の見ていないところで、完全に自分趣味の服を着るのも、
これはこれで、もちろん楽しい。

以前は私のはっきり言ってババくさい格好を見て、
もう少し若々しくても似合うよ?なんて言っていた彼だが、
やはり同じテイストの服装ばかり見ていても飽きたようで、
最近は思い切りコンサバな服でも、
なんか新鮮だね、とか前向きな言葉も言ってくれる。

ダイエットはまだ中途で、まだまだ痩せなきゃいけないけど、
子育てに追われてた30代の頃と比べると、おしゃれが楽しい。
もう色々着られない服も多いけれど、
(そしてガーリーな服が流行りすぎな気がするけど!!)、
昔みたいに、おばさんが好きな服着てても、
あれこれ言われなくなった気もするしね。

前はもっといじけてて、服なんかに興味がなかった。
お金もなかったし(今もないけど)、
体型をごまかすか、週に3度着られるかとかしか考えてなかった。
もうおしゃれをしても意味がないとすら思ってたけど、
おしゃれは自分のために必要なものだって、今は思う。

別に高いものを着なくても、
自分でこの組み合わせは好き、みたいな服を着ていれば、
会社の帰りに東京や銀座に行っても、
そうそそくさと帰りたい気分にならずにすむし。

スイートテンダイアモンドやジュエリーや、
ブランド物のバッグ、クチュールメゾンの服、
華やかなパーティなんか縁のない、普通の地味な生活。
そんなもの、と諦めるのも何でもない。
でも、人生って長いけど、もうそんなに長くもない。

どこに履いていくかって考えないで、
無理してジミーチュウのハイヒールを買おうかな。
このままでも、満足しないことはないけど、もしかしたら、
いい靴が、私をもっといい所に連れてってくれるかもしれない。

テーマ:レディースファッション - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2014/06/09(月) 22:01:39|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

紛れ込めるところ

なんか彼にごちゃごちゃ言って以来、
彼が私を色々なところへ連れてってくれるようになり、
あとなんとなくだけど、遠慮がなくなったような気がする。

今のうちに目いっぱい楽しんでおこうというはからいなのか、
私の気持ちを確認して安心したのか、
その辺の事情はわからないし、聞く気もない。
まあ、結果として悪い方へ変わったわけではないので、
(むしろいい方に変わってくれた気がする)
あまり突っ込まずにいようかと思っている。

職場が都心にあるせいもあって、
彼と会う場所は、所謂大都市の繁華街であったりするわけだが、
こんなとき、つくづく都会人(?)で良かったと思う。

道ならぬ恋をしている人達だって、釣り合いが取れていれば、
彼らのことを知る人が誰もいない土地へ行って、
まるで夫婦のように振る舞い、扱われ、
つかの間の幸福を味わうことができるのだろうが、
私たちはどこへ行こうと、決して夫婦には見られないだろう。
男女のカップルにすら見られていないかもしれない。

そんな私たちにとって、都会の喧騒や猥雑さや、
人々の無関心さはとても心地が良いものだ。
みんな人のことを気にしない。
都会はそういう意味では、非常に寛容だ。

ゴスロリの女の子、ピカピカのシャツを着た黒人の人、
居酒屋の客引き、出勤前のキャバ嬢、
そんな人々に混じって手を繋いで歩くことができる。
ふらっと入った飲み屋の、中国系と思われる女の子も、
いらっしゃいませー。と程よく愛想のない態度で迎えてくれる。

さて、今日は何を食べよっか?

テーマ:年下の彼氏 - ジャンル:恋愛

  1. 2014/06/06(金) 14:09:28|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

好きに理由なんかいるの?

年の差のある付き合いをしている人に対して、
他の人が一番疑問に思うところは、
その人のどこが良かったの?ってことだろう。

私はそれなりの経験を積んでいる中年なわけだが、
普通大人の女は、20代の若造には惹かれない、
子供っぽくて成長してないからじゃないの?
或いは単なる色欲にまみれた人間なのか?とかいう、
色々憶測をよんだりするわけだ。

でも、世の中には私くらいの年代だと、
結婚してる人のほうが多くて、そういう場合、
異性をパートナーとして選ぶっていうときに、
結婚や家庭というのを念頭に置いてしまうから、
そういう発想になるだけ、というか。

そんなに真剣じゃない、異性への思いってあるよね?
現に羽生君や嵐にキャーキャー言ってる中年女性、
多いと思うんですけど。あれと大差ない感じ。
あまりにも軽い感じなので、なんだか申し訳ないが、
人生を一緒に乗り越えていくってわけでもないので、
こんなもんでも充分じゃないだろうか。

また、男が年上の年の差の付き合いに対して、
男女逆のそれが、変な違和感があるのも、
男は中身が重要で女は外見が大事ってことになってるからだと思う。
そういう意味では少々私たちの趣向は変わっているかも。

私は彼の頑固ともいえる、動じなさブレなさや、
基本気持ちがストレートで裏表があまりなさそうなとこや、
頭のいいところ、私の知らないことをたくさん知ってること、
変な駆け引きをしないところ、人の機嫌をとったりしないところ、
スマートとは言えなくても、私大事に優しく扱ってくれるところなどが、
とても、好きだと思う。

テーマ:年下の彼氏 - ジャンル:恋愛

  1. 2014/06/05(木) 14:43:11|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分の境遇を思う

年上の女として彼に教える云々なんて思ったのだが、
考えてみれば私に教えられることなど何もなかった。
私に彼にふさわしい20代女子の気持ちもわかるわけないし、
ましてやそういう女子の捕まえ方もわからない。

私にできることはせいぜい、その時思ったことがあったら、
それを彼に言葉にして伝えることくらいなものだ。

もう40も半ばになろうとしている私は、
あまりにも恋愛というものから遠ざかっていて、
(恋愛ってなんだっけ)(今恋愛してるのか?)という気持ちのまま、
なんとなく若い男性とお付き合いをしてきた。
それも年齢に強くとらわれながら。

でも、今こうして楽しんでいるときに、その楽しい気持ちや、
彼といて何かを感じたときに、
そのことを思ったまま彼に伝えるようにしてみたら、
やっとここ最近、これもなんとなくだが、
なんかこれも恋愛だよな、これでいっか、みたいな、
実感めいたものが得られるようになってきた。

そもそも恋愛経験なんてほとんどない私は、
結婚とか家族ってことについては、
それなりに考えたりもしていたように思うが、
恋愛っていうものに焦点をあてて考えるってことを、
そんなにはしてこなかった気がする。

それがここにきて、女としての魅力が持つのもよくてあと数年、
そっから先は、、みたいなことを考えるようになって、
今、軽い関係とはいえ男性とお付き合い出来ていて、
その人といい関係にあるということに感謝しているうちに、
私にとってこれは恋って言っていいんだろうなって、
思うようになってきた。やっぱり彼が好きだから。

もういい加減大人だから、仕事や家族優先、
四六時中彼のことを考えるってこともないし、
苦しんだりもしない。いつ別れが来ても受け止めるつもり。
若い男と適当に遊んでるって思われても、
最近は慣れてきて、そんなには気にならなくなった気もする。

年齢的に釣り合っていないとか、未来に結婚がないとか、
そういうことについてもデメリットばかりではない。
だったらメリット部分をじっくり味わってしまえばいいわけで。

ほんとに、この歳で贅沢できてるなあ私。
なんだかすごく幸せだ。

テーマ:年下の彼氏 - ジャンル:恋愛

  1. 2014/06/04(水) 17:00:12|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

疑惑

友人を介して知り合った男性(40代後半)に、
食事に誘われて数回会ってみた。
結論から言うと、ご縁がなかったってことになったのだが。

まあ外見的にも素敵だったし、やたら丁寧で紳士的だったし、
どこが悪いというのでないのに、あまり惹かれなかった。
自分でもわからないが、ふいに手をつながれたとき、
振り払いたい衝動を抑えるのに、結構苦労をした。
それから2回も会ったんですけどね。
でも、無理でしょうということになったわけだけど。

こんなとき、私って単なる若い子好きなんではないかと疑ってしまう。
自分ではたまたま相手が若くて、、なんて思っているが、
実は「男は若くないと!」とか言ってる、
エロ中心肉食系40代女性なのではないか?
相手に誠実さも人間的魅力も求めない、単に肉体的接触のみ求める、
そういう人なのかもしれないと、
この間の件もあって、なんとなくブルーになっている。

まあ、それはそれでいいのだが(いいのか!?)、
自分が望んでることがわからないのは、よくないと思っている。

正直に言えば、若い好みの男子を可愛がるのは簡単だ。
若いというだけで、彼らは美しいから。
年下なんて考えられないという女性は多いと思うし、
中身が伴わないとか色々あると思うんだけど、
少なくとも若いってことは肉体的にはプラス要因だと思ってしまう。

なんか、こんな齢でこんなことになるなんて、
私は20歳で大体の人間固まったって思ったのに!
未だに自分の気持ちとかについて、
考えるのが苦手かもしれないな。
たからブログを始めたってのもあるしな。

私はほんとに単なるエロばばあなんだろうか?
気にしない、、、、でもなんかちょっとやだ(笑)

テーマ:年下の彼氏 - ジャンル:恋愛

  1. 2014/06/02(月) 00:44:30|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

komako

Author:komako
40代後半独身女性。
15歳年下君とお付き合い中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

恋愛、セックス (193)
美容・アンチエイジング (79)
自分のこと (67)
婚活・出会い・結婚 (43)
中年以降 (238)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR