FC2ブログ

40代からの愛、性、自分

40代女性である自分の心情について考えるブログです

気持ちを上げていこう

日頃は約束をして会って、ご飯食べたり遊んだり、
いちゃいちゃしたりで普通に楽しく過ごしていて、
特に「恋愛だ!」なんて感じないんだけど、
会えたら、会おうなんて中途半端な約束をしていて、
やっぱり仕事の都合がつかなくて無理、とかになると、
なんか、会いたいなって気持ちが募る。

普段あまりやりとりをしないのに、そういうときだけするせいか、
会えないからそう思うのかわからないけど、
ちょっと切ないような気持ちになって、
そんな気分を味わうのが、楽しいというかうれしい。

恋愛ドラマというと女の好物、みたいになっているが、
そういう気持ちを味わうのが、女は好きなのかなあ。
甘いものや、ふわふわした手触りの物が好きなように。
可愛い。素敵。切ない。恋しい。
そんな気持ちを感じると、確かに心が躍るというか、
日常生活に彩りが出てくるようにも思う。

老化というのは感情から始まるそうで、
箸が転んでもおかしいってわけにはいかなくても、
やはり瑞々しい感性を持ち続けるということが、
今後の生活の質を左右する大事なファクターで、
病も老いも気からってことらしい。

色々な感覚が鈍磨しているような気がするこの頃だが、
こういうときめきって、まだ残ってるんだな~としみじみする。
なかなかいいもんだ。今更韓ドラでも見ようかな。

スポンサーサイト



テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2014/07/30(水) 14:42:07|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ゴジラじゃなくって

お辞儀をしたような状態で鏡を見ると、
それがあなたの五年後の顔ですって雑誌に書いてあったので、
早速手鏡を持って覗き込んでみたら、
そこには「大魔神怒る」みたいな私の顔があった。

上を向いても生え際の白髪が目立つし、
下を向いたら大魔神だなんて、一体どうすればいいのやら?
(ちなみに彼ははにわ顔)

顔も悲惨だが胸も悲惨だ。
上向いたらなくなるし、下向いたら縦にやたら長い。
勿論スライム状のお腹も、段々畑状の背中も…。

いよいよ引退の時なのだろうか。再デビューしたばかりなのに。
こういう世界から「卒業」来る日が来てるんじゃないか。
どこをどうひねって見てみても、姿見に映る私は美しくない。
まあ、もともとそんなんでもないわけだが。。

これからの人生をより良く生きるに当たっては、
精神力と努力と根気と、折れず負けない心が必要ってのはわかるけど、
いよいよそこに、「お金」を投入したい気分の私。
アンチエイジング商法にターゲティングされている!!ってわかってても、
少しでもましになるなら、、と思ってしまう女心が恨めしい。

例によって、とりあえず照明を消しまくることで対応するけどさ。

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2014/07/29(火) 16:22:00|
  2. 美容・アンチエイジング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幸せな記憶

人の笑顔って、人を幸せにする力がある。
私が、私の好きな人、大切な人のことを思い出すとき、
彼らは大抵笑顔で私の頭の中に登場する。

父親の冗談ばっかり言っている姿、笑い上戸の母の姿、
爆笑すると声が出なくなって真っ赤な顔になる子供の姿、
元夫のはにかんだような笑顔。
若い彼の、ちょっと目をつむって笑ってるいたずらっぽい顔。
思い出すだけで、幸せになれる。

私は、誰かを幸せにしているんだろうか。

記憶に残る瞬間というのは、自分では制御できなくて、
何かの拍子に何気ない日常がくっきり切り取られて、
それが私の脳裏に刻み込まれる。

人が亡くなった時、その時の苦しんでいる様子や、
憔悴した様子ばかり記憶に残ってしまって、
辛い思いをすることもあるが、時が経つにつれて、
また、昔の笑顔が戻ってくる。

健康なお年寄りの幸福度は案外高いというが、
そういった脳の幸せな仕組みのなせる技かもしれない。
「死」を知ってしまった代わりに貰えたプレゼントなのかも。

物より思い出って言うが、
たとえこの先親しい人と別れる時が来ても、
この記憶たちは、私が生きている限り奪われることはない。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2014/07/28(月) 10:58:10|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

酔っぱらいの戯言

久々に家で一人、家で夜を過ごすことになったので、
スーパーでお惣菜を買って来て、晩酌して、
ゆっくりテレビみたりブログの記事を書いたりして、
のんびり過ごさせてもらった。

私は一人で過ごすのが割と昔から好きだったので、
きっと独り身が向いてるんだなって思う。
そう思えると、この先の生活もそう悪くないと思える。
強がり?そうかもしれない。

若い後輩から嬉しそうに、結婚の報告メールが来た。
私は、嬉しくて、うらやましくて、
ずっとずっとずっと幸せに暮らして欲しくて、
すぐ返信する。おめでとう!
なんだか涙ぐみそうになる。
歳のせい?そうかもしれない。

飲みが進むと、なんだか弱気になってくる。

Happily ever after.
なんてうっとりする響きだろう。
幼い頃の呪いだって一蹴してもいいけど、
誰だって、もと女の子なら、そう思うんじゃない?
たったひとりで立ち向かうことに疲れて、
ふと夢をみたりすると思う。

たまには、好きだなって思う男性に甘えたくもなる。
胸を借りて泣きたい時だってある。
でも、相手だって仕事と生活があるって思って、
電話したい気持ちを抑える。

美魔女じゃなくて、いっそ魔法使いになって、
いつまでもきれいなまま、彼のそばにいられたらいいななんて、
終いにはバカみたいな、ろくでもないことを考え出す。

独身だって主婦だって、若くたって年寄りだって、
男だって女だって、寂しくて弱音吐きたいときあると思う。
でも一人でなんとか感情を処理して、今日は泣いて寝ても、
明日何とか頑張って起きて日常に戻ろうとする。

そんな風に一生懸命自分を動かす、彼ら彼女らに、私に、
今日はエールを送りたい気分だ。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2014/07/27(日) 21:59:24|
  2. 自分のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

例のうじうじタイム

七つの大罪、煩悩、人の生活に一番密着している宗教というものに、
必ずそれら人間の欲を戒める教えがあるということは、
太古の昔から、人は色々な欲に苦しんできたからに違いない。

この年齢になっても、頭ではなんでもほどほどがいい、
中庸がいいとわかっていても、
自分の欲のせいであれこれつまらない悩みを抱えたりする。

じゃあ何事にも欲を持たずに、今に満足して生きればいいのかというと、
日々の生活はそれほど易しいものでもないからやっかいだ。
仕事においては常に自分をブラッシュアップしておかないと、
たちまち毎月の給料すらもらえるか怪しくなるわけだし、
安くて手に入りやすいおいしいものはカロリーが高いし、
意識しないと、すぐ運動不足になるような毎日だ。

おそらくこの欲深さが人間の本質なのであって、
だからこそ宗教や文学などで、逆も語られるわけだ。
無欲の聖人、無償の愛、犠牲の精神などなど。

欲がなければ向上心もない。でも欲深くては幸せにはなれない。
博愛精神の持ち主だって、自分のことはどうでもよくても、
世の中の貧困や自然破壊について悩んだりするんだろうし、
ダメな自分を否定しても、事態はあまりよくはならない。

なんか、ここにきて私が結婚してなくて一人でいるのも、
こうやって自分のことばっかり考えていて、
誰かのために生きるなんてことがまったくできない人間だからな気もする。
男性に頼らない自立した女ってわけでもなくて、
自分について、自分の思考について考えることが好きなせいで、
恋愛について悩んだりする器量がないだけの人間かも知れない。

私はおそらく、瞬間的な楽しみ、刹那的な恋愛関係が好きだ。
そのとき、その一瞬が幸せならそれでいいの、みたいな。
相手だって誰でもいいのかもしれない。彼でなくても。

しかも私はよく、冷たい人間だと言われる。理屈ばかりこねると。
頭でっかちなわりに、何にもわかってない人間だと。
そうじゃない、でも、そうなのかもしれない。
あーーーー!無性に自己嫌悪。

なんだかつまんない愚痴日記になってしまった。
あ、でも彼とけんかとかしたわけじゃないよ!

テーマ:よく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2014/07/26(土) 11:20:46|
  2. 自分のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

表情って大切

朝、通勤途中にすれ違う女性がいるんだが、
その人はすらっとスタイルが良く、髪もストレートのロングで、
フェミニンな格好をしてて素敵なんだけど、
顔がすごくむっとしてて、
マリオネットラインっていんだろうか、口元のしわがすごくて、
なんだか気になってしまう。
身体は30歳、顔は60歳みたいなギャップに目が奪われる。

私もつくづく意地悪だなあと思うのだが、
あの表情がなければ彼女も素敵なのになって思ってしまう。

普通に考えれば、彼女はそれなりの年齢なはずなので、
それなのにスタイルが良くて素敵って思えるはずなのに、
なぜそう思えないんだろうかと、
自分の性格の悪さにもうんざりするけど、
なにがそんなに気になるんだろうと、考えてみたくもなる。

私もふと窓ガラスに映った自分の顔を見てぎょっとすることもあるが、
やっぱりそれなりの年齢になると、普通の顔をしていると、
口角が下がって不機嫌そうな顔になってることが多いかも。
その表情が、綺麗に整えた服装と合ってないってことなのかも?

子どもや若い人の、キラキラした生命力や好奇心に満ちた瞳を、
これからも持ち続けることは難しいんだろうけど、
経験を積んできた自信とか、慈愛に満ちた表情(?)とか、
そういう方面なら、年寄りのほうが得意かもしれない。

鏡を見るのは昔から好きではないけれど、
ちゃんと確認して、無理しても幸せそうに見えるように、
せめて表情くらいは、好きでいられる自分になりたいな。

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2014/07/25(金) 11:18:28|
  2. 美容・アンチエイジング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お金の使いどころ

割り勘話で思ったのだが、本当に人付き合いに求めるものは、
人それぞれだなあということ。

特に、男性とのお付き合いや食事なんかに関しては、
私の知り合いで、全額男が払わないと付き合わないって人もいるし、
男と付き合うといつも貢がされるから、
そもそも付き合わない、とか言ってる人がいたりで、
なんか色々だなあ、と思った。

私は基本的に男性から食事に誘われても、
とりあえずはOKする方なんだが、
そして、なんか身もふたもないひどい話なんだけど、
一緒に過ごして面白くないな、って人から誘われると、
それが仮に全額おごりでも、次はもういいやって思ったりもする。

自分で半分お金を払っても会いたい男性なのか、
ちゃんと割り勘にしてみて、自分の気持ちを確かめる。
それってわりと自分の気持ちがはっきりわかっていいんじゃないかな。
奢ってもらってると、単にタダ食いができてうれしいのか、
その人とそれなりに楽しい時間が過ごせてるのか、わからなくなったりするし。

あと、これが結構悩むのだが、予定が多くなると、
必然的に、お金が足りなくなってくる。
そのとき、どの誘いを優先させるかっていうのも、
自分の価値観がわかってしまう瞬間だと思う。

正直、友人でもセフレでもなんでもそうだが、
長続きするのは、かっこつけなくていい関係の人じゃないかなあ。
だって毎回おしゃれなレストランじゃ破産しちゃうし、
お金ないんで安いとこで!って気軽に言えるのはありがたいし、
今週は予定があって無理なんだ、ごめん、って時だってあるし。

なんか人付き合いが自由になるお金の額で、
広がったり狭まったりするって考え方もちょっとさみしいけど、
現実的に、そういうことってある気がする。
よくお金に対する価値観が違うとうまくいかないっていうし。

どこにお金を使うのか。そこにその人の人間性がでるんだろうな。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:その他

  1. 2014/07/24(木) 17:08:10|
  2. 自分のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ホテル代どうする?

みなさんホテル代って、男性に払ってもらうのだろうか?

私の場合はたまたま相手が若いからってわけでもないけど、
食事にしろ何にしろ、支払は割り勘のことが多い。
最初のうち、彼は「いいよ」といって受け取らなかったけど、
最近は割り勘か、彼が多めってことが多いかもしれない。

食事とかそういうのは割り勘でいいんだけど、
ホテル代だけは割り勘はいやって女の意見はよく聞く。
これは、何だろう、女のプライドなのかな?
私って、風俗嬢以下なの?みたいな感じ?
実際私くらいの年代だと、そういうものは基本的に男性が払う、と、
男も女も思ってたりすることも多いような気もする。

普通の友人関係だと、
私は例えば友人がお金持ちだからといっておごってもらうつもりもないし、
逆に専業主婦だからっていって、支払いを持つ気もないし、
相手の収入がどうとかは関係なく、
同じ時間を共有するのだから、みたいに思っている。
それは相手が男性であっても、基本は同じ。

ホテル代に関しても、考え方はあんまり変わってなくて、
私個人としては、自分がお金を払ってもしたい時に、
ちゃんとお金を半分払って、したいと思ってるほうかも。
払ってくれるからしてあげるっていうスタンスの男性とは、
きっと楽しめないと思うから、若くてかっこよくても無理かもしれない。

多分、相手のことがとても好きだけどHは嫌い、とかいう女性の場合、
割り勘とかありえないって思うのかもしれないな。
男性の場合、女が払うのははしたないとか、
Hに積極的すぎるように思えて萎えちゃうとか、色々あるのかも。

なんか、ホテル代っていうのは、そのカップルのあり方というか、
なんか男女の性のあり方の違いというか、捉え方とか、
Hの好みとか、重要度とか、そういう微妙な二人の価値観が、
「支払い」というかたちに垣間見えてる気がして、なんだか興味深い。

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

  1. 2014/07/23(水) 16:27:42|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

暑さで気分までだらっと

小町などを読んでいると、40代女の悲惨な婚活状況なんてのが定番で、
こういうのを見てしまうと、まだ25歳なのに結婚相談所に行ってしまう、
若い子の気持ちもなんとなくわかる。

どうせ返ってくるコメントなんてわかりきっているのに、
私に需要ありますでしょうか?とか、もう遅いでしょうかとか、
まあつっこみ所が満載すぎてもはや、
この手のネガティブキャンペーンは誰かが仕組んでるのではないかと思ってしまう。

男性にとっての結婚ってなんなのかわからないが、
私にとっては、結婚て、一種自分のすべてを受け入れられたような、
相手からオールOKをもらったような気分を得られるものなような気がする。
だから、私自身は結婚は望んでいないけれど、
憧れてしまう気持ちはすごくわかるし、女心だなあなんて思う。

私も若いときは極端な考え方をしてるところがあって、
オールオアナッシングというか、白黒はっきりというか、
好きならもう結婚してもいいくらい好きじゃないとダメ、みたいな、
まあ、若いってことなんだろうけどそういう気持ちもあったけど、
今は男女関係は、生活においてそこにさけるリソースというか、
パーセンテージが釣り合ってれば、なんでもありだなあなんて思う。

このスタンスというのは、外見の好みとか性格の相性とか、
そういうのと比較しても、結構同じくらい大事なもので、
人によっては「想いの大きさが釣り合うのが大事」とかいう言い方をしている。
好きの度合いだったり、恋愛にかける重みだったり。

だから、40女だって別に100%を求めなければいくらだって需要があると思うし、
下手すりゃ考え方が柔軟な分、若い子よりモテたりすることだってある。
「結婚できない関係は意味ありません」って風紀委員みたいな意見も、
ごもっともでございます、と流すことだってできるんだし。

なんか若い彼との関係どころか、最近は街を歩いていても、
人の目もあんまり気にならなくなってきた。
これは余裕なのか?、それともやる気のなさなのか。

テーマ:恋活・婚活 - ジャンル:恋愛

  1. 2014/07/22(火) 11:54:14|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手ごたえが得られるってやつですよ

バーゲンで買い物に行くのに、自分に引け目を感じないよう、
いつもよりちょっとだけ念入りに化粧などをしてみた。

出かける前にブローをし、化粧をし、
年々身支度に時間がかかってくるなあとうんざりするが、
いやまてよ?40代以降の「キレイ」は、
身支度の時間に比例するのではないか?とふと思った。

というのも、セレブのすっぴん写真なんていう、
ゴシップ雑誌を覗いていると、
ちゃんとしたときとしてないときの、
落差が凄く激しい気がする。特に歳いった人の。

そういうのも含めて、いかに自分をきれいに見せるか、
下着であったり服の選び方であったり、
素材が微妙になった分、手のかけどころが物を言うというか。

何を着ても、寝癖の髪に寝起きの顔でもかわいかった、
20代の頃の自分はもう一旦すっかり忘れて、
女優の気分になって、自分を演出する、
そんな気合が、40すぎの女には必要なのかもしれない。
実際、昔より化粧のしがいがあるような気がするし。

手鏡で細かいところを見てみると、あらは完璧には隠せてなくて、
ああ、もういいやって気分に陥ってしまいがちだけど、
この歳になってこそ、化粧や服装の力を借りて、
自分をもう少し引き上げることができるようになったと思った。

素材の良さを生かすってのは、もう無理だ。
でもソースで立派なメイン料理になると自分に言い聞かせて、
また、新しい化粧品を買ってしまった。

テーマ:コスメ・スキンケア - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2014/07/21(月) 00:00:53|
  2. 美容・アンチエイジング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もっと楽しもうよ

昔、若い10代の頃、
テレビで生涯学習がどうのこうのという番組を見ていて、
80歳のお年寄りが、これから外国語を学ぶのだといって、
嬉しそうにインタビューに答えていたとき、
(今から勉強してなんになるんだろう)と思った記憶がある。

勉強というものは、将来のためにするもので、
既に将来を通り越して老後生活を送っているのなら、
なにも勉強なんかしなくってもいいんじゃないか?みたいな。
いかにも、勉強の嫌いな学生が考えそうなことだけど。

確か、でも、そのご老人は言っていた。
学ぶのが楽しくて仕方ないと。
昔戦争でできなかった勉強ができる世の中はありがたいと。
今なら、そういう気持ちは私にもわかる。

ここのブログにもよく書くことだけれど、
何かをやらずに済ませたり、言い訳を考えるのは簡単だ。
いつだって時間もお金も足りないわけだし、
自分が少々頑張ってみたところで、
大したことない人間だし、得られる結果も自己満足程度だ。
やはりそれでも、自分の楽しみのために、
色々なことに取り組んでいく気持ちは、忘れたくない。

やらなきゃいけないことやっても、それなりに気持ちはいい。
掃除とか料理とか、書類の整理とかね!
断舎利とか風水とか、掃除を重視してる考え方も多い。

そしてそれらを片付けると何が気持ちがいいのかというと、
すっきりしたってのもあるけど、結局は、
次に自分の好きなことをできる余裕ができた気がするからじゃないか?
ってことは、確かに片付けは必要だけど、
それはそのうち片付く、と思って、
好きなこと、やりたいことを今始めたっていいと思う。

世の中の女性は真面目な人も多くて、
家事を一生懸命にやって、家族の用事をすませて、
自分を後回し後回しにして…それで人生のほとんどを費やしてしまう。
そんな人って、結構いると思う。

でも、ちょっとした息抜きのおやつやテレビじゃなくて、
何か自分のためだけに少しの時間やお金を割いたって、
バチはあたらないと思うんだけどな。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2014/07/19(土) 14:39:07|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リスク分散

やはり年齢と共に保守的になってきたのか、
間近に介護や老後が迫ってきたからなのか、
この先の生活について、考えることが多くなってきた。

私はキリギリスというか、先のことをちゃんと考えないことが多いが、
ある程度は考えないとな、と思うようにはなってきている。

老後、というと老後資金みたいな話になるが、
そこはもともと財産もないし年収も低いので、
最低限の貯蓄くらいで、あまりケチケチせずに行こう!と思っていて、
あまり語れる話も何もないのだが、
そのほかの分野、たとえば友人とか趣味とか生きがいとか、
なんでもそうだけど、チャンネルは多い方がいいということは、
やっぱりそうだよなあ、と考えている。

ひとつのことに集中するのもいいけど、
仮にそれができない状況になった時に、がっくりきちゃうことはよくある。
定年後のぬれ落ち葉状態とか、空の巣症候群とか。
だから今、まだ体力も気力も衰えていないうちに、
色々なことに興味を持って挑戦していこうと思う。

劣化が気になるお年頃だけあって、
今までほぼ放置でいた美容関係にも気は向いているが、
美容に力を入れすぎると、後々辛いのがわかるので、
それだけでなくて体力づくりや、やってて楽しいスポーツなども取り入れたい。

自分が年をとった時にも楽しめそうな趣味や習慣を作るのは、
結構今後の人生の充実度に深くかかわるものだと思う。

他のみなさんと同じように、中年まっさかりの今は、
日常生活に追われていて、
なかなか新しいことに手を出す余裕がないものだが、
今やっておかないと後悔するような気がしている。

ま、男性に関してはスペア(!!)を作るつもりはいまのとこないけど、
知り合いくらいはもうちょっと増やしたいなあ~。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2014/07/18(金) 14:13:45|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大人の制服って

就活中の学生のリクルートスーツが、
黒一色になったのはいつからだろう。
私が学生のころは、紺もベージュもグレーもいた気がするけど。
若い女子に聞いてみたところ、「これが一番安いんです」とのことだが、
横並び主義というか、無難でいたい気持ちももちろんあるんだろうな。

電車の中で見かける、私立小学校へ通うお子さんの付き添いの母親は、
みんな紺のワンピースを着てる気がする。
もうちょっと涼しい季節だったら、スーツとか。
有名私立の事情は分からないので、色々あるんだろうが、
ちょっと窮屈そうだなと思ってしまう。

私は、40代の女が、自分に似合っていない、
変に若い服を着ることにはあまり賛成しないが、
似合ってるんだったら、ショートパンツでもなんでもありだと思っている。
というか、仮に同じ服を着ていても、若作りのためでなく、
自分がそれが好きで来ていて気持ちいいがら、というスタンスなら、
なんでも似合ってしまうものなのかもしれない。
TPOは大事だと思うけどね。

似合っていて、TPOに気を配っていれば問題はない、
問題はないはずなんだけど、自分で自分を、
完璧に客観的には見ることができないから、服装って結構難しい。
自分の感覚と世間の感覚がずれてるような気もするし。
自分では「きちんとした服装」と思っていても、
見る人によっては華美に見えたり、逆にカジュアルに見えたり。

わりと世の中カジュアルになってきて、(クールビズとか)
色々自由になった分、逆に何着ていいかわからないという。。
だから学校の制服もあった方がいいっていうんで、
なかなかなくならないらしい。

そういうとこも含めて、自分はこう!というしっかりした芯を、
40代のうちに持ちたいものだと思う。

テーマ:ファッション・コーディネート - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2014/07/17(木) 11:08:43|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

環境でごまかすという手があった

さてここらでちょっとセクシーな記事を。
(要望されたことはないけど)

この肉欲まみれ(?)のブログを見てくださる方なら、
経験があることだろうとは思うが、
これからいたしましょう、というとき、
普通シャワーを浴びると思うんだが、その度に、
洗面所の大きな鏡に映る自分の恐ろしい姿を見ないといけない。
しかしこの、洗面所の蛍光灯はほんとに、何とかならんものだろうか??

まあ、安いとこ使ってる自分が悪いと言えばそうなんだけど、
ラブホなんてものは、目的が決まっているわけなんだから、
もっと女を美しくみせる照明に気を使って欲しいものだ。

ハイテク機能を駆使して、実物より若く細く見える鏡とか、
誰か開発すれば、需要あると思うんだけど?
これからは高齢化社会なんですからね!!

うっかり大きいバスタブに浮かれてお湯ためちゃって、
汗まみれで上がってきたときとか、もう最悪。
化粧は半分落ちてるし、髪は湯気でへなへなだし。
しかし、速攻で気を取り直さなければならない!

私はお風呂から上がってもまた下着を一式身にまとい、
顔に粉をはたき、髪をとかし、私はセクシーなんだと思い込む。
白々しい蛍光灯は、ぶちっと消す!
そうすると、北島マヤじゃないけど、
それなりの女に見えるとか、見えないとか。

なんか、こうフォーカスがかかる仕組みとか、できないのだろうか?
肌が美しく、顔のアラが見えない明かりとか。
白髪がよく見えないように光が当たるとか!

「ラブホ空間デザイナー(中年~シニア向け)」とか名刺作って、勝手に仕事でもしようかしら。

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

  1. 2014/07/12(土) 11:55:17|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

やれることから!

また小町ネタなんだが、
「老化していく自分を受け入れられない」というトピがあって、
若いころ美人でちやほやされていた女性が、
40過ぎておばさんになってしまって悲しいという、
まあありがちなトピ。

そこには色々な人がコメントしていたけど、
私もです!って人や、努力で何とかしようという意見や、
あきらめてますって人以外に多かったのが、
自分は結婚してて子供がいるし夫がいるから大丈夫、って意見。

私はそんなにちやほやされた記憶がないので、
美人で男性にモテモテだった人と比較すると、
老化による自己イメージの低下は少ない方だとは思うが、
それにしてもやっぱり、結婚して子どもいると幸せみたいな、
独身のトピ主には少々残酷な意見を見ると、なんだか動揺してしまう。
やはり結婚すると、中年になっても心が安定するのだろうか。ほんとに?

ここはあえて否定すると、結婚してようがしていまいが、
身の丈に合った生活に満足している人といない人がいるだけで、
結婚だけが関係あるわけじゃないんじゃないか?(そう思いたい)
だって、独身は楽で羨ましい!って言ってる既婚者もいると思うし。

そう考えるとやっぱり私は、結婚していても、
もしかしたら夫の浮気を心配し、じたばたし、
このままじゃやだとか、もう若くないとか、
結局今と大差ないことを言っているのかもしれない。

だから今の状態のままで、今をどうにかすればいいのだ。
だってそれしかできないし。
だからとりあえず、言い訳をちょっと控えて、あと少しだけ、
何かに挑戦しようと思っている。

今やってるのは、ダイエット。
あとは何をしようか?


テーマ:悩んでいても何も始まらない - ジャンル:ライフ

  1. 2014/07/11(金) 13:48:50|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

私のお相手紹介します

彼は、分類では理系草食君に分類されるのかもしれない。

基本的に自分中心に生きていきたい人で、
一人の時間を大切にし、家事も自分でできて、
(いわゆる自炊男子)
恋愛の優先度は低い。
というか恋愛自体経験ないんじゃないかって思うくらい。
面倒なく定期的にHできるなら、それで満足というか、
女に大したことを求めてないみたいな印象。

最近はちょっとしたことでメールをくれることもあるが、
基本要件や確認ばっかりで、
好きとか会いたいとかそういうやりとりは、ない。
ちょっとしたこと、今度私何々なんだ~、みたいな話をしても、
俺の意見聞いても役に立たないよ、とか言い出して、
取りつく島はあんまりない。

でも、私のほうがずっと年上ということもあって、
支払は半分出すようにしているが(でもいつも一部返してくれる)、
何にも言わなきゃ全額払ってくれそうな勢い。
あのお菓子が食べたいなんて言えば、すぐ買ってくれる。

私があまり要求をしないせいか、私の言ったことを覚えててくれて、
思い出したように実行してくれる律儀なとこがある。
定期的に会えてさえいれば、平日に何をしようがどこへ行こうが、
全く気にしない。変にすねたりもしない。←ここ大事。
とてもいいやつだ。

きっと結婚とかをすごく面倒なものだと思ってるんだろうが、
そうでもないよ?っていう女子がいて、彼もそう思えたら、
あっさり結婚していいお父さんになりそう。
そういう意味ではなんかもったいない。

まあ、私が心配することでもないんだけど。

テーマ:年下の彼氏 - ジャンル:恋愛

  1. 2014/07/10(木) 09:23:24|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

花の色は。。

小町に、自分の容姿や魅力に自信を持っていた40代女性が、
若い男性と付き合うことになって、最初は嬉しかったが、
そのうち自分を鏡で見るたび泣くようになり、
結局自分から別れを告げたというようなことが書いてあった。

この気持ちは、よくわかるなあ。
特に綺麗な人だったら、もっと辛いんだろうなと思う。

なんだかんだ言っても男女がそういう仲になるには、
男のほうに「この女は魅力的だ」って思ってもらわないといけないわけだし、
それにはやっぱりある程度の容姿を保たなくちゃいけない。
しかも、相手が若いから、年取ったことをお互い様で済ますわけにもいかない。

若い男性と付き合う前には、こんなこと思わなかったけど、
同じような状況の方には、多かれ少なかれ、
こういう気持ちが生じているんだと思う。
これって同じくらいの年齢の男性と付き合っていても、
生じる気持ちなのだろうか?わからない。

安定した男女の関係がない多くの女が、こんな風に思うんだとしたら、
女ってちょっと悲しいよね。

テーマ:人生を豊かに生きる - ジャンル:心と身体

  1. 2014/07/08(火) 17:28:35|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

死を忘れないこと

冗談のように始まった、私と若い彼の関係だけど、
なんだかんだで1年半の年月がたった。
未だに私たちの関係にあえて名前を付けるなら、
セフレってことになるわけだけど。

もう私が若い男の子と定期的に会ってるのを知ってる友達は、
彼のことを「彼氏」と呼んだりしているが、
私は彼のことをいつも「若い友達」と呼ぶ。

世の中には案外、未来のない関係、
結婚に結びつかない関係は無駄だと思う人もいて、
そういう目で見ると私たちのしてることは全くの遊びであり、
(そのことは否定するつもりもないが)、
意味のないことということになるらしい。

しかし、私にとっての彼の位置づけは、
人生の楽しみなのだから、問題はない。
ペットや趣味と一緒にするのもなんだかと思うが、
要は、友達の亜種のようなものだ。

そして常に死を意識して生きるのと同じように、
彼との別れを常に意識して彼と会う。
そうすると彼と会っているその時が輝く。

これからも「明日死ぬかもしれない」
「明日別れるかもしれない」と思って、
私は彼と会い、生きていくんだろうな。

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

  1. 2014/07/07(月) 17:26:18|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

これがきっと、平凡な幸せってやつなんだろうな

年齢差のあるお付き合いをする際にあたっては、
相手が自分よりずっと若い男性の場合は特に、
気構えというか、心の余裕が必要だと思っている。
できれば、手のひらの上で転がすってやつだろうか!

まあそこまで器用でなくても、
彼がいつか成長して自分のもとを巣立つという心得で、
相手を好きになりすぎてもいけないし、
かといって上から目線もよくない。
ある程度の距離を保って、人生のオプションとして、
付き合ってる間をせいぜい楽しむというスタンスは大事だ。

そんな風に思って、別に二股かけるつもりではないけど、
彼以外の男性とも知り合いになっておくのもいいかなと、
ここのところ男性との交友関係も、少々広げている。

で、彼以外の若い男性とも知り合いになったりしたのだが、
そこそこ会話も盛り上がって楽しいものの、
彼といるときの気楽さというものはないなあと思った。
当たり前だけど、あっちは敬語だし、なんか緊張してるし。
年の差だけではないんだろうけど。

彼とは、もうなじんだ気安さというか、慣れあいというか、
そういった関係がいつの間にか築けていたんだなと、
改めてじみじみしてしまった。
そういう関係の男性って、ずっといなかったから。

私は今さら結婚はしたいと思わないものの、
長年にわたる夫婦関係というものには憧れていた。
そこまではぜんぜんいってないものの、
ちょっとそんな感じが一瞬味わえて、
彼と一緒にうだうだしながら、幸せな気持ちになれた。

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

  1. 2014/07/04(金) 13:53:07|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

不良化したみたい

私は正直、長年にわたる結婚生活というものに憧れるので、
どうしても彼の結婚適齢期を気にしてしまって、
自分が彼の貴重な時間を奪っていると思いがちであった。

しかし最近色々交流が広がって、
彼以外の男性とも知り合う機会も多く、
その人たちとまあ、半分建前な話をする機会を得たところ、
彼らいわく、女の40代前半はいいときなんだってさ?

それは間違いなく結婚のこととかではなくて、
要はセックスのことなんだろうけど、
それがもし本当なのだとしたら、
私は私で残り少ない貴重な時間を彼に費やしてるわけだ。

それはそれで対等じゃない?と開き直るつもりはないけど、
彼には彼の考えがあるし、いやなら別れればいいだけの話しだし、
あまり悩まないようにすることにした。
自分がある日おばあさんになってしまって、
ゴメンナサイされることさえ覚悟しとけばいいわけだ。

私は私のやりたいようにするんだ。
彼のことは好きだけど、今を盛りと楽しむのに、
仮にもう2人くらいセフレが必要ならそれもそれであり。
いいか悪いかは別として、今はそんな自由な気分。

何回も言うけど、私は所謂美魔女でもないし、
かなり太ってるほうだけど、
それでもこんな風に振舞えるんだよね?不思議なことに。

ためらってる40代同士の女性さん、
悪の誘いかもしれないんだけど、
とりあえず、一歩踏み出すと、案外うまくいくしきっと楽しいよ!

ってこれは問題発言なんだろうか。。。

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

  1. 2014/07/02(水) 01:11:42|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

komako

Author:komako
40代後半独身女性。
15歳年下君とお付き合い中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

恋愛、セックス (193)
美容・アンチエイジング (79)
自分のこと (67)
婚活・出会い・結婚 (43)
中年以降 (238)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR