FC2ブログ

40代からの愛、性、自分

40代女性である自分の心情について考えるブログです

あまのじゃくなだけかも

美魔女は痛い、年相応が美しいと、
ネットの記事や掲示板なんかに書いてある。
私もその通りと思うことは思う。

ただ、よく読んでみると、20代後半のまだ若い娘が、
痛いと思われたくないので…とか、
結婚したから服装変えないととか書き込んでて、
自分への戒めみたいに受け止めているのを見ると、
色々たいへんだなー、なんて思ってしまう。

今時の若い人たちの間の同調圧力は、
私なんかのときと比べ物にならないくらい強く、
そのせいで制服を廃止したくてもできないとか、
そういう話は聞いたことがある。
実際、親をやってても、今の子たちはお利口さんで、
きちんとしてることを求められすぎてないか?とも思うし。

就活中の若者の服装が象徴かもしれない。
みんな真っ黒で同じ格好。制服みたい。
確かにみんなから浮くのは怖いし、
できればおしゃれな人でいたいんだけど、
でも、そこまで気を使うことなんだろうか。服装とかって。

私はアラフィフなので、もうそういうのから自由になりつつあるが、
厚化粧はいけない、白髪染めも真っ黒も明るい茶もだめ、
上質なものを着ないといけない、みたいな、
架空の「世間の声」に、耳を傾けはするがうるさいなーと思う。
自分のことだけ考えればよくない?というか、
なんでそこまで言われなきゃなんないのというか。

かくいう私はデートのときは明らかに若作りだ。
これは、どちらかというと彼の希望。
前は、すれ違った他人にあれこれ言われてんだろうなと、
うじうじ思ったこともあったけれど、
最近はなんかどうでもよくなった。
ふてぶてしくなってきたのかしら?

サッカー日本代表の応援にユニフォーム着て街に出てもいいし、
ハロウィンの仮装したっていいし、
カラコンだってつけまつげだっていいじゃないか。
コスプレ大国日本の住民は若いカワイイ人たちだけじゃない。
そもそも、そんな風に「年相応」を強制されるのを、
誰も望んじゃいないように思えるし。

なんだか余計に年甲斐もない服を着たくなったので、
週末はかわいすぎるワンピースで出かけようっと。

スポンサーサイト



テーマ:レディースファッション - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2015/08/28(金) 16:24:19|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前途洋々ってことで

今更ながら思うが、20年前の私は、
自分がこんな生活をしてるとは思いつきもしなかったはずだ。

成功している人の書いた本などを読むと、
人生ほぼ予定通りって人と、
なんだかんだでこんなことに!って人に分かれるが、
そもそも前者はそういう安定した生活が好きだし、
後者はわくわくが好きなタイプってだけで、
どのみち自分の思い通りにいってるんじゃないかと思う。

私は前者だと思っていたけどどうやら後者で、
どこか刺激を求める自分がいる。
安定も好きだけど、きっと全く刺激がないと、
その大好きな安定を壊してまで刺激を求めるかもしれない。

それはなにも幸せを壊すってことだけじゃなくて、
例えば家庭も仕事もうまくいってたりしたら、
突然夢を追い始めるとか、山奥へ引っ込むとか、
なんかそういうことをしてそうな気がするのだ。

って考えると、今の生活はそんなに悪くない。
そうやっていつも私は自分を肯定しにかかる。
それがいいことなのかわからないけど、
この先の人生を楽しむためにも、
ある程度の自己満足はどうしても必要だ。

こうしてシングルマザーで若い彼ありという、
ちょっと珍しい立場に自分を置けているし、
すごく自分に甘い私のために、
容赦ない批判をしてくる女たちも周りにいるし、
人生を楽しむための舞台は整っているというものだ。

彼とのことも、仕事も、先行きは全く見えない。
でもそれを楽しむくらいの余裕があるということは、
私も大人だなーとかちょっとうぬぼれてみる。

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

  1. 2015/08/24(月) 17:12:29|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

有終の美の捉えかた

また一つの季節が終わろうとしていて、
なんて月日が経つのが早いんだろうと思う。
最近はいつものことだけど。

うっかりしてるとこの調子でいつまでも、
生活が続いていくような気がしてしまうが、
うつろう季節とともに時は流れて、
私も確実に年をとっていく。

人生って一つのストーリーみたいに捉えられがちで、
しかも時系列というか時の流れに従って、
自分の人生を捉えると、
晩年寂しかったり病気で苦しんだりすると、
アンハッピーなエンディングな気がして、
この人生そのものが救いようのないもののない、
そんなような気がしてしまう。

でも長い人生、死ぬ時くらいは誰でも苦しいのだろうし、
だからといってすべての人生無駄ってわけでもないし、
わりと楽しくやってきた時間のほうが、
トータルとしては長いのだから、
順番はあまり考えずに過ごしていこうと思ったりする。
寝る前に必ずトイレに行くからといって、
トイレに行くための1日だったってわけでないのと一緒だ。

恋愛もそんな感じのものだと思う。
いつか別れが来て、仮にそのとき手酷く傷つけられても、
それまでの出来事が全部嘘だったわけでもないし、
心変わりをするために付き合ってたわけじゃないし、
もう、必要以上に怖がるのはやめよう。

近い将来、彼に衰えた自分を見せないように、
(もう結構衰えてるともいえるが)
そっと立ち去っていく私…なんて想像してたけど、
衰え、崩れ、寵愛を失っても、
淡々と受け入れてまた日々を過ごしていく、
そんなのも悪くないと、最近は思えてきた。

ぐるぐる同じことばかり考えているような気もするが、
心は少しずつ、老いを受け入れているのかもしれない。

テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

  1. 2015/08/20(木) 10:02:50|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Merry Memory Go Round

遊園地や夏祭りは、楽しいけど物悲しい。
この感覚は物心ついたときからずっと変わらない。
多分、多くの人がそう思ってるんだろう、と、
勝手に私は思っている。

一瞬にして終わる花火、すぐ溶けてしまうカキ氷、
きらびやかで何故か郷愁をそそる回転木馬、
私は未だにそんなものが大好きだ。

私は私の人生を振り返るとき、いつものことだが、
何もしてこなかったことを悔いる。
自分の人生で、これをやった!というものがない。
子育てもしたし、仕事もしたけど、
到底褒められるような出来でもないのがわかっている。

私の人生で輝いていることがあるとしたら、
それは花火やメリーゴーランドのイルミネーションのような、
儚い、刹那なひとときだった気もする。
親や子供や友達、男達に言ってもらった、
嬉しい言葉もいくつかある。
でも私は何をしただろうか。

そんな風に思いながらも私はまた、
一瞬の煌きを求めて光へ吸い込まれていく。
まるで羽虫みたい。これは習性なのか?

メリーゴーランドみたいな、何も生まない、
一瞬回って輝いてすぐ終わってしまうひとときのために、
私は働いてお金を稼いで、またその木馬に乗る、
そんな人生を歩んできたような気がして、
なせこんなことになったのだろうと考える。

走馬灯とはよく言ったものだ。
人生ってこんな感じなんだろうなと思いつつ、
同時にせめてもう少し何かしなきゃとあがきつつ、
それでも、あともう一回だけ、と木馬に乗る。
乗ったまま、このまま死んでしまえればいいのにと、
いつも一瞬考える。

おなじみの夏の終わり。

回転木馬と僕と猫


テーマ:生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2015/08/13(木) 12:09:03|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気合で乗り切れ

ちょっと痩せたかもなんて喜んだのもつかの間、
また体重が元に戻りつつあるダメな私。
私の場合は、体を動かすのがおっくうというより、
飲み食いしたい衝動を抑えるのが難しい感じ。
要は、食欲を制御できてないわけで…。

あんまり悲壮感漂わせても仕方ないので、
ゆるーくやっていくつもりではあるが、
大人になると人との付き合いにどうしても、
飲み食いがともないがちになるわけなので、
メリハリが大事だな~と思っている。

毎日何キロカロリー、みたいなカロリー制限は、
守れる日もあるけど守れない日も多いので、
週単位で何キロカロリー、で考えてみようかと思う。
飲んじゃった翌日は控えるって感じで。

長年培っちゃった習慣を変えるのは、
結構大変だな~と思いつつ、それしかないので、
ぼちぼちやっていこうかと思っている。
幸いこの歳になると、時が経つのが早いしね!

あちこちに蝉の亡骸が落っこちていて、
切ない気分になったりする、夏の終わり。
私もまた変わらないつもりでも年をとっていく。
50過ぎの方たちから、今が一番いいときよと言われ、
自分でもそうなのかもと思いつつ、
じゃあ、これから先は?と、考えてしまう。

蝉のようにぽとっと落っこちて終わればいいけど、
この先の人生も、また長いのだ。

なんにしろ、これから先何があろうとも、
失っちゃいけないのは気力と体力。
諦めたら試合終了だ!と思って、
最初500gで、のちに1.5kgに増やしたダンベルを、
さらに3kgに増やして、どうだ!と自慢していたら、
周りからアンタ何目指してんの??と言われた。

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2015/08/12(水) 17:25:11|
  2. 美容・アンチエイジング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お疲れモード

今さらだけど若い男子とお付き合いするのは、
何も私でなくても、普通の女にとっても、
なかなか大変なものだと思う。

どう考えても取れてない釣り合いをとろうとする気持ち、
道行くカップルと比較して申し訳なくなる気持ち、
そういうのをデートのたびに味わうというのは、
これはこれで結構疲れるというか…。

たとえて言うなら、自分の生活レベルよりも、
ずっと上の人たちの集まりに紛れ込んでしまったような、
そんな場違いな、居心地の悪い感覚。
私は未だに、そういう気持ちから逃れていない。
本来だったら同じような年齢の方と、
和気あいあいとやってるような年なのに。

ただその反面、贅沢も味わっている。
今時っぽい服を着た男の子と、一緒にカフェに入って、
話したりできるんだから、これはありがたい。
ちょっと自分のことを棚に上げてしまえば、
とても楽しいひとときが過ごせる。

もちろん私もどんくさい女なので、
彼をイライラさせることもあるし、
私は私で彼のストレートな物言いに、
がっくりきたりするようなことはある。
この辺は、年齢差があるといっても男と女って感じ。

私はこのような状態を続けてきていて、
彼といることのメリットのほうが微妙に重く、
ゆっくりと天秤を「継続」に傾けていたが、
なんとなくだけど、ここ最近、天秤が揺れるのがわかる。
おそらく私が疲れてきたからなんだろうけど。
もう電車の窓に映る自分の顔を見ては、
あ゛---もうやだと言いたくなって、
待ち合わせ場所に行くのがおっくうだもん。

夏の暑さは若くない女には厳しい!
きっとしたことない夏バテしてんだわ、と思いたいけど、
いよいよもう限界なのか!?
…だったらだったで、もうあと残り少ない夏、
ぱーーっと華やかにいきたいものだ。

テーマ:年の差恋愛・年の差カップル - ジャンル:恋愛

  1. 2015/08/10(月) 17:13:46|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

老体にムチ打つの巻

ウォーキングだのスクワットだのストレッチだの、
色々な運動もどきをちょこちょこ試していたら、
なんだか体が疲れるようになった。歳かしら?

ここ2ヶ月くらい、健康のために極力階段を使うようにしているが、
運動をした翌日は疲れてゼーハーいってしまう。
運動したら体力がつくはずではなかったのか!?

ま、このまま何もしなければますます体力が衰えるのは、
自然の摂理から言って必至なので、
細々と続ける気で入るけどさ…。
足腰も大事だけど、心肺機能を鍛えないとなと、
長年の運動不足を痛感する私。

運動ひとつとってみても、ネットでは色々な説がある。
極端な説だと、中年以降は運動しない方がいいというものや、
ウォーキングくらいで十分だというものもある。
ただ、畑仕事をしているお年寄りって、
比較的元気な人が多いような気がするので、
ある程度長時間&長期間の運動は、
健康維持にはプラスに働いてるとは言えるだろう。

私のようなデスクワークでほとんど動かない人の場合、
やはり体を動かすという意味で運動は必要だと思うが、
いきなりランニングを始めても膝痛いし、
私のことだから続くはずもないので、
ゆるやかな活動、程度から始めようと思っている。
忙しく歩き回ってる仕事だと痩せるっていうが、
そのために転職とかはありえないしなあ。

まあ痩せたいなら運動とかいう前に、
まず食べる量減らすのが先だけど…。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2015/08/08(土) 15:38:54|
  2. 美容・アンチエイジング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岩盤浴

代謝の悪い身体をどうにかしようと、
この暑さの中、初めて岩盤浴へ行ってみた。
日中コンクリートの道を歩いているだけで、
汗が噴き出る季節だけに、結構空いていた!

案の定、猛暑の中にいるような暑さで、
最初はうんざりしたのだけれと、
なんとかおすすめの時間横たわっていたら、
かなりの汗をかいたし、
翌日もお腹が温かかったので、
多少代謝をよくする効果はあったようだ。

でも私は冷たい飲み物を飲むのが好きなので、
すぐまた内臓冷えちゃったみたいだけど。
夏でも熱いお茶とか飲んでる人いるけど、
偉いなと思っても、まねはできない。

代謝のいい人って暑がりというイメージがある。
でもデブも暑がりというか汗っかきというイメージもある。
私は太っているので寒がりではないけれど、
そんなに汗もかかず水太りしてる感じ。
で、脚がいつもむくんでいて、お酒飲んだりすると、
もう全身パンパンで、もう、なんていうかひどい。

全体的になんとかしたくてネットで検索し、
とりあえず半身浴とか岩盤浴とかのお風呂系と、
運動(これは逆にむくむことが多いけど)、
これくらいをやってみようと思っている。

効果が出るといいのだが…。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2015/08/07(金) 15:38:19|
  2. 美容・アンチエイジング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

美しさも努力の賜物よね

若い男と付き合っていると若返るだろうと、
そういう風によく言われるけれど、
確かに1分1秒でも老化を遅らせたい!という、
強いモチベーションは持つことができるものの、
結果として若返ってるかと言われると、
あまり自信がない。

じゃあ逆にずいぶん上の男性と付き合うと、
老けるのかというと、これもまた一概には言えなくて、
若くいなきゃいけない!というプレッシャーは、
若い男性相手より少なかったとしても、
相手が若さを望んでるのかもしれないし、
若い女性扱いされたり、安心感などから、
かえって若々しくなったりするかもしれないし。

ただ、相手がどういう人にしろ不特定多数にしろ、
男性に好かれたいみたいな下心があると、
多少のアンチエイジング効果はあるかもしれない。

でも本当にすごいのは、男性の目も関係なく、
自分のためにストイックに美を目指す人たちだ。
彼女たちは、夫がいくら「そのままで綺麗だよ」と言おうが、
自分の目指す美の追求の手を緩めたりしない。

ジャストサイズのスカートがちょっときつくなったと言っては、
夜ご飯をスープで済ませてみたり、
そもそも、体にいいことというのが大好きというか、
生まれつきキレイでいるために生まれてきたのかと、
ついつい思ってしまうような女性たち。
周りには1人しかいないが、確かに彼女は、
細くてきれいで、そこいらの中年女とは違う。

その気持ちはどこからくるのだろうか。
これでいいやって努力をあきらめるのも、
ある意味生活の知恵というか、大人の「丸さ」だけど、
努力できるということは素晴らしい。

ネットで検索していたら、
「努力できる人たち」は一体何がちがうのか。
という記事があった。なるほど、目から鱗!
これは仕事や勉強以外にも、家事にも美容にも使える。
勝手に引用してしまったが、一読をすすめます!

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2015/08/05(水) 14:48:45|
  2. 美容・アンチエイジング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たかが200されど200

基礎代謝がわかる体重計に乗ってみて、
インターネットで調べてわかったことだが、
私はどうやら平均より基礎代謝が悪いようだ。
その差約200キロカロリー。
200キロカロリーって侮れない。おにぎり1個分ではないか!

ってことは私はおにぎり1個分、
(或いはビールジョッキ1杯分…)
人より少なく摂取すればよいってことになるが、
私は人より多く摂取することはあっても、
少なくというのは、今までを振り返ってもなかった!
これは、太るわけだよな。

もちろんそう単純なものでもないのだろうが、
まあ要はカロリーの収支があってればいいと仮定すると、
私の場合は人より100キロカロリー少なく摂取し、
100キロカロリー分多く動けばいいわけだ。

そう考えると、自分が太るのはあたりまえだとしみじみ思う。
デスクワークで座ったきりだし、おやつは配られるし、
ちょっと歩いたりするとはあはあ言っちゃうし、
アルコールは好きだし、食べるの大好きだし…。
メタボは1日にしてならず、ってやつだね。

摂取カロリーのほうはもう仕方ないので、
ある程度減らすしかないのだが、
アルコールを完全に絶つのはどうしても嫌なので、
朝昼を控え目にするほかないな。

もちろん禁酒すればもっといいのだろうけど、
私の場合は今のところだが、
飲むのがストレス解消になっちゃってるような気がする。
理不尽な目にあっても、責任を負わされても、
夜のビールが待ってると思えば頑張れるというか。

ここのところを変えていくと、結果に繋がりそう。
ウォーキングしてストレス発散!みたいな、
素敵中年になれたらいいのに…。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2015/08/04(火) 14:20:05|
  2. 美容・アンチエイジング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

思い出はいっぱい詰めたい

私は欲張りなせいなのかなんなのか、
どうしても先のことを考えてしまって、
どうせあと1,2年で終わる関係なら、
今のうちに終わらせてしまってもいいなんて考えて、
別れる方向にちょっと気持ちが傾いたりもするのだが、
考えてみれば普通、恋愛は数年で終わるものなのだった。

だったら今、この関係を楽しめるうちに楽しもう、
彼がいい子を見つけて別れを切り出すまで、
おばあさんになってもう付き合えないと言われるまで、
私が疲れちゃって嫌になるまで、
せっかくだから楽しんでしまおうと、今はそう思っている。

でもやっぱり気になってしまうのは、その先の人生だ。
私は私なりに楽しみを見つけて生きていくだろうし、
別に男なんていなくたって死にはしないだろうし、
って思うんだけど、やっぱりその時が来たら寂しいんだろうか。

幸せすぎて怖い…とかは言わないけど、
今の状況が気に入っていると、それを失うのは怖いものだ。
でもなったらなったでどうにかなる。
私は先の不安のために今のこの関係を、
わざわざ自分から壊す気には、今はまだなれない。

45歳から来るとかいわれる老化の大波も、
今は正直恐れているけれど、来たら来たで、
別に普通に受けれいれるだろう、いままでそうだったように。

それより今楽しい思いをしていることに感謝して、
精一杯彼といい思い出を作りたい。
あとから思い返すことのできるように。

女は記憶の生き物だという。私もきっとそうだ。
あとあとになって、その記憶を時々引き出して、
切なくなったり、ほのぼのしたりするんだろうな。
その行為は旅行の最中にスーツケースに次々と、
記念のお土産を詰めているときに、ちょっと似ている。

テーマ:年の差恋愛・年の差カップル - ジャンル:恋愛

  1. 2015/08/03(月) 17:20:11|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

komako

Author:komako
40代後半独身女性。
15歳年下君とお付き合い中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

恋愛、セックス (193)
美容・アンチエイジング (79)
自分のこと (67)
婚活・出会い・結婚 (43)
中年以降 (238)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR