FC2ブログ

40代からの愛、性、自分

40代女性である自分の心情について考えるブログです

人生ゲームの盤をひっくり返したい気分

人生のあがりって、どのへんのことを言うのだろう。
部長になったらとか、マイホーム建てたら、とか、
もうすることがなくなったらとか、色々あると思うんだけど、
ステージに分けて考えてみると、女の場合、
結婚したら、一応ひと段落ってのがあるんじゃなかろうか。
また言ってる、って感じだけど。

この人!って人を捕まえて結婚してしまえば、
第1ステージは終わり。双六はいったんあがり。
そこから先は、また違うゲームが始まるって感じ。
ま、その先のステージも色々厳しいものがあるとは思うけど、
子育て、介護を終えて自分の老後が見えたときに、
一般的には、第2ステージは終わるのかな?

私は双六を始めてわりと序盤で、正規ルートを外れてしまった感があるけど、
それはそれで、先が見えなくて面白いと言えば面白い。
うまくいかない問題が山積みで、それなりにやることはある。

ただ、なんとなくなんだけど結婚してないことによるというか、
パートナーを得ていないことからなのか、
ちゃんと第1ステージをこなしてこなかった、そんな気がする。
中途半端に、両ステージに手を出しちゃってるような。
ちゃんとやるべきことをやっていないような。

私のこの自信のなさは、色々理由があるんだろうけど、
一言で言うと、人と比べてしまっていること、これに尽きると思う。

これは意味がないと頭では分かっていて、
自分は自分、と浮上したりする作業をしているわけだけど、
ちゃんと考えないでぼんやり暮らしているといつの間にか、
自分はダメだなあという思いに囚われてしまって、
そのせいで、楽しくないし、うまくいくこともうまくいかなくなる。

40代の平均年収を見て落ち込み、家事能力の低さに落ち込み、
惣菜ばっかり買っては落ち込み…
何一つ平均点を取れていない自分に、落ち込む。
私じゃない母親だったら、子供ももっと幸せだったのにって思ってしまう。

それでもなんとか前向きに考えてやっていってるつもりだけど、
なんていうか、この駄目さ加減、手詰まり加減にうんざりしてきて、
それに加えて、いいさいの目が出なくって、
最近はなんだか、やる気でない気分。前からだけど。

この辺で一発ダイエットにでも成功して、
私ってできるじゃん!?って思えれば、変わってくるのかなあ~。

スポンサーサイト



テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

  1. 2014/11/26(水) 11:17:58|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

とりあえず物事を効率化

目の前に解決しなくちゃならない問題がそびえていると、
それはそれで、それ一色になっちゃって大変なんだけど、
ほかの小さな悩みのことがどうでもよくなったりする。

私は一時期とても貧乏をしていたのだが、
その時はお金のことばかり考えていたし、
独り身に戻った時なんかは、
元夫との別れが辛すぎて、たらればオンパレードで、
視野狭窄に陥っていたこともあった。

そう考えると、今はヒマで比較的恵まれてるような気はする。
だって自分の劣化とか、中年がやだとか、
くだらないことを考える余裕があるってことだから。

女の脳はマルチとは言うけれど、
確かに日々の生活に追われながら、つまんない悩みを、
悩むことのできてしまう状態に気づくこともあり、
それってすごく無駄だな、とも思う。
どうせなら、建設的な悩みを悩みたいものだ。

きっと今重病になったとしたら、
そのことと子供の将来と、お金などで頭がいっぱいになって、
今までできたことや、考えてたこともどうでもよくなるはず。
だから、ただ自分の年寄り具合を愚痴ってるだけじゃなくて、
思い悩むこと自体を解決する方向に持っていけたらいいな、と考えた。

歳をとるのは止められない。彼との関係もどうなるかわからない。
そういう分野で今自分にできることは、身体のメンテナンスと、
イライラしたりしないように、心を上向きに保つこと。
それの実現に必要なのは、、おそらく、時間。

という、風が吹けば~方式で導き出した、
私のまさに今やるべきこと!は、
家事を楽にするために、もう少し物を効率的な配置にする、ということ。
アホらしいと思われるかもしれないが、本人はいたって真剣。

で、思いつきで、いつもこれ邪魔だなと思っていたものを、
どっかに仕舞ってみたら、非常になんだかすっきりした。
確かにジャンル的にはあの引出しにしまうのが正解なんだけど、
この際、よく使うものと使わないもので引出しの中身をわけてみようか!

ああ、なんだか今年の年末大掃除は、
いつもよりちょっとだけ楽しめるかもしれない!

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2014/11/21(金) 16:24:55|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

恋は切ないもの

私のように既に家族というものを持ってる者にとっては、
恋愛関係というか、男女の関係というのも、
友人関係とあまり変わらないような気がする。
なくてもいいけど、あると人生が豊かになるものというか。

それと比較すると、家族っていうものはまた別格な気がする。
生活とか人生の基盤というか、なくてはならぬものみたいな。
勿論独身主義だって悪くないけど(私も独身だし)、
一般的に言って、自分の親も含めて、
家族と何らかのかかわりを持って生きている人が大半だと思う。

家族っていうと一緒に暮らしたり、男女なら子供を作ったり、
家計を一緒にしたり、お互いの問題を自分のこととして捉えたり、
色々あると思うが、よく言われるように運命共同体だ。

私は所謂片親家庭だけど、
もう夫婦そろった家族を築けるともあまり思わないし、
そう考えると真剣な付き合いって必要ないのかなと思ってしまう。
もちろん再婚家庭を否定するつもりはないし、
憧れなくもないけれど、必要不可欠とは思わない。

そう考えると恋愛って、若い時の生殖と社会活動を伴ったものと、
それ以外のもので、全然捉え方が違ってしまうものかもしれない。
お見合い結婚した人たちのほうが、恋愛結婚よりも離婚率は低いらしいし、
そう考えると、遊びみたいなものなのかもしれない。
だから恋に憧れたり、恋愛映画を見たりするのかも。

所詮遊び。そう考えると気分が楽にもなるけど、
なんかちょっとさびしい気分になるのは、なんでだろうね。

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

  1. 2014/11/17(月) 13:26:04|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恋愛なんか忘れてしまいたい

彼に最初に会ったとき、彼があまりにも普通で、
若くて、落ち着いてて自然な感じで、
なんか不思議な気がしたのを覚えている。
少なくとも私には、落ち着き払っているように見えた。

多分向こうも、こっちがオバサンだから、
若い子相手にするよりは緊張しなかったのだと思う。
それは私も同じだったかもしれない。
恋愛とか男女の関係になるなんてお互い思わないから、
気楽にいけたのが、かえってよかったのかもしれない。

なんだかんだいっても、私たちも長いよね?って言ったら、
そうだねーー、と彼は答えた。
私はいつも、彼のことを変わった人だなと思う。

相手が若いと、私のことを比較する対象に、
若い女性が入ってくるのかと思うと耐えられないし、
そもそも年下好きとかの嗜好はないし、
ほんとになんで、今彼と付き合ってるのかわからない。
おそらくこれを縁とかっていうのだろうけど。

ちょっと自己中でわがままで、仕事中心で、
全然無理をしない人で、他人のことは気にならない人。
かっこよくも悪くもなく、普通だけど変わってて、
お世辞がキライだけど、わりと素直な人。
Hのことしか考えてないようで、そうでもないような。

やっぱり縁なのかなあと思う。

きっと今、お互いに何かを満たしあっていて、
次へ進むときにはそれぞれ違う方向へ行くような気もする、
釣り合ってない私たちの、今だけの不思議な関係。

私はいつも、これから先どうなるのかが気になる。
女はそうやって、自分らの関係をいつも気にするって言うけど。
私にはもう、出産のタイムリミットもないし、
何にも気にすることはないはずなのにな。
彼の将来を案じているのだろうか、母親でもないのに。

美しい時期が、人生の序盤で訪れて、
それを失ってからのほうが長いなんて。
男とか女とか考えずに、生きていけたらいいのに。。

テーマ:年下の彼氏 - ジャンル:恋愛

  1. 2014/11/12(水) 02:38:56|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この先はいつもわからない

私は若いとき、歳をとるということを、
真剣に考えてこなかったように思う。

年取ったら、って遠い遠い先のことで、
浅はかな若い私は、自分が年老いていくことを考えず、
そのときだけの気分や考えで行動していた気がする。

恋愛に関しても、なんにも考えてない感じで、
好きって気持ちだけで男性を見て、自分の気持ちをぶつけ、
未来も、勿論結婚についても考えてなかったと思う。
恋愛とか結婚のことも、ちゃんと考えてなかったし。

当時の私からすると、こんな中年になって生きてる、
しかも独身で生きてる私なんて、想像の範囲外で、
今となってはそのときの自分の馬鹿さ加減にあきれるが、
でもやり直したらそれはそれで、変に物分りがよく、
つまらない恋愛をしてしまうかもしれない。

色々人生上手くいかないと思ってることもあるけど、
想定外のことがあってもそれはそれで面白いし、
恋愛も、自分の好みのタイプは一応あったにしても、
なんでこの人のこと好きになったんだろみたいな、
自分では制御できないところがあるのが、
もしかすると醍醐味なのかもしれない。

自分の人生もそうだけど、恋愛も家族も子供も、
若いときに想像してたのとはぜんぜん違って、
でもそれなりに、自分らしいような気もして、
これはこれでいいかと、ようやく、
自分の来た道を受け入れようと思っている。

これからも、自分がぼんやり考えているのとは、
違った老後が訪れるに違いないけど、
なんとなくの方向性さえあっていれば、
あとは楽しんでしまうしかない。

どんとこいや!!
(って言いたいけどやはり色々不安)

テーマ:より良く生きる! - ジャンル:ライフ

  1. 2014/11/10(月) 22:20:08|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

居心地がいい

人と知り合って、段々印象が変わるというか、
若干修正されていくことはよくあることだと思う。

家族や職場で、嫌でも付き合わなければいけない相手だと、
この人はこういう人なんだ、ってわかったうえで、
お互い上手くやっていくように振る舞うようにするとか。

恋愛も人付き合いには変わりないので、
最初のうちは、何でこんなこと言うんだろうとか、
冷たい態度だな、などと思ったりしたことが、
ああ、そういう人なんだ、ってわかってしまうと、
気にならなくなったり、適切な対処ができるようになったりする。

そうなってくると付き合いが楽になるというか、
変に気を遣ったり衝突したりもせず、普通に振る舞っても、
相手に嫌な思いをさせなくてすむようになる。

ちょっとしたメールのやり取りで、
そこには書かれていないけれど、彼の気持ちがわかることもある。
よく突っ込みを入れられるけど、それは否定ではなくて、
じゃれてるようなものだなってむしろボケることができる。

そういう関係に、私と彼がなれるとは思ってなかったので、
とてもうれしく思う。縁は異なものだ。
私は刺激的な関係より、こっちの方が好きだな。

私と彼はきっと今が一番いいときなのかも知れないと思う。
恋は3年とか4年でさめるっていうけど、
私の場合、老化っていうもっと大きな問題があるので、
そういうことはあまり気にしないようにして、
今を楽しんでおきたいと思う。

でも、いつまでたっても、
待ち合わせの時はちょっとどきどきする。何故だろう?

テーマ:年下の彼氏 - ジャンル:恋愛

  1. 2014/11/07(金) 15:57:51|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

頭のなかの甘々BOX

前にもどっかで書いたけど(最近はこんなんばっか)、
私はいませっかく若い子と付き合っているので、
彼のいいところや、してもらって嬉しかったことなどを、
探し出して、思い出してニヤニヤすることをほぼ日課にしている。

暫く会えないと、ほかにもセフレ作っちゃおうかな、
一人捕まったんだから二人目もいけんじゃないだろうかとか、
おぞましいことをちらっと考えたりしなくもないが、
まて、今の自分は相当恵まれているぞ?と思い直して、
前回会った時のことなどを、色々思い返してみる。

そうすると、結構嬉しいことってある。
ほんの些細なことだけど、なんか嬉しいことって。

ちょっと持っててね?と渡したバッグを、
ありがとう、と受け取ろうとしたとき、
いいよ持ってるよ、なんて言ってくれたときとか。
私の好きな物がメニューに載ってたりすると、
これ頼むんでしょ?とか言ってくれることとか。

この掘り起し作業は、とても幸せな気分になるし、
彼に関するちょっともやっとしたこととかも忘れられるし、
お金もかからないし、いいことずくめ。

彼は愛情表現が淡泊というか、もう普段のやりとりは、
むしろ親しい友人のように私をけなしたりもするし、
恋人っぽいとこなんてかけらもないようにも思えるんだけど、
よーく探せば、そういう甘いところが見つかる。

いつものそっけない事務連絡の返信のときに、
ま、メールなら許されるだろと思って、
ちょっと好き好きな感じを入れてみた。
そしたら、またその返信に、ちょっと優しい言葉があった。

これも、大事に心の中にしまっておこうと思っている。

テーマ:年下の彼氏 - ジャンル:恋愛

  1. 2014/11/06(木) 17:17:32|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

孤独回避作戦難航

将来を考えて、出会いあるなしは別として、
年齢の釣り合った人とも知り合う機会を持ってもいいんじゃないかと、
ちょっと前までは飲み会などに参加していたのだが、
最近はそういう活動もめっきり下火な日々。

そのときは打ち解けたような感じになっても、
その場限り、になってしまうことがほとんどだ。
まあ、中にはお友達になれた人もいるけどね!
短い時間で友人を作るっていうのは、難しい話なのかも。

何にしてもチャンネルは多い方がいいということで、
友人、家族、彼氏、顔も知らないSNSで知り合った人、
関わる人間は、面倒と思わなければ、色々いてもいいと思うし。

この先、何が不安ってやっぱり、老後のこと、そして老後に、
ひとりぼっちになるんじゃないかってとこだと思う。
今は会社に行ってるからいいけど、子供が巣立って親が死んだら、
私は毎日一人でどうするんだろう?って考えることもある。

一人の毎日が嫌なら、自分からコミュニティに参加するしかない。
だから今のうちから、色々つながりを持とうなんて思うのだけど、
すべてがうまくいくってものではない。
ダメだったら次!みたいな気持ちの切り替えと、
マメさは必要かもしれないな。

職場や趣味を通じて出会った友人と、リタイアしたのちも、
飲みに行ったり、どこかへ遊びにいったりできると、
楽しいんだろうなと思う。そういうシニアも身近にいるが、
傍から見てても、行動的で若々しいし。

でも、なんかあんまりうまくいかない!

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

  1. 2014/11/04(火) 16:49:28|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

komako

Author:komako
40代後半独身女性。
15歳年下君とお付き合い中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

恋愛、セックス (193)
美容・アンチエイジング (79)
自分のこと (67)
婚活・出会い・結婚 (43)
中年以降 (238)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR