FC2ブログ

40代からの愛、性、自分

40代女性である自分の心情について考えるブログです

またこんど

ときめく気持ちって長続きしないというけれど、
それって例えば、住む家があるとかそういうことを、
当たり前だと思ってしまって、感謝の気持ちを忘れるとか、
そういうことに近いものなのかな、と思う。
一言で言うと、慣れの問題というか。

人間は適応能力に優れていて、幸せにも不幸にも、
結構すぐに慣れてしまうという話を聞いたことがある。
宝くじに高額当選しても、
嬉しい気持ちは1年しか続かないとか。(本当に!?)

もしそうだとしたら、幸せを感じるコツは、
今の状態が当たり前のものではない、と思いつつ、
それをかなえたとき、手に入れたときの嬉しさを、
いつまでも覚えているようにしさえすればいいのかもしれない。
それなら、割と簡単なような気がする。

簡単に思える理由の一つに、私の場合、いつまでたっても、
彼との年の差に慣れることができないということがあるかもしれない。
いまだに、彼と自分が不釣合いで、
何故私と付き合ってくれるのだろうと思っているので、
その思いが「当たり前」と思わせないのだろう。
これはラッキーといってよいのか?

当たり前のように毎週誘ってくれる。
待ち合わせの場所で、会える。
また会える奇跡が、楽しみだ。

スポンサーサイト



テーマ:年の差恋愛・年の差カップル - ジャンル:恋愛

  1. 2016/03/18(金) 14:46:29|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ホワイトデー!

バレンタインデーに、正直適当に買ったお菓子のお返しを、
ホワイトデーに貰った。
とてもおいしいお菓子だった。
そんな風に気を使ってくれて嬉しかったのだけど、
それ以上に言われるまでホワイトデーなんて気が付かなかった、
そんな自分にちょっとびっくりした。

普段あまりイベント好きでもなく、
2,3日前からホワイトデーのことを考えて…とかいう、
そういうタイプでは元々ないにしても、
まったくキレイに忘れていたとは…。これは歳のせいなのか?

数日前にも友達に、彼氏にどっか連れてってもらっただの、
旅行のお土産を貰っただの、高級ホテルに行っただの、
昔懐かしいバブルのようなのろけを聞かされて、
なんて羨ましいんでしょう!!なんて思っていたのに、
それは単なるポーズというか、一時の単なる感想だったのか。

わたしもやっと人と自分を比べてどうのこうの、
卑屈になったりすることがなくなったのかもしれないと、
ちょっと変に嬉しい気分にもなったりしたけれど、
色々なことに興味がなくなっていく…というのも、
ちょっと味気ないなあなんて思ったりもする。

まあでも結果的にサプライズになったプレゼントは、
思いのほか嬉しいものだった。
誕生日を覚えてくれてたり、
クリスマスにちょっといいレストランに行ったりも、
それはそれでとてもうれしいものだけれども、
全く期待していなかったときに何かもらえるのって、
すごく嬉しいもんだなあと思った。

エッチはするんだけど、もうすっかり友だち同士みたいで、
ときめき、みたいなのが薄れがちななか、
やっぱりそういう努力というか、
しかけみたいなのはたまに必要かもな、とか、
そんなことを思ってみた週末だった。

テーマ:年の差恋愛・年の差カップル - ジャンル:恋愛

  1. 2016/03/14(月) 16:22:05|
  2. 恋愛、セックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

また旅行に行くぞー!

最近、旅行は一人で行くようになった。

以前は両親と子供と一緒に行っていたけれど、
親も年老いて、子供も親との旅行をしぶるようになり、
一人でふらっと行ってみたら楽しかったので、
もう一人でもいいやということになり、
それ以来基本、一人で行くようになっている。

一人で旅行に行くことのメリットはたくさんあって、
一番は自分の都合だけ考えていればすむということ!
自分の行きたいところに、行きたい日に行ける。

あと私はひどい方向音痴なのだが、旅行へ行くときは、
なぜか自分がガイド役?みたいになることも多く、
下調べを相当入念にやる必要があったが、
一人なら迷ったって、誰に迷惑をかけるわけでもない。

ゆるいプランだけ立てて、見たいものはじっくり見て、
食べたいものを見つけたら食べて、疲れたら休憩する。
もちろん話し相手がいないのは寂しいけれど、
気ままな旅というのは、抜群に自由な気分を味わえる。

そんなとき、やっぱり自分は、
旦那さんに寄り添って生きるのではなく、
自分勝手に生きるのが向いてる人間なのかなと、
そんなことを思ったりする。

これは私の偏見だろうが、素敵な旦那さんがいて、
家族に愛されて生きている奥さん、みたいな女性は、
一人で旅行なんてかわいそうとか思ってる気がするんだよな。

私がシングルマザーになった時、
私だったら絶対にやっていけないと、よく言われた。
それがどういう意味なのかよくわからなくて、
当時はエールとして受け止めたけど、
(あなたならできるよ!ということかな、と)
多分、本当に無理だと思ってるたのかもしれないと、
今ではそう思っている。

片親にしろ一人旅にしろ、私の言い分としては、
自分から望んでそうなったわけじゃない。
ただ、そうなったから、その立場を楽しんでるだけ。
でも実際自分がそうなってみて、
そんなに向いてなくもないななんて思ったりもする。

それは、惨めになりたくなくて、
無理矢理楽しい部分を見つけているだけなのだろうか。
なんとかして自分の人生を肯定したい気持ちから、
そうやって自分を納得させているのだろうか。

でもそうだとしても、それでいい。
人生は楽しまないとね。

テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

  1. 2016/03/03(木) 09:54:49|
  2. 中年以降
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

komako

Author:komako
40代後半独身女性。
15歳年下君とお付き合い中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

恋愛、セックス (193)
美容・アンチエイジング (79)
自分のこと (67)
婚活・出会い・結婚 (43)
中年以降 (238)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR