FC2ブログ

40代からの愛、性、自分

40代女性である自分の心情について考えるブログです

我が人生に悔いはあれど

秋になると、もう年の瀬もなんとなく見えてきて、
ああ、また年をとるんだなって気にさせられる。
なんとなく物悲しい感じが、そういう気分にさせるのかもしれない。

もうすぐアラフォーならぬアラフィフになってしまう私だが、
40代前半は、あっという間に過ぎたものの、
それなりに充実した日々だったように思える。

30代を振り返ると、仕事と子育ての日々だった。
これらに対して普通に取り組んでいるだけで、
10年くらいはあっという間に経ってしまうから恐ろしい。
でも、そういう時期は、私の人生には必要だった。

今は夏休みがもうじき終わると気がついて、
あわてて宿題に取りかかる小学生のように、
恋愛ごっこをしたり、おしゃれをしたり、
無駄なアンチエイジングに取り組んでみたりしているけれど、
50代になったら、もうちょっと落ち着きたいものだ。

そのとき傍らにパートナーがいる…ってのが、
なかなか想像できない状況なんだけど、
親のこと、子供のこと、自分の老後のこと、
対処しなきゃいけないヘビーなことが多そうで、
今からしっかりしておかないと、とちょっと身が引き締まる。

よく、若いときに散々遊んだからもう満足、
みたいな言い回しを聞くけれど、
今のうちに思い切り遊んでおけば(いろんな意味でね!)、
満足して、老い支度へすんなり入れるのだろうか。
親の人生の終盤と、自分の老後を受け入れられるのだろうか。

まだまだずっとキリギリスでいたい。

そんな風に思いながら、まるで永遠に時が続くかのように、
毎日毎週、同じような生活を繰り返している自分。
ただ、もう少し前の私とは違って、今、
私は、これが自分の人生なんだということを実感しているつもりだ。

スポンサーサイト



テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2014/09/30(火) 09:29:41|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

食物繊維のなぞ

粉状の水溶性食物繊維摂取生活を送ってるのはいいんだけど、
なんだかお腹がぽんぽこになって、妊娠8か月みたいになってんだけど、
これでいいのだろうか?結構苦しいんですけど。

今季流行のミモレ丈だっけ?あの長めのスカートも、
ウエストが細くなきゃ、おばさん具合を助長するだけで、
ぜんぜん素敵に見えないし、どうしたものか。

ネットで検索してみると、お腹が張ってくるのはよくあるらしい。
でもいくらよくあることといったって、横からみたシルエットがヤバすぎて、
このままでは、デートなんてできない!
ましてや服を脱ぐとか、もってのほかである。不可能だ。

腸内環境改善をもくろむことと、デートは両立できないのか?
もしくはそんな状況の人がデートするなんてのが非常識なのか、
その辺はわからないけど、とにかく何とかしないといけないことには変わりがない。

しかし最近私の身のまわりでも、やはり40過ぎると、
体調の不調が出てくる知り合いとかが結構いて、
これは他人ごとではないな、という気分にさせられる。
がん発症っていうのも、ちらほら聞くしね。
結構面には気を付けるに越したことはないわけだ。

美容に気を使うのはもちろんだけど、元の健康がないと、
見てくれも恋愛も減ったくれもなくなってしまうので、
やはりこれからは何はなくとも健康重視で行くか!
なんかほんとに年寄りっぽくて、ちょっとなあって思っちゃうけど。

きっと本当に健康を害した時に、身にしみてわかるんだろう。
生活習慣や、健康維持の努力の大切さってやつが。
そんな想像力の貧困な私に、この想像妊娠みたいなお腹は、
何かを教えてくれるために、あらわれたのだろうか。。。

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2014/09/29(月) 09:28:11|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私ってやっぱビッチなの??

時々自分のブログを読み返してみると、
よくもまあ、恥ずかしげもなくこんなこと書くよなあって思う。
これ、親戚家族に見られたら、到底生きていけませぬ。

しかし本音を書くからいいってとこもあるのでついでに書いちゃうと、
彼と付き合う前の私って、寝ても覚めてもセックスって感じだった。
多少大げさだけどね。そんな時期もありました。
そういう傾向が40女にあるんだとしたら、
若い男子との相性がいいというのも頷けるってものでしょう。

しかしこれらのことはカミングアウトしなければ相手にわからないので、
変な話、エッチしたい人はエッチしたい、と、
正直に話してみるのが一番機会を得られやすい。
そんなこと異性に言う機会なんて、めったにないわけだけど。

誰にでもそんな話をしていいというわけではもちろんない。
今まで普通に話して飲んでいた男性が、エッチ好きなんて言った途端、
突然口説き始めるなんて事態にもあいかねないし。
しかし、いいな~と思った相手にそれとなくいうのは、
なんらかの効果があるようだ。
もう、ほんとにあけすけで色ボケババアみたいでやなんだけど。

40にもなると、さらっと猥談もできるようになってしまって、
それがもとで(多分)、今こんなことになっているわけだけど、
若い男子に聞いてみると、このように欲望に正直で貪欲なところが、
いわゆる熟女の一番いいところってことらしい。
で、案外多くの若い男子が、そのようなエッチな関係を歓迎しているようだ。

私は恋愛経験があまりないのでごく最近までわからなかったが、
男性の多くは、好きとか嫌いとかは別として、
あわよくば、って考えを持ってる人が多い。
それはもう、女の私が想像できないくらい、そう思ってる割合が高いようだ。

しかし、多くの男は逃げ腰で、責任なんかとりたくないので、
40女のほうから積極的に出てくるのを待っている。
まあ、ずるいっちゃずるいけど、仕方ない。
その辺を考慮して、軽いノリで行くと、
普通のおばさんも、若い男の子と遊べてしまうみたいだよ。
いいか悪いかはわからないけど。

で、私が何でこんな無用な情報を言うかっていうと、
若い男の子と付き合ってるっていうと、なんとなく軽蔑されることが多いのは、
かのように恋愛感情とも女の魅力とも何も関係なく、
アプローチ次第では、いくらでも若い男の子と関係を持てるということを、
実は多くの人が知ってるからだ、ってことに今更気付いたから。

そりゃ恥も外聞もないように見えるわけだわ。。

テーマ:年下の彼氏 - ジャンル:恋愛

  1. 2014/09/28(日) 09:26:05|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

No Music No Life

最近新譜を買って、通勤途中に聴いていたりするのだが、
なんだかとてもいい気分になるので、自分でも驚いている。
聴いてるとなんだか微笑みたくなって、
朝から元気で出社できるようになっていて、素晴らしい。

ときたま言いようのない寂しさに襲われたり、
意味なく落ち込んだりする時があって、
歳のせいかとか、自分の人生間違ってるせいかもとか、
色々くだらないことをついつい考えがちな私であるが、
自分の好みの、元気が出る曲を聴くだけで、
こんなに気持ちが上向きになったりもするってわかって、
案外、人間って(というか私がか!?)単純だなあ、なんて思ったりしている。

新しい服や化粧品を買ったりもそうだけど、
新しいものって、やはりわくわくさせる力をもってるなあ。

年寄りになってくると、なじみ深いものばかりを周りにおいて、
それで安心する傾向があると思うんだけど、
あえて新しいものを取り入れてみると、
自分で思ってるよりももっと、メリットがあるような気がする。

40代になると、昔の曲は聴いているけど、
最近の曲には疎くなったりするものみたいだが、
オリコンとかチェックしなくても、
ミュージックストアで適当に視聴して買ってみるのも、
気分が明るくなっていいかもしれない。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2014/09/26(金) 09:24:39|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

好きで幸せなんだけど

私の場合、好きな相手を愛しいと思うとき、
その人に、子供の頃の面影を見出しているようなところがある。
こういうのを母性っていうんだろうか。
ふとした表情に、彼のおそらくずっと昔から変わってないだろう部分を見て、
その、彼の本質のような部分を感じられたことを嬉しく思ったりする。

反面、男性の手や腕などのパーツは、力強さを感じさせ、
大人の男としての彼に対するときめきを、そこに感じることができる。
ことが始まる前の、彼の熱い手や体も男らしくて好きだ。

もちろん、外見的なものだけじゃなく、
男性を好きになるのに性格などは重要だと思うんだけど、
話し方、仕草、表情などにそういう所謂中身ってあらわれると思うし、
心の中なんて所詮覗くことはできないわけだから、
もう、見た感じで好きになったりしたっていいんじゃないかと思ってる。

てな具合に、私は相手を愛でることができる状況にあるが、
結婚相手を探してる場合は、上記に加えて、
年収や家庭環境や年齢など、考慮することが多すぎて、
それじゃあなかなか相手なんか見つからないよな、と思ってしまう。

最近はめっきり結婚について考えることが減ってきて、
もう独り身の人生というものを引き受けているつもりだが、
諦めたらもうそこで終わりだよ?なんて突然言ってくる人がいたりすると、
まだちょっと揺らいじゃう自分は、おめでたいのかなんなのか。

女としての賞味期限が切れかかっている今、
年齢の近い人を探しておくべきじゃないかという思いは、
やっぱりいつも、どこかにある。なんて打算的な私。
でもきっと、それは彼も同じ。

だからといって、今のこの幸福を手放す勇気も、私にはない。

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

  1. 2014/09/25(木) 09:20:47|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今時の若者事情

会社の同僚から聞いた話だと、
最近男が上で女が下の、年の差をカップル大いに見かけるらしい。
単に上司と部下なんじゃないの!?と言ってみても、
いや、あのレストランであの振る舞いはそうじゃないね、
なんて言っていたから、まあそうなんだろう。

まあ大抵は男が鼻の下を伸ばして云々という、
私にとっては耳が痛い話になるわけだが、
若い女性の美しさはまた格別だし、
男のほうが女に若さを求めがちっていう一般常識もあって、
そりゃ嬉しいだろうなあ、なんて思ってしまう。

この間たまたま20代前半の若い女子たちと話をしたが、
彼氏ができない、男の子が誘ってこないと嘆いていた。
彼女ら曰く、結構自分からもサインをだしていて、
ちょっと歩み寄ってくれるだけでいいのに、
まったくそんなそぶりも見せない男子が多いとのこと。
客観的に見ても可愛い女の子だったので、
男の子の側がまさに絶食系だったのか、と思わざるを得ない。

また別の機会に男子側に話を聞いてみると、本音かどうかはわからないが、
まだ結婚できないし、したくないのに、
女子側からの結婚したいオーラがすごくて辛いみたいなことを言っていた。

そうでない女子もいっぱいいるでしょうよ、と言ってみたら、
合コンとかの女の子って何考えてるかわからなくて、
本音で話してないような気がして怖いんだってさ。
まあ、その辺の怖がりさん具合は正直どうかと思うが、
どうやら若い女子の結婚願望が強いっていうのは、あるのかも。

でもだからと言ってそれが、
今の若い男子の彼女いない率の高さに繋がってるとしたら、
仕方なく、彼氏の欲しい女子は、
年上男性に行かざるを得ないのかななどと考えてしまう。

なんか勿体ない話だな。

テーマ:恋愛・出会い - ジャンル:恋愛

  1. 2014/09/20(土) 19:46:26|
  2. 婚活・出会い・結婚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

付け焼刃対策

難消化性デキストリンを飲み物にまぜると、
トクホ飲料が出来上がるとのうわさを聞いて、
さっそく粉を取り寄せ、なんにでも混ぜる生活が続いているが、
はっきりとした効果はまだあらわれていない。(まだ5日だし!)

女性に大腸がんが増えているとのことだし、
これからは腸内環境だ!ということで、
せっせとヨーグルトやこんにゃくを摂取しているこの頃。
効いてるのかわからないけれど、
何もしないよりはましだろう。だといいけど。

肌によくないと思いつつお酒はやめられないし、
夜更かしも毎日のことだ。
お肌のゴールデンタイムになんて、寝たことあったっけ?

サプリやヨーグルトより、生活習慣だろ?っていうのは、
わかってるんですよ、わかってるんですけどーー。
夜ダラダラと起きているのは楽しいというか、
早寝したらほんとに会社と家の往復になりそうで。
早起き、すればいいんだけどね、わかってるんだけど。

そんな感じなので目に見えた効果などは期待できないが、
少しずつマシな生活習慣を身に着けたいなとは、思っている。
でも夜10時に寝ちゃうとか、つまらなくないのかなあ?←偏見?
お酒も化粧も白髪染めも残業も、体に悪いけどやめるつもりないし、
美容と健康のために生きているわけではないから、と、
自分に言い訳をしてなんとなく過ごしているけれど。

今生活習慣を少しずつ変えていけば、
将来楽になりそうだなとも思うので、
まあ、とりあえずはデキストリンと食物繊維摂取ということで。
いつまで続くかなあ~。

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2014/09/19(金) 19:43:41|
  2. 美容・アンチエイジング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言葉

作家や女優などの大御所が、過去を振り返って、
40代はいい時だったとコメントしているのをよく見るが、
40代も半ばになって、私も実感がわいてきたような気がする。

30代は仕事もまだまだだったし(今もたいしたことないけど)、
子育てにかなりの時間をとられていたし、
自分自身、あまり20代後半との差がなかった気もする。
40過ぎると、確実に迫りくる老いを意識するようになるから、
もう一度人生を味わおうと、欲が出てくるのだろうか。

言葉としては「中年の危機」というものがあるが、
もう少し、前向きというか楽しいような言葉があってもいいように思う。
もちろん、もう違う人生は送れないんだという寂寥感や、
やらなかったことに対する後悔の念や、直面する老いなど、
様々な動揺や焦りというのはあるんだけど、
そういう状況だからこそ、輝いて見えるものもあるわけだし。

私の今の「恋愛」(と、あえて呼ぼう)も、
40代になって性欲が増してきた、よくある中年女の、
生々しい、みっともない姿をさらしてるだけのものかもしれない。
でも、私の人生もそうだけど、元々かっこよくも何もないから、
「年甲斐もない」という言葉を、「勇気」という言葉に変えて、
恥じらいもなく味わい尽くしていて、後悔なんて全くしていない。

幸い、今の世の中は40代の女でも現役でOK!って感じなので、
一昔前の大人の女を取り巻く状況よりは、格段に恵まれている。

もしかしたら、若い女子たちは、私みたいな女を見て、
我がふりをなおそうとするかもしれない。
私はあんなにみっともなくなりたくない、若いうちに結婚しよう、と。

でもきっと結婚しててもしてなくても、色々あるんだと思う、人生は。
だから、私は「不惑」を、惑わず挑む、という意味で受け止めて、
これからも、自分の思いを見つめていたい。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2014/09/18(木) 23:09:03|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

セカンドバージン

連休中ドラマ「セカンドバージン」を3話ほど見ていて、
長谷川博己かっこいいなあ、などと思っていたのだが、
ドラマの設定では、17歳の年の差ということにはなっているけど、
実際の彼らの年の差は、9歳のようだ。

やはりドラマとなると、あんまり年齢差があると、
(特に女が上で男が下の場合はね)
説得力がなくなるから、このキャスティングなのかなあと、
ちょっと穿った見方をしてしまった私。
でもやっぱり美男美女は絵になるなあ。

既に私は自分のことを客観視できなくなっていて、
最近は我々を見る周りの目もあんまり気にしなくなっているのだが、
はたから見ると、ん?っていうカップルだということは間違いない。
彼は自分のことを老けてるって言うけど、
私から見たら、充分20代に見えるし、下手するともっと若く見えるので、
周りに不穏な空気を投げかけてるんだろうなと思うと、
思わず「ごめんなさい!!」と謝りたくなってくる。

放映当時はさらっと見ていたが、今となっては、
思い当るような箇所がいくつかあって、心が痛かった。
鈴木京香が裸を見せるのをためらうくらいなんだから、
私なんかもう、ほんと恥知らず、ごめんなさいっ!と、
ひとりで見終わったあと、じたばたしてしまいましたよ。

逆年の差で不倫で、なんていう、
えーっ!?NHKいいの?これ、みたいなドラマだが、
考えてみればスポンサーがいないわけだからやりやすいのか。
そんな中でも、鈴木京香の言う、
私の欲しいものは、死のような快楽、のセリフには、
今更ながら、うーーむ、と考えさせられてしまった。

全員が全員とは思わないけれど、
そういう思いって、40代の女にはあるのかもしれないな。
そしてやっぱり、ある程度は好きな人じゃないとだめだから、
そう簡単には得られないと思って、諦めてる人も多いと思う。
私もそうだったし。

もう、放映時の2010年の自分の心境は思い出せない。
でももしかすると、このドラマを見てたことも、
今の私の状況と関係あるのかもしれないな、と、
ぼんやりと思ったりした。

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2014/09/17(水) 23:17:45|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

至福タイム終了

三連休をだらだら過ごすみたいな、こんなとき、
私は独身でよかったなあとつくづく思う。
世の中の結婚してる方は、連休だろうが掃除をして洗濯をして、
料理を作る人が多数派だと思うが、
わたしはもう、ひどいよ!ここぞとばかりにだらけ放題。

最低限の家事しかしないで、一日14時間の睡眠をとったり、
なんもしないでダラダラしたり、ドラマを見たりして、
思う存分うだうだ暮らす。ああ、幸せだ~。
ご飯はお弁当に、ファミレスに、カット野菜に作り置きカレー。
ゴメン、子供。でもお母さんは疲れているのだ、休むのだ!

私もあまり人間できていないので、
パート主婦とか、生きて暮らすお金を夫に頼れる人のことを、
すごく羨ましいと思うし、そんな風に男に愛され養われたいと、
自分の境遇を嘆いて、めそめそすることだってある。
でも、この開放感さえあれば、なんとかやっていけるってものだ。

40過ぎでも実家暮らしをしている独身女は結構いるが、
自由に使えるお金が多くて羨ましいと思いつつも、
私は実家に戻るという考えはさらさらなかった。
たとえ、幼い子供と二人になって、生活が困窮していても。

そう考えると、私は結婚に不向きなんだろうかとも思うけど、
きっと結婚してたらしてたで、ぼんやりとした安心感を感じて、
一人じゃなくてよかったって、思ってることだろう。
ここまできたら、自分の来た道をあれこれ振り返るより、
今の状況を楽しんだもの勝ちって気もするしね。

ああ、幸せ、でも、、、幸せって長く続かないのよね。。
会社行きたくなーーい!

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2014/09/16(火) 10:28:07|
  2. 自分のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

あのとき

あのときのことは、まさにその時よりも、
後で思い出したときのほうが、胸がときめくのはなぜだろう。
思い出したときに、第三者的な視点が加わるからだろうか。

私は、ベッドの上で指を絡めるのが好きだ。

彼の身体の重みと長いキスで、息も絶え絶えになる。
堪らずもがくように両腕を伸ばすと、優しく両の手の指を絡めとられ、
そのまま強い力で押しつけられ、さらに身動きが取れなくなってしまう。
そんな瞬間がとても好きだ。

彼は長い、激しいキスが好きみたいだ。
おかげで私の口の周りは、よく、荒れている。

普段はなんとなく忘れて暮らしているけれど、
男女が男女でいる理由が、はっきりわかる瞬間。
この人は、私とは性別が違うオスなんだなと気づく。

女の体でいることって、生理とか出産とか、
痛かったり不快だったりすることとして認識することも多いが、
そんな私にも、男を誘惑する女の部分があるかのようで、
とてもいい気分になる。女でよかったと嬉しくなる。
彼が荒々しく抱きしめてくるとき、女冥利に尽きると思う。

見た目まんま草食君の彼だけど、
そんなときは、男だってことを強く意識してしまう。
もしかしたら彼のほうも、そうなのかもしれない。

そして私たちは、そんなときだけ、お互い「好き」と口走る。

テーマ:男と女 - ジャンル:恋愛

  1. 2014/09/13(土) 22:41:10|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

好きになるところ

一般的に言って美形かそうでないかは別として、
人それぞれ好きな顔ってあると思うけど、
こういうのは「面食い」というのだろうか。

私は彼のことはイケメンとは思わないけど、
好きな表情はある。その顔をずっと見ていたいと思う。
でも私が彼のその表情を好きなことは、彼には言わない。
ぎこちなくなって消えてしまうのがもったいなから。

案外人を好きか嫌いかなんてそういうちょっとしたとこだ。

例えば逆にちょっとした仕草が気になって、
なんだかイライラしてしまうというものある。
その人の何が悪いってわけでもないのに。

彼の見かけによらずすごく男っぽいところとか、
拗ねたり怒ったりせずおだやかなところとか、
考えれば好きなところはいっぱいあるけれど、
彼のちょっと口をすぼめて微笑むような、
あの表情を見たときに、私は反射的に、彼が好きだなって思う。

いくら表面を取り繕っても、モテ研究しても、いい男を見る目を養っても、
結局こういう個性というか素の部分を人は好きになるんだろう。
逆にどこを気に入って貰えるかとかは、自分でもどうしようもないんだけど、
自分の何かを強烈に「いい」と思ってくれる相手がどこかにいることは、
ほぼ間違いないことだろうと思う。

それを相性というのかどうかはわからないけど。

そして、その部分を愛でることができるのを嬉しく思うし、
逆に相手も私のどこかを愛しいと思ってくれているのなら、
それは恋愛関係としては最高だな、と思う。

テーマ:恋愛・出会い - ジャンル:恋愛

  1. 2014/09/11(木) 22:07:44|
  2. 婚活・出会い・結婚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

忘備録

私は基本的に忘れっぽいので、
彼がしてくれて嬉しかったことをちょっと書き留めておこう。

お酒を飲めない彼が少し飲んで、酔って、
ホテルの部屋で私を抱きしめ、
私に「可愛い、可愛い、大好き」と言ってくれたこと。

帰りにちょっとお茶しよう、と寄ったカフェで、
飲み物をカウンターで注文した後、
「払っとくから席取っといてよ」とちょっと上から言ってたこと。

考え考え、どうにか選んだ服を着て会いに行ったとき、
すぐ「その服可愛いね」と言ってくれること。
彼は服装に若干こだわりがある分(女のね)、こまめにコメントをくれる。
けなさないで、褒めてくれるだけだけど。

一緒に食事して、彼が注文したものがおいしかったとき、
「これうまい!ちょっと食べてみ」といって、味見させてくれること。
飲み物がなくなったら、「次何飲む?」って聞いてくれること。
焼かなきゃいけない肉などの料理は、いつも彼が焼いてくれること。

色々あるが、なんだか彼が優しいというより、
私の気が利かないだけなような気もしてくるが、
上記のようなことって、えっち友達というより、
まるで恋人同士みたいで、思い出すとちょっとにやにやしてしまう。

いつかこのブログを読んで、
懐かしく思う日が来るのだろうか。

でもとりあえずは、些細なことで私を喜ばせてくれる彼に、
私も忘れずにお礼をしないとだな。

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

  1. 2014/09/10(水) 22:07:11|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

komako

Author:komako
40代後半独身女性。
15歳年下君とお付き合い中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

恋愛、セックス (193)
美容・アンチエイジング (79)
自分のこと (67)
婚活・出会い・結婚 (43)
中年以降 (238)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR