FC2ブログ

40代からの愛、性、自分

40代女性である自分の心情について考えるブログです

種類豊富でいいのです

最近私の友人たちにも、それぞれ決まった人が出来たおかげで、
男性と同席する飲み会に誘われることもないし、
彼とのことで変なつっ込みをいただくこともなくなって、
かなり平和な生活を送っている、ような気がする。

もちろん、遊び人や犯罪者認定されたりしなくなっても、
年の差を忘れるということはないんだけどね。

恋愛ということでいうと、40代はある意味自由だ。

20代女子のような華やかさはないが、まだ女って感じだし、
家庭や介護や仕事などしがらみも多いが、
もう自分の生活というものが確立されているから、
結婚や出産や自分の仕事のこととか、
人生の大事な項目をこれからこなしていく若い女性より、
相手を選ぶ目もゆるやかになってるし、
正直、お互い好きなら何でもアリ感があるというか。

勿論、表立って言えることでもないような気もするから、
世間的には目立たないんだけど、
色々、あるんだなあ、この歳になってもって思う。
若い人たちには、わからんのかもしれない、というか、
そういうこと考えずにまっすぐいてほしいかも。

人間というのは、生存の戦略として多様さを武器にしているらしい。
体質、性格、趣味嗜好、確かにバラエティに富んでいる。
種の保存に関しても、その多様さが生かされているのだろう。
男性の女とかそっち方面の趣向は驚くほど多様だし。

おかげさまで、わたしみたいな生殖年齢を過ぎた女も、
まだ恋愛市場にかろうじていられるということだ。
この、むちゃくちゃさ加減は、人間らしさということ!

…自分を正当化する言い訳はいくらでも思いつくなあ~。

スポンサーサイト



テーマ:恋愛心理 - ジャンル:恋愛

  1. 2015/04/28(火) 16:40:44|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっと思ったこと 2

若い男子(最近はそうでもなくなって来たが)と、
不埒な関係を続けて3年目っていう感じなんだけど、
私の性欲(失礼)は衰えるどころか、
ますます?盛んになってきていて、
自分でもどうしたもんかと思っている。
本当に更年期と共に、欲求はなくなるのだろうか。

いわゆる三大欲求、食欲、睡眠欲、性欲を制御するのは、
人間にとっての大きな課題だ。

今時は特に、動物としての人間より、
思考が身体を制御する存在としての人間のほうが、
より現代生活を快適に生きられることを考えてみれば、
欲求をコントロールできるにこしたことはない。

社会生活は人間にあらゆる自制を求める。
休憩時間にトイレで排泄するとか、
決まった時間にカロリー計算されたものを食べるとか。

赤ん坊を育てていたとき、動物的欲求のかたまりで、
なんかちょっとびっくりしたのを覚えている。
お腹すいてすぐ寝て起きて泣いて、
排泄ばかりしている生き物であったときから、
長い時間をかけて人間は自らを教育していくわけだ。

だったら最初からそういう欲が少ない方が、
抑える努力も少なくて済むし、いいんじゃないかと思うし、
最近の若者には覇気がないとか言われて久しいが、
社会がずっと前からそういう人間を望んでるんだから、
当然の帰結じゃないかという気もしてくる。

おそらくそう遠くない将来、人は性欲によってではなく、
広告やプロパガンダによって結婚し、子供を作るのだろう。
今だってそうなのかもしれない。

美味しいもの、刺激的なAVが簡単に手に入る世の中、
またそれを求める心を抑えなきゃいけないなんて、
なんだか皮肉な話だね。

テーマ:恋愛マニュアル - ジャンル:恋愛

  1. 2015/04/25(土) 10:17:59|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっと思ったこと

よく言われている話だが、男は女のことを、
本命用と遊び用に使い分けることがあるという。

本命の彼女とは将来結婚を考えており、
大事にしすぎて手を出せないこともあるが、
それとは逆に遊び用の女は気軽に楽しめればよく、
身体の関係がむしろメイン。
将来のことなどは、全く考えていない。

本命用はちゃんとした人間として見ているけど、
遊び用のことは見下しているか、
単なるメスとしてしか見ていない。

だから、ちゃんと気を付けて誠実な男性を選びましょうと、
女向けのサイトや恋愛本などには書いてあるわけだ。

この定義で行くと、結婚前提以外の付き合いは、
ほとんど遊びの関係だし、私の今の関係もそうだ。
そして、私は見下すべき遊び用女ってことになる。

こういうの、若い男女には当てはまるかもしれないけど、
私くらいの年齢になると、なんかどうでもいいというか、
言い方は悪いけど自分さえよければいいというか、
あまり気にすることはないんだと思う。
ただ、世間体はちょっと悪いけど。

もう、商品価値としての女の時期は終わった。
だからフェミっぽい言い回しで言えば、
客体でなく主体としての自分で判断すればいいわけだ。
男性に求められるか、遊ばれるかじゃなくて、
自分がどうしたいか、どういう関係を望んでいるか、
そこで決めてしまえば、そう卑屈にならないで済む。

そう考えると、今の状況は別に、
他人にどうこういわれるもんでもないし!って思える。

テーマ:恋愛マニュアル - ジャンル:恋愛

  1. 2015/04/24(金) 10:17:35|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

これから先の話

50代になって、自分の人生をもう一度生きたいと、
熟年離婚する夫婦の話や、
だれかと家族になりたいと再婚する話などは、
婦人公論なんかでよく見かける。
やっぱりどういう選択をしてきたにしろ、
やり残したことってあるものなのだろう。

私は50過ぎてから結婚したいとかは思わないけど、
ずっと連れ添っている仲のいい夫婦には憧れる。
でもみんながみんな結婚した人は幸せだとか、
そういう幻想を抱く歳でもない。

50過ぎたらわからないけど、今はとりあえず、
独身を楽しむことにしている。
うじうじしたって、結婚相手が見つかるわけでもないしね。

今享受している独身のメリットは、
何といっても自由であることだろう。
私の場合子供がいるので、完全に自由ではないが、
でも子供が成長した今は、かなり自由度が上がっている。
そしてそれを、とても楽しんでいる。

それから、お金の管理を全部自分でできること。
何をどう使おうと、私の勝手!にできる。
いいか悪いかは別として。
あとは、気軽に男性と食事したりできることかな。

これらメリットは、50、60になっても、
ずっとメリットであり続けるのか、その辺はわからない。
子供がいるのといないのでも違うだろう。
でもどんな状態にもきっとメリットとデメリットはあるわけで、
いい部分を楽しんでおくのが得策だ。

考えると同時に行動。
これがこれからの私のモットーだ!

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

  1. 2015/04/22(水) 09:51:14|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

年の功も悪くない

あれこれ愚痴ばっかり書いているけれど、
もちろん、年をとるということも悪いことばっかりではない。

しょっちゅう書いてる自分の外見にしたって、
気にし始めたのは考えてみれば今に始まったことではなく、
若いときだって自分の容姿に自信はなかったし。

肉体的衰え以外のところでは、
若いころより色々な面で余裕があるのかもしれない。
気の持ちようなどもそうだけど、昔私は、
何かにすぐ傷ついて落ち込んだりしていたけども、
今はその辺が大分気にならなくなっている。

また、人生良いときもあれば悪いときもあるって、
長い経験から実感することができるので
人と比べて落ち込んだり、も少なくなった。
若い人の可能性は、ちょっとうらやましいけどね!

老眼や白髪や、めんどくさいことはあるけれど、
イライラすることが減ったような気もするし、
やっぱり年をとって丸くなったところもあるかもしれない。

この先もっと年取っていったら、
生きてるだけでありがたいと、心の底から思えるのかもしれない。
そんな風に、年をとっていきたいと思う。

テーマ:よく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2015/04/20(月) 17:15:12|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

永遠の課題

いい加減もう自分には根性も精神力もないし、
ストイックな生活を送れない人間とわかるので、
なにかもうちょっと行動心理学的アプローチというか、
自分をマーケティングして自分で売り込むというか、
そういうちょっと今更感のある対策でもって、
生活習慣等の改善に取り組んでいる。

ま、もっと自分ってやればできると思ってたんだけどね。
やらない人間なんだよね。もう仕方ない。。

で、ダイエット。

ダイエットがうまくいくときってきっと、
目に見えて自分の体形が変わってきて、
今まで買えなかったショップの服が買えるようになるとか、
綺麗だねって言われるようになったとか、
目に見えたりはっきりと自覚できる、気分の高揚が、
ダイエットに関するストレスを上回った場合だろう。

そういう状況に、いかに自分を持っていくか。

おなかをいっぱいにしたい私は、
満腹の概念を変えなきゃとは思うし、
あまりにも空腹に対する耐性がないのも、
なんとかしないといけないが、
とりあえずは、何らかの効果が出るまでの間、
中年でなかなか痩せない状態の私に、
いかに空腹を我慢させるか。
自分で言うのもなんだけど、結構難題なのだ。

質でいくか量でいくか。
思い切ってお金を使うか。
うーん、悩むなあ。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2015/04/16(木) 16:27:17|
  2. 自分のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

意識的に習慣化

最近は、若い彼と会う場合はもっぱら平日で、
しかも彼の職場の近くまで出向き、
食事してホテル行ってすぐ帰るみたいな最短コースで、
さすがにそれってどうなの?的な思いも、しないこともない。

しかしこの間会ったときに、ふたりでまったりしながら、
たわいもない会話をしていたのだが、
彼は疲れて半分寝ぼけながら会話をしていた。

で、私と会話してるのにもかかわらず、寝ぼけてるせいで、
仕事のことと思わしき内容がちらちら混じってきていて、
私は、ああ、この人仕事でいっぱいいっぱいなんだなと、
それなのに私と毎週のように会ってくれてるんだなと、
ありがたい気持ちになった。ありがたやありがたや。

よく男性はシングルタスクだとかいうね。
私もどう考えても間に合いそうにもない納期のこととか考えると、
家にいても暗くなったりすることはあるが、
基本的に仕事は仕事、家は家で割り切るようにしている。
それは単に時間がないせいだけど。

正直、どっちもうまくいっているとは言えない状況だが、
それに対して、あまり深く考えないことで対処するのに慣れてきて、
最近は何にもこれといって気がかりなことがないんじゃないかと、
勘違いするレベルまで到達してしまった気がする。

慣れというのは恐ろしいとはよく言うが、
人間は慣れる生き物なんだな、どんな状況にも。

200日毎日同じ行動をすると、それは習慣化されるらしい。
ってことは家事とか面倒なことは毎日やって、
デートとかテレビとかおやつとか、
楽しいことは週に何日かにしておけば、
嫌なことには慣れるし、楽しいことはいつまでも楽しいのかもしれない!

これは、ちょっとやってみる価値はあるんじゃないかと思うけど。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2015/04/15(水) 14:51:33|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昔でいうカウチポテトしました

週末久しぶりにおやつと飲み物を買い込んで、
夜も早い時間から、好きな海外テレビドラマを見た。

なんだかんだで週末用事があることも多いし、
私は基本的に怠け者なので、
結局だらだらしちゃって夜遅くまで片づけをしたり、
あれこれやる羽目に陥ることが多い。

でもその時は何故か朝から次々に用事を済ますことができて、
19時半にはご飯もお風呂も終わっているという素晴らしさで、
久々に私の心がときめいたというか、
ものすごく、うれしくてわくわくする気分になれた。

あれとこれが終わったら、ビール飲みながら、
前から見たかったあの番組を見よう。
そんな些細な楽しみでも、考えているとき、
叶ったときはすごく嬉しい。

そういう嬉しい気持ちを毎日積み重ねたいものだと、
今からプランを練ろうかというほど、
私には驚きの気分の高揚であった。

考えてみれば、おやつはいつも我慢していて、
それでも食べてしまって罪悪感にさいなまれるが、
食べるときは予定を組んで楽しみにしてしまえば、
出来ない我慢をして落ち込むよりは、
よっぽど健康的だと思う。言い訳かもしれないけど。

私はダイエットを決意すると、ストレスを感じて、
それだけで余計に太ったりする、
どうしようもないヘタレメンタルの持ち主だが、
なんかちょっとそういうダイエットとか、
家事とか用事とかそういうつまらないことを、
楽しくするための工夫が、ちょっとわかった気がした。

また、何か楽しい予定を立てるぞ!!

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

  1. 2015/04/14(火) 17:11:56|
  2. 自分のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

塞翁が馬

あれこれ愚痴ばっかり書いているけれど、
もちろん、年をとるということも悪いことばっかりではない。

しょっちゅう書いてる自分の外見にしたって、
気にし始めたのは考えてみれば今に始まったことではなく、
もっと若くて、今の私からすれば輝いていた頃、
その頃だって、街中へ行くとすぐ帰りたくなるものだった。

そういう意味で一番まわりを気にしないでいたのは、
30代のころだったように思う。
おそらく子育て真っ最中で、街歩く人のことなんか、
見てるヒマがなかったからだろう。
要は、今は心に余裕があるわけだ。

小町を読んでいると、たまに50代60代の方からの回答があって、
人生いいことばっかりある人はいないし、
逆に悪いことばっかりの人もいない、大抵そう、みたいな、
豊富な経験からの感想が書いてあったりすると、
かなり安心するというか、そうだよねって思える。

40くらいまではうまくいってる人とそうでない人の、
差というものがはっきりしている感じだけど、
この先もそうかというと、そうとも限らない。
そりゃ順風満帆に幸せな人生を全うする人もいるだろうけど、
50代以降は病気があったり、介護もあったり、
色々な難しい問題が、この先起こる確率が高くなるわけだし、
その辺で帳尻があってくるってことなんだろう。

今私は自分なりに、うまくいかない自分の人生を、
喜んでというわけではないにしても受け入れている。
だからきっと、この先も大丈夫だと思える。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

  1. 2015/04/13(月) 17:01:52|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

外見の問題じゃない気もするけどね

男性のどこのパーツが好き?という質問では、
手、と答える女性は多い。
どういう手かは人それぞれの好みによるみたいだけど。

一番人気は、これは私の勝手な妄想だけど、
大きくて指が細くて長くて、骨ばって血管出てるような、
繊細だけどちょっとゴツゴツした男っぽい手なんじゃないかなあ。

私自身は特段、~フェチってのはない方だと思う。
不潔を除けば、あんまり外見も気にならない方かも。
それは、自分自身の外見への自信のなさの、
裏返しなのかなとも思うけど、
そのせいか逆に、人の身体の部分をあげつらって、
あれこれ言ってくる人は嫌だな。

今の若い子たちは、ネットでそういう、
女の外見についてあれこれ書いたものを、
いくらでも読めてしまうから、なんかかわいそうだ。

ただでさえ、自意識過剰というか、
コンプレックスを持ちやすい若い頃などに、
変な書き込みとか読んじゃって悩むとか、
そういう思いをしてる子はいっぱいいるだろうなと思う。

私だって人のことは言えないけど、
気になるところは健康とお金に支障のない範囲で配慮すれば、
あとはもう、堂々としてていいのにね。

私も、もういい加減あほらしいことを考えて、
卑屈になるのを、やめたいと思っている。
はー、でもどうすれば?

テーマ:独り言 - ジャンル:その他

  1. 2015/04/10(金) 16:48:26|
  2. 美容・アンチエイジング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白髪はなぜか元気

白髪が気になるお年頃なので、
セルフケアも何とかしなくてはということで、
トリートメントで徐々に染まる、みたいな、
カラーリング剤を買おうと思って、今探している。

この手のものは昔からあって、
大して染まらないわりに、あちこち汚くなって、
めんどくさくなって使わなくなっていたものだが、
最近はちょっと進化したに違いないと信じている。

一時期そういうの使って美容室でカラー入れると、
髪が緑になるってのもあったし、
実際美容師さんに聞いてみると、
バーブ系の毛染めを使うと、美容室のカラー剤では
染まりにくくなるという話も聞いた。
ヘアマニキュアもそうだと聞く。
だからケミカルなものを使うしかないんだろう。

髪全体は美容室で染めるとして、
あっという間に目立ってくる生え際は、
いったいどうしたらよいのであろうか。

お出かけ前にさっとぬる、ってやつあるけど、
あれは手でさわっても大丈夫なものなんだろうか。
たまーに塗ると靴墨みたいに、
真っ黒なんだけど全然つやがないみたいな、
そんなのもあるし、なんとなく使う気になれない。
ただでさえつやのない髪でうんざりしてるっていうのに。

毎月リタッチに行くのも金銭的に大変だしなあ~。
大人って、お金かかるのね…。

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2015/04/09(木) 16:47:08|
  2. 美容・アンチエイジング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

LOVE LOVE LOVE

若い彼との付き合いも、なんだかんだいって、
それなりに続いている。予想外に。

いつだって別れる覚悟はしてたのに。
こういうのは、反則だ。勝手だけど、そう思う。

普通のセフレ関係って、どういうものなのか、
私にはわからない。
愛情のない、セフレ関係の女でも、
好きって言ったら、好きって言って返してくれるもの?
仕事が忙しいといいつつ、
少しでも空いてるときは会ったりしてくれるもの?

急に寂しくなった時、いつもはメールは必要最低限の私も、
会いたいなとか、今度会ったらくっついていい?とか、
年齢考えたら寒いメールをたまに送ったりするんだけど、
それにも優しく応えてくれる。

私はきっと、彼を好きになっていると思う。
セフレって割り切れない気持ちを持っているかもしれない。
セックスすると、気持ちも持っていかれてしまうって言うけど、
私もそうなのかもしれない。わからない。

だって彼は長い長いキスをしてくれる。
それがたとえ彼にとって前戯の位置づけであっても、
その行為に応えている私は、そうではない気がする。

彼は、私の人生で前夫の次に、
2番目に付き合った人。好きになった人だ。
男の見る目がないと言われることもあるけど、
いいんだ、別に。気にしない!

バカでいれるうちはバカでいたい。
あのときなんてバカだったんだろうと、
自分を笑って泣いたっていい。

今日の気分、、なだけかも知れないけど、
好き好き好き。
でも、彼には言えない。

テーマ:年の差恋愛・年の差カップル - ジャンル:恋愛

  1. 2015/04/07(火) 21:57:03|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

女でよかったわ!コンチクショー

またまたネットサーフィンをしていて、
男女の差、見たいな記事を読んでいたら、
人を愛するっていうのは女しかできなくて、
「他人を“愛する”ことは女性特有のものであり、
男性は本来持ち得ない」んだって。

これに関しては個人差もあるしなんとも言えないが、
子供を産む性とそうでない性ということを考えると、
そういうこともあるのかもしれない。

では何故男は女を求めるのかというと、
その記事によればお決まりの性欲ってことなんだそうで、
こっちとしては「ですよねーー」としか、
言いようのない結論というか…。

若かったりとか、女を感じさせる容姿なら、
誰でもいいんだよね、ああそうですか、みたいな、
脱力する気持ちもあるにはあるけど、
まてよ?ってことは逆に考えれば、
性欲さえ掻き立てればなんとかなるのか?って、
前向きに考えられないこともない。。かな?

だって私は結婚相手としてはダメダメだけど、
そっち方面ならもしかしたら、
努力すれば…って希望があるように思える。
あれ?自信過剰だな!はははは

私は男じゃないからわからないけど、
女は打算的だというけど、男のほうがむしろ、
肉体的つながりと、「妻」としての社会的つながりを、
明確に区別してるような気もする。
典型的ダメな優男と結婚した私は、
この辺のことは永久にわからないかもしれない。

まあ、それならそれで、妻としての点数は低くても、
エッチ相手としてまあまあのスコアをあげれば、
そう悲観することもないわけだ。
(変な理屈だけどね)

いいの、日陰の女で
貴方のためならなんでもするわーー♪
正直、そこまでは達観してないけど、
演歌の心もちょっとだけわかるようになってきた。

もし、愛する心が女にしかないのなら、
私は女でよかったって思うもんね!!

テーマ:愛のかたち - ジャンル:恋愛

  1. 2015/04/06(月) 21:50:09|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さえない髪型

先日美容院へ行ってきた。
白髪がだいぶん増えてきていて、
カラーの頻度をあげなきゃいけないかと思うと、
頭と財布が痛い…。

どうしようかなと思いつつ、
髪の長さはあまり変えなかった。
そろそろロングヘアもどうなのかと、
自分では思ってきているけど、
手っ取り早く女らしくなれる気がするし、
若い彼君はロングヘア好きって言うし、
もうちょっとこのままでいようかと思う。

私の髪は癖があるので、へたって細くはなってきても、
ボワーーと広がっているため、自分では、
髪の薄さをごまかせていると思い込んでいたが、
この間エレベーターを待っていたら、上方にミラーがあり、
そこへ私の頭頂部の地肌が映りこんでいたときは、
さすがにショックで、思わず頭を手で押さえ、
帰ってからレディースかつらの検索をしてしまった。

頭頂部は自分ではいつも見てないから、
確かに盲点なんだよなあ~。
薄いし白髪は交じってるし、背の高い人からは見られるし。
でも帽子をかぶるってわけにもいかず…。

とりあえずは後ろのほうの髪の毛を、
無理やり前に持ってきて切って、
妙に分厚い前髪を作ることで、なんとなくだけど、
ごまかした気分になることにした。

せっかく美容室で切ったのに!キイイイイイ

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2015/04/05(日) 11:00:32|
  2. 美容・アンチエイジング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

好きな人が好き

前回書いたことに関係するけれど、
今は年下君とお付き合いしてるので、
今は年下君のいいところを満喫しているけれど、
もともと年下好きというわけではないので、
きっと年上さんとお付き合いしていたら、
年上さんのいいところが見えていたんだろうなと思う。

色白さんに関しても特に好きってわけでもないので、
好きな人がたまたま色白だったので、
その良さが分かっただけというか。

こういうの、私にはよくある。

だから、友達との話の流れで、
どういう人がタイプ?なんて聞かれたりするけれど、
一応は答えてみるものの、
好きになった人は全然違うなあ、なんて思ったりする。

旅行もそんな感じで、なんとなく行った場所を、
とても好きになってリピート旅行したり、
案外そんなもんじゃないだろうか。

多分こういうのを縁とかいうんだろう。
私と彼とは、たまたま縁があっただけ。
多分、年上好きとか性格が合うとか、
そういうのも関係なく、たまたまなだけだと思う。

こういうのがあるから、人生は面白いよね。

テーマ:恋愛・出会い - ジャンル:恋愛

  1. 2015/04/04(土) 16:40:05|
  2. 婚活・出会い・結婚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ないものに惹かれてるのかしら

これらが眩しく見えて仕方のない私は、
感性が老化してきているのだろうか。
とくにフレッシャーズの女の子たちが、
みんなとても可愛く見えて仕方ない!

私が男だったら、若ければ何でも可愛いとか言って、
若い子のおしりを追いかけ回している、
痛いおじさんになっていたに違いない。

それはともかく、何故私がかのように、
新しく、若く、みたいなものに惹かれるのかと考えてみれば、
それは生命力に惹かれているからなのかもしれない。
これから花咲く、そして今花咲いている存在は、
まさに生命というものを感じさせる、気がする。

若いころはむしろ、私だけかもしれないけど、
不健康で破滅的なものに惹かれたりしてた気がする。
ヤク中のロッカーしかり、夜遊びしかり。
今だってそういうのは嫌いじゃないし好きだけど、
自分自身が老いていくにしたがって、
生命というものに執着していってるようだ。

そんなわけで私は、彼の白い綺麗な横顔、
つやのある黒い髪をしげしげと眺め、
癒されているというわけなのだ。
もちろん、好きなのはそこじゃないんだけど。

じゃもしかして彼は若いから、私に対しては、
紅葉とか落葉とかの哀愁とか、
諸行無常とかわびさびを感じているのか…?
それはちょっと複雑な気分だ。

テーマ:年の差恋愛・年の差カップル - ジャンル:恋愛

  1. 2015/04/03(金) 15:57:47|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

来年になったら…

40代後半から更年期というものが来たら、
そのときになったらもう、健康第一で、
恋愛とかなんとかはどうでもよくなるみたいな、
そんなイメージがあるのだが実際はどうなのだろうか。

横森理香が40代女性向けのエッセイを何冊か出してるけど、
前半はいいけど後半は性欲も衰える、
まわりに聞いてもそういう女性が多いって書いている。
(立ち読みしかしてないんだけどね)
別に、鵜呑みにするつもりはないけど、
そういうもんなんだなって思ったりはする。

私も、そんな気がなくなったら、
今みたいな生活ともおさらばというか、
また美味しいものとテレビドラマで、
それなりに毎日幸せな生活を送るようになるんだろうか。

それが嫌だということは全然ないし、
男性に愛されたいという気持ちがこの先、
60になっても70になっても消えない方がむしろ恐怖だが、
やっぱり一抹の寂しさはある。

何を考えても考えなくても老化は進むから、
普段の私は今現在を楽しむことにしている。
もう肝が据わったのかもしれないけど、
彼のことを考えても、苦しさはほとんどなく、
会っても穏やかな楽しさ、嬉しさでいっぱいになれる。

この気持ちも、いつかは変化するんだな。
葉の色が黄色くなるように、急激に?
そう思うと、一瞬一瞬が愛しい。

テーマ:大人の恋愛 - ジャンル:恋愛

  1. 2015/04/02(木) 16:08:14|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

無防備ではいられない


最近老眼が進んできて、
ちょっと暗いところでは小さい文字が見えにくい。
若いつもりでいても、こういうところに、
ちゃんと老化現象はあらわれてくるんだよね。

私は年齢を偽っているわけではないから、
彼といるときに見えないって言ってもいいんだけど、
でも、言えない。私だけおばあちゃんだって現実を、
わざわざ突きつける気にもならなくて。

白髪もものすごい勢いで増えていて、
3ヵ月に1回のカラーリングじゃ間に合わない。
ほんとうにだんだんメンテが大変になっていくなあ。
寝起きですっぴんが一番かわいいとかで、
「寝起き女子」なんて写真集も出てるけど、
さすがにそれは20代までだろうな。

そういえば寝顔って不思議で、寝起きについて思うとき、
いとこのお兄ちゃん(今はおじさん)が、
兄弟全然起きてる時の顔は違うのに、
寝てると区別がつかなくなって、
どっちの兄ちゃん!?って思ったことをいつも思い出すのだが、
そんな、不思議としかいいようのないとこがある。

大人になっても、
寝顔だけは子供のころからかわらないとかいうし、
子供のころの面影を強く残してる表情が、
寝顔なのかもしれない。
仮面をすっかりとった顔なのかもしれない。

そんなノスタルジックな想像をしてしまう寝顔って言葉だけど、
実際の私は口をあけてたり白目をむいたりしてて、
100年の恋も醒めちゃうかもしれないけどね!

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2015/04/01(水) 16:07:05|
  2. 美容・アンチエイジング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

komako

Author:komako
40代後半独身女性。
15歳年下君とお付き合い中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

恋愛、セックス (193)
美容・アンチエイジング (79)
自分のこと (67)
婚活・出会い・結婚 (43)
中年以降 (238)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR